FC2ブログ

記事一覧

カナダ:イスラムを受けいれなければ観光業や自然を破壊するという脅迫→ビーチに危険物散乱を発見!


カナダのインド料理店が爆破されました。逃走中の犯人(写真下)はまだ捕まっていませんが、なんとなくアレかな?と思います。ヒンドゥーをよく攻撃対象にする人たちがいますから。それにラマダン中だし・・・。

 

ロヒンギャによるヒンドゥー教徒大虐殺が国際的に認知されたあと、ロヒンギャの受け入れを表明する、能天気トルドー首相のいるカナダはこの爆破事件までは平穏だったのでしょうか?

そんなことはありません。大事件ではなくても社会を蝕むことが静かに起きています。

 

例えば今回紹介する記事、結構恐ろしいものがあります。こういう者たちは社会の異分子で排除しなくてはいけないと思います。

 

四角02

 

これなんだかわかりますか?

 

トロントの北部にある湖の湖岸から見つかったものです。

割れたビン、釘、縫い針などがばら撒かれていて、割れたビンのギザギザが故意に上向きになるように埋められている物もありました。

 

現場は封鎖され、オンタリオ警察は捜査にあたっていますが、犯人はまだわかりません。

 

しかし、数週間前に地元新聞社に手紙が来ていました

差し出し人は「革命イスラム軍」で、内容は、トロント北部のビーチで妨害行為を行うというものでした。そして他の場所でも行うという警告もありました。

 

その手紙には動機が2つ説明されていました。

  1. カナダがイスラムの主義・思想を受けいれないこと
  2. カナダが「大悪魔」アメリカに追従し続けていること

「異教徒ども、あなた方は女性が裸でビーチを歩くことを許している。恥ずべきことだ。

あなた方の女性は売春婦だ。」

 

このように書かれており、さらに手紙には、我々は9.11のようなことはできないが、観光業を破壊する、人々を攻撃する、列車を脱線させる、飲料水に毒を入れる、森林を燃やすことはできるとの脅迫が書かれていました。

 

そして手紙には、カナダ人はイスラム教へ改宗すること、ムハンマドの教えに従うようにとの勧告がありました。

やじるし

https://gellerreport.com/2018/05/canada-glass-nails.html/

https://www.jihadwatch.org/2018/05/canada-muslims-threaten-to-destroy-your-beaches-we-do-this-because-you-reject-islam

 

 

これも一種のジハド(ジハード)です。というかもうテロですよね。

でもこれは結構効き目があるんです。

イスラムが怖い→イスラムフォビアは許さない→問題の本質が無視される→ジハドの繰り返し

 

意図するしないにかかわらず、過激派と穏健派の両輪でイスラムの勢力拡大を進めます。ガクブル

 

湖や森は動植物の貴重な生息地でもあります。

今回、人間にたまたま被害が無かったからいいというものではありません。

こういうことをする人間を許してはいけないと思います。はこ怒る

 

地球の癌細胞、社会の敵が、イスラムやムハンマドの名を騙ってこのような卑劣な行為をすることは自称「平和の宗教」の信者にとって冒涜ではないんですか?

こんな風矢印に怒らないのかな~?困

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター