FC2ブログ

記事一覧

フランス:パリのテロ、ISが関係していた特異なテロではなく、日常的なジハドのうちの1つ!


パリで通行人襲われ1人死亡4人けが IS系が犯行声明(朝日)

日本人の被害者がいないとか場所はどこかだけを知らされたのでは、今後に生かせません

私が度々フランスの移民による治安悪化を伝える英語メディアを紹介例:文末1,2)するように、大手メディアが取り上げること以外にも日常的にジハドが起きていて、大きな事件が簡単に起きる社会に変化してしまっているのです。

参照:ISISより何倍も怖ーい!!「誰でもジハド」記事をクリップする (ナンミンウォッチさま)ネコの肉球

 

ジハドは殺傷を伴うテロだけではありません。

ジハド=アッラーの命令を完遂できないような環境がつくられないための「奮闘努力」

簡単に言うと、自分も他人もみんなイスラム化を目指すことで、どこでもハラルどこでもアザーンどこでもヒジャブ、こういう要求はみんなジハドです。テロは一番過激なものです。

 

今回も「アラー・アクバル(神は最も偉大なり」と叫んでの犯行ですが、精神疾患扱いされないのはISが犯行声明を出したからだろうと思いました。そうでないと動機不明の精神疾患で片付けられてしまいます。はこ怒る

 

「イスラムテロはISやアルカイダなどの過激派しか行わない」

これでないと移民難民奨励のグローバリストには都合が悪いのでしょう。でも嘘です。ムキー 

 

四角02

 

フランスでは2012年以来、イスラムテロ262人が死亡899人が重傷を負った≫

May 13, 2018 THE NEW OBSERVER

 

今回パリで起きたテロ事件の犯人、ハムザト・アジモフ左下矢印

AFP news agency released an undated photo of Khamzat Asimov(BBC)

 

(事件の内容はご存知でしょうから飛ばし、この記事内から一部を抜粋して紹介します。)

アジモフチェチェン共和国から合法的にフランスに移住してきており、2010年に帰化してフランス国籍を持っています。

 

フランスは昨年だけで10万人の難民申請者を受けいれました。

現在すでにチェチェン共和国からは3万人の合法移民が住んでいます。

 

先月フランスの国民議会は強制送還をしやすくすることを目的とした、難民法を厳格化する法案を可決しました。

難民申請期間を入国から120日間となっているものを90日間へ、申請却下に不服の場合の申立期間は2週間へと変更されます。

難民申請が却下されて強制退去待機中の拘束を現行の45日間から90日間にします。

この法案は当初135日間となっていたのですが、左右両派(国民戦線まで)が反対して90日間になりました。?*

 

下院で可決したこの法案は来月上院に送られて審議されます。

 

2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件の犯人Tamerlan and Dzhokhar Tsarnaev(タメルラン・ツァルナエフとジョハル・ツァルナエフの兄弟)もチェチェン共和国からアメリカに難民として移住した者でした。

 

四角02

 

26歳の兄のタメルランは、技師を目指しマサチューセッツ州で評価の高い2年制のコミュニティー・カレッジで工学専攻、ボクシングでオリンピック出場を目指しており、2009年と2010年にニューイングランド・ゴールデングローブ・トーナメントに優勝、

19歳の弟ジョハルは、マサチューセッツ・ダートマス大学で口腔学専攻、

両親はダゲスタン共和国におり、叔父が少なくとも2人アメリカに住んでいました。(Wikipedia

 

2人とも不法移民でもなく、不良難民として街をぶらつく者でもなく、一見真っ当に見えていたはずです。

 

チェチェン共和国とダゲスタン共和国はどちらもロシア連邦に属し、イスラム国家です。

ISの戦闘地にジハドのために出かける者も多く、IS敗走後に子供が孤児になった記事を以前紹介したことがあります。

 

マクロン大統領は今月初めアメリカでこう言っています。(こちらの記事で紹介済み)

「暴力、犯罪、テロが蔓延ることは犯人の責任ではなく、国家、受け入れる側の責任」

「移民を統合する私たちの努力不足のために、頻繁にこのような問題が発生」

 

フランス政府がこの考えで行動するならば、治安は悪化しテロは続くでしょう。rabbit*ハァ*

 

 

~フランスの治安悪化を伝える記事(多いので最近のものから2つだけ)~

  1. フランス:フランスにありながらフランスではないイスラム原理主義の蔓延る町 Trappes
  2. フランス:内務大臣「過激主義者には、過激主義を隠してテロを手伝う”友達”、ネットワークがある」

 追記
記事を投稿した後に知ったので、ついでに書いておきます。
 
4月15日マクロン大統領はフランスのTVインタビューでこんなことを言ったそうです。
「イスラム女性のベールはフランス国民の価値観とは正反対だ。」
 
当然怒り出す人たちがいたので、Marianne le Mag magazineが4月24,25日に世論調査をしました。
するとマクロン大統領の意見に賛成の人が79%となりました。
 
マクロン大統領は、フランスに同化する移民を歓迎している、ということのようですね。
日本がどうしても移民を入れたいなら、せめて多文化主義を捨てること、これが治安悪化や分断を招かない方法だということではないでしょうか?
私たちは失敗している欧州から賢く学ばなくてはいけません。
国の中で行う多文化主義や多様性重視は失敗するのです。ムキー
 
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター