記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国に弱みを握られている人が日本政府を動かしている?年金機構がデータ入力を中国企業に随意契約!?

3月20日に報道されたニュースを覚えていると思います。

年金データ 中国委託「認識甘く」 マイナンバー連携延期

(毎日新聞2018年3月20日)

 

日本年金機構は20日、年金データの入力を委託した東京都内の情報処理会社が、契約に反して中国の業者に作業をさせていたと発表した。他にも、入力ルールを守らないなどの契約違反も判明した。これを受け、政府は、今月26日に予定していた年金情報とマイナンバーの連携の延期を決めた。連携によって支給手続きが簡略化されるはずだった。

再委託した中国の業者から個人情報の流出はなかった。年金機構は同社の入札参加資格を3年間停止するなどの処分とした。

 

個人情報の流出はなかった そんなことどうやってわかるんですか?はこ怒る

この事件は契約違反というだけでなく、領土拡大野心を持ち、サイバー攻撃、歴史問題での暗躍、軍事的威嚇など様々な反日行為を行う中国の企業に、国民の納めた年金保険料の個人データ管理業務を任せていいのか?ということも問題だったわけです。

むしろ、そちらの方が一般人には問題でした。

ところが・・・

 

年金機構、データ入力を別の中国系企業に委託 「時間ない」入札せず

 
日本年金機構から年金受給者のデータ入力業務を委託された情報処理会社が、中国の業者に契約に反し再委託をしていた問題で、機構が情報会社と契約を打ち切った後、別の中国系企業に同業務を委託していたことが5日、分かった。機構は「他に業者がなく、時間が限られていたため随意契約したが、情報管理は問題ない」と説明している。
~中略~
会社登記簿などによると、中国系企業の本社は東京都内にあるが、社長以下役員全員が中国人。中国の上海、海南島、成都などに拠点があり、日本と中国にデータ入力のための業務センターがある。

 

日本にデータ入力業務を行う会社が無いわけではないのに、中国企業と随意契約。

条件を良くすれば日本企業であったはずです。日本企業にさせたくなかったのです。

「中国企業ありき」、これ似てますよね?

京都産業大学が条件から外れるように画策して「加計ありき」にしたあの事件と。

そうなのです。どうしてもこの業務を中国に発注したい勢力がいるのだろうと思います。

同一人物ではなく、加計で庇ってやったんだからこっちは大目にみて「私に」任せてくれというような人が「実力者」の中にいるんでしょう。

加計森友問題に甘く安倍首相を断固支える政治家なんかが思い浮かびます。

過去にも、グリーンピア南紀と中国企業の契約をめぐる闇は週刊誌が報じたものの闇に葬られました

とにかく昔から中国利権どっぷりの反日議員ですが、現在安倍首相と一蓮托生みたいになっています。

 

もし外国に弱みを握られている人間が政治家でいるなら、投票してはいけないのです。

利権で動く人もダメですが、弱みを握られるともっと弊害があります。

 

野党がダメ過ぎると与党が一党独裁となり、政権側の仲間みんなが「○○ありき」を行い、それをお互いで庇い合い、あっという間に腐敗した政治、それに伴い腐敗した社会になっていきます。

腐敗した社会とは法が平等に行使されない社会、機会が公平に与えられない社会です。

簡単に言うと国家の私物化です。

 

中国人の違法行為、偽造免許でレンタカーも放置しているようですが、堂々と白タク。

“違法タクシー”が横行! その実態とは...(FNN PRIME 2018年5月3日)

 

ゴールデンウイークも、中国からの観光客で大にぎわい。

一方、タクシー乗り場では「あんまり気分のいいものじゃないですね。違法行為ですからね」、「白タクの人間というのは、ここではなく向こう側
(一般ロータリー)でやりますから。のさばっている感じですよね」などと、怒る(日本人の合法)タクシードライバー。
その矛先は違法タクシー、いわゆる「白タク」に対して向けられていた。

中国人観光客は「(タクシー使いますか?)はい。普通のタクシーではないけど、使いますよ」「白タク使いますよ! 普通のタクシーより全然安いのよ! (普通のタクシーの)7割くらいで乗れるのよ」などと話した。

さらに、こうした白タクの予約や支払いは、スマホやタブレットの中国のアプリで簡単にできてしまう

~中略~

2018年に入り、白タク行為を行っていた中国籍の男が相次いで逮捕されているが、支払いがアプリで行われるため、直接的な金銭の受け渡しがなく、証拠を押さえるのが難しい状況となっている。

 

中国では合法であるため、客側は違法行為を行っているとの意識は薄いという。

 

この件はすべて日本政府に責任があります。

「法の支配」を世界中で自慢する安倍首相が観光客の数値目標を出していますが、目標達成を目指すあまり、中国人にだけ「法の支配」を緩めて優遇しているのです。

彼らに違法だとわからせる手段を講じ、徹底して取り締まるべきであり、一般車のロータリーで白タク行為を堂々とさせているなど、植民地支配下にある現地人並みに日本人が成り下がっている証拠です。

 

日本人へのガス抜き程度に少数を検挙して私たちをごまかしていますが、これも腐敗した政権ならではの特徴です。法の行使の手綱を政権が握って調整しています。

 

旅行代理店を使ったり航空機、船で来る観光客に白タク行為が違法であることを周知させたりして、乗車した人間も罪に問うように法改正したらいいのです。外国人受け入れや永住権付与の重大な案件はさっさと勝手に緩和する癖に、こういうことは全くしません。

したくないからです。

 

外国人への土地規制が出来ないのもしたくないからです。

WTOに抵触するとか、最初に除外しなかったからできないとか、とにかくやりたくないのでそういう理由ばかりを言いますが、やる気があればなんとしてでも規制できます。

 

民泊も中国人辺りから希望があったんだろうと思います。誰が儲けているか見ればわかります。

 

この年金機構の中国企業への開き直ったような随意契約は、もっと国民が怒っていいはずなのです。機構のトップ民間出身の人ですが、こんな問題になりそうなことを政府に諮らず独断でするとは考えにくく、力のある政治家案件だろうと考えるくらい、国民が賢くならないといけません

このような国民を愚弄する政府は、私たちが自分で選んだ代表であり自分の姿です。

 

何をしても国民が怒らないから、政府はどんどん私たちを軽んじて好き勝手するのです。ムキー

モリカケ問題を放置することは「割れ窓理論」にも似ていて、様々な分野で政府が国民を裏切ることに、政府も国民も鈍感になっていき、やがて社会が腐っていくのです。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。