記事一覧

欧州のへの移民は止まらない。祖国を捨てる道を選ばせた者がコスト負担をしない!

言いたいことがありすぎてなにから書いていいのやら・・・

まずは日本ですが、日本は朝鮮人という日本を嫌いながら泥棒国家に籍を置く敵性民族を厚遇で住まわせてやり、卑劣な嫌がらせを受けているのに気がつかず能天気状態です。
そのうえ中国、韓国やブラジルからの犯罪者+犯罪者予備軍の入国・滞在規制を緩和させ、それでもまだ足りないとばかりに今度は中国人の「高度人材」とやらを呼び込む努力をしているようです。

誰が画策しているのか?多方面、多人数のすごい力を感じます。
うまくいっている社会にどうして「邪魔者」を入れる努力をしているのか?
何か秘密の取り決めでもあるのか?
誰と取り決めたのか。欧米か?中国か? 本当によくわかりません。

ただ、何をしようとしているのか公表されていることを次回書いてみようと思います。

そして、欧州の移民関連記事を2つ。

Hundreds of migrants storm into Spain 
Last updated: 28 May 2014 16:31 アルジャジーラ

28 May 2014 Last updated at 09:21 BBC 


まずの記事、以前私が書いたメリリャについてのブログ記事と同様のことが起きています。外来種が在来種を脅かす「人類編」☆止められない人の流入、EUの理念は不法入国者に有利。

モロッコに囲まれたスペイン領の飛び地、メリリャで、1500人が5カ所の違う地点から国境フェンスを越えようとした事件です。
双方の治安当局などから止められて、結局は500人が不法入国に成功したようです。
そして同じく水曜日、海からの不法入国を試みた人が2人亡くなり8人が救助されたということです。

スペインの飛び地、メリリャとセウタは常に不法入国の標的になっていて、アフリカ各地から来た人が、チャンスを狙ってモロッコ側に不法滞在していて、時々このように実行します。

の記事、これは最初の記事と構造は似ていますが、いったんEU内に入り込んだ移民がどうしているかが垣間見えます。
アジア、中東やアフリカから不法入国される国はほかにもギリシャやイタリアなどがあります。
でも経済的なことなど移民が目指す環境ではないので、もう少し豊かな国をめざしEU内の行動の自由をいいことに流れていきます。移民は何日以内にこの国から出て行けという第一受け入れ国もあります。
(不法移民も入ってしまえば、移民扱いなんでしょうか?送還しないから大変なことになるのですが。)

もう少し豊かな国へ行くための町、それがイギリスと航路があるフランスの港町カレーです。
なぜそう思うのか、キャメロン首相が職がない移民に厳しい措置を取り出しましたが、まだ魅力があるようで、カレーでチャンスを待つ彼らは、フランスより英国の方が移民を歓迎してくれると思い込んでいます。

2002年にカレー近くにあった赤十字のメインのキャンプをフランス政府が閉鎖しました。
そのあとから不法に寝泊まりする移民が増えて問題になっています。

今回は港から数百メートル離れた800人がいるキャンプを撤去するというニュースです。
当局は疥癬が流行しているからという理由を話しています。衛生状態が劣悪ですし、こんな状態の人達を受け入れる英国もたまったものではないと思いますよ。

一時的に蹴散らしてもまた戻ってきます。
どうしてもドーバー海峡を渡りたいからです。

アメリカもそうですし、日本もそうですが、違法でも入ってしまえば何とかなる、何しろ「人道主義」がついている、こういう入国管理が不法入国を増やしていると思うのですが。

「日系ブラジル人の女」と報道されているブラジル人は日本での滞在資格がなく不法滞在ではないかと言われています。
上記でお示しした過去の私のブログ記事内でも法務省局長が「不法滞在を知っても入管に通報しない」と国会で答弁しています。

違法でも隠し通せればそのうち「人道主義」が出てきて助けてくれる、違法でも入国してしまえばこっちのもの、こんな西側の歪んだ社会が、まっとうな人を住みにくくしていると思います。
命がけの移民も可哀想でしょう。でもだからといって受け入れられるものではありません。
今の移民は人道主義に重荷を背負わせるのではなく、紛争を起こして世界を1つにしようとしている人達に責任を取らせるべきものだと思います。彼らは全くコストの負担をしていません。

今、移民問題から目をそらす目的で、公明党が自民党と集団的自衛権の茶番劇を演じていますが、安倍総理にはこう言いたいです。

外国で危機に陥った邦人救出や他国との連携のために集団的自衛権は必要とのこと、結構なことで賛成ですが、それと同時に、日本国内で日本人が外国人に危害を加えられたり、日本国内で他国(北朝鮮)に誘拐されるということをなくしてほしいと思います。

ブラジル人もあっさり中国に渡したようですが、自国で裁けない外国人を野放しにして日本人に危害を加えさせる環境整備をしたのは「多文化共生をゴリ押しする日本政府の外国人厚遇政策」のせいです。  

話しが逸れました。一応アフリカ中東からの移民ルート地図を貼り付けておきます。
世界史に出てくる「○○民族の大移動」みたいですね。

アフリカ中東からの移民ルート




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはバックアップ用でコメントは受け付けていません。
アメブロ版(お気に入りから行けます)へお願いします。
操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク