FC2ブログ

記事一覧

★ギリシャ:難民支援は1つの島で114NGOと7,356人が働く大事業/住民は恐怖で引き籠り

au 着フル参考まで

ここ数年の不法移民が欧州に入り込むルートは主に3つあります。

トルコからギリシャ

・リビアからイタリア

・モロッコからスペイン

 

Frontex(欧州対外国境管理協力機関) は、移民マフィアが関与する割合を、上記上から、

92%、90%、75%と見ています。

 

四角02

 

https://voiceofeurope.com/2018/05/big-business-114-ngos-and-7356-volunteers-involved-in-supporting-refugees-on-just-one-greek-island/

 

2016年から今日まで、ギリシャ・レスボス島114NGO団体と 7,356人のボランティアが難民のために活動してきました。彼らはギリシャ当局のコントロールにあります。

 

これはギリシャ国会で海運大臣と移民政策大臣に議員のCharalampos Athanassiou氏から質問が出て明らかになったものです。

 

両大臣の回答は、NGOなどの数を把握するシステムがあっても、彼らの行動を監督するシステムがないということを示しました。

 

両大臣は相手に責任転嫁しようとしていましたが、NGOがコントロール不能だということだけははっきりしました。

 

質問した議員が1ヶ月ほど前に受け取った、現在稼働中のすべてのNGO ( Moria KFT :18のNGO団体とそれぞれ傘下のボランティア)からの回答では、問題は主に他の場所にあるということでした。

 

「両大臣がともに責任者でしたが、本日海運省から回答をもらいました。海運省は、都市の内外で活動するNGOの監督責任を移民政策相省に移譲したということです。」

Athanassiou氏はこう話しました。

 

最終的にはだれが責任を取るのでしょう?

114のNGO団体と7,356人が好き勝手に活動したことが、レスボス島や他の島々で大きな問題を引き起こしているのです。

波線END

 

四角02

 

https://voiceofeurope.com/2018/05/greek-mayor-women-are-afraid-to-go-out-alone-we-keep-our-children-inside-our-homes/

 

このレスボス島の中心都市ミティリニ(Mytilene)の市長Spyros Galinis氏が、地元紙メディアIefimeridaにこう言っています。

女性は単独での外出を怖がり、私たちは子供を家に閉じ込めています。

市長によれば、レスボスは現在進行中の移民による危険な状況に疲れ果てているそうです。

 

レスボスの人々は、かつてはシリアから来た難民に自分たちの家を開放した連帯の人々の代表としてメディアに紹介されていました。

 

しかし、今状況は完全に変わりました

かつて連帯と寛容の人であったレスボスの人々は、ヨーロッパに再び押しつけられた制御不能の大量移民という冷酷な事実に直面しています。

 

市民たちはギリシャとEUに見捨てられたと感じています。

この島に住む3分の1だけがギリシャの国籍を持っています。

市長はこのように話しました。

 

以前に国境なき医師団は、レスボスはついに「爆発点に到達した」、医療やその他のサービスが難民に提供され、一方この状況が人々を暴力による解決へと導いている、このように警告していました。(毎週500人の難民が新たに到着するそうです)

 

そのうえ、地元商工会議所所長のEvangelos Myrsinias氏は記者に対してこう述べました。

この島の貿易、投資は止まりました。この島にいる私たちは無視され捨てられたと感じています。

私たちの生活コストを劇的に高くさせる増税の決定でまた悪化することに失望しています。

 

5月2~3日にかけて、レスボス島を訪問したギリシャのチプラス首相に、難民政策と7月1日からのTAT(付加価値税≒消費税)引き揚げに対して、島民らが抗議活動を行いました。

首相滞在の5月3日にも1日でヨットに乗った53人の難民が救助されました。

 

首相に難民キャンプへの抗議デモを行う住民2018.05.03)

 

波線END

 

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター