記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア:ユーベ本拠地CL決勝観戦中に“爆発物騒ぎ”人々が将棋倒しでファン死亡。→移民8人逮捕!

昨年6月に起きたこれは事故ではなくて事件だったのです。はこ怒る

逮捕され原因も判明してファンに知らせるべきことなのに、日本語の記事は見当たりません。

 

事故当時の記事はこちら矢印

ユーベ本拠地の“爆発物騒ぎ”でファン死亡。CL決勝観戦中に悲劇…人々が将棋倒し
2017年06月16日(Fri)11時40分配信

 ユベントスの本拠地トリノの市内中心部でチャンピオンズリーグ(CL)決勝のパブリックビューが行われたが、この試合中に“爆発物騒ぎ”が発生し1500人以上が負傷。そして15日、死亡したファンがいたことをユベントスがクラブの公式サイトを通じて発表した。

 現地時間3日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝が行われユベントスはレアル・マドリーと対戦。トリノのサン・カルロ広場には巨大スクリーンが設置され、約3000人のファンが声援を送った。だが試合はマドリーが4-1の勝利を収め、ユベントスファンにとっては残念な結末に終わっている。

 このパブリックビューイング会場では、マドリーが3-1のリードを奪った後半途中に爆竹が爆発。この音を聞いた大勢のファンが一斉に広場から逃げ始め、騒ぎに巻き込まれた1500人以上の人々が負傷している。そして、この騒ぎで死亡したファンがいたことが木曜日に明らかになった。ユベントスはクラブの公式サイトを通じて哀悼の意を捧げている。

https://www.footballchannel.jp/2017/06/16/post217195/

 

この事件の真相は次の通りです。矢印

 

イタリア:1人死亡1500人負傷の将棋倒しを引き起こした北アフリカ人を逮捕

Italy: North Africans arrested for causing deadly stampede that killed one and injured 1,500 By VOICE OF EUROPE  15 April 2018

 

 

イタリア警察はトリノのサン・カルロ広場で1人死亡1500人負傷の将棋倒しを起したとして北アフリカ人のグループを逮捕しました。

 

彼らは、決勝戦を見に来ていた人々から泥棒しやすくするためにパニックを起こすことを目的として唐辛子スプレーを使用しました。

 

逮捕された8人は18歳から20歳で、全員北アフリカ(ほとんどがモロッコ)の背景を持っています。

5人(4人かも)がイタリア国籍を持っていて、他がモロッコ国籍とエジプト国籍のようです。

 

彼らは他の欧州(フランス、オランダ、ドイツ、ベルギー)のイベントでも同様の犯罪で知られていました。

 

携帯電話から逮捕に至りましたが、家宅捜索の結果、ユベントスファンの時計、貴金属など多数が見つかりました。

将棋倒しが原因で心臓マヒを起こし2週間後に亡くなった1人のほか、身体障碍者になった人もいます。

波線END

 

窃盗をしやすくするためにパニックを引き起こそう。

彼らはモロッコで同じことをするでしょうか?

1しない場合・・・

知り合いや親族がいて、その顔を思い浮かべればなかなかできないことでしょう。

2する場合・・・

結果を想像する頭が弱くてやってしまう。

そういう者たちが多い国は強権(公開処刑とか)またはリンチで治安維持をします。

 

1にしても2にしても・・・

たぶん、この8人には悪気がないと思います。左矢印ここが一番怖いところ!

 

共同体という意識が無ければ、他人は単に邪魔か搾取の対象でしかないのです。

 

多文化社会は国の中に地球の縮小版を作ることです。

 

安倍政権が厳格な入国審査をわざと放棄して、ビザの大幅緩和で今まで日本に入れなかった種類の外国人を大量に入れ、だからそういう者たちが虚偽の難民申請をして税金の浪費を招き、貧困国の単純労働者を大量に招き入れるので大量に失踪、そして失踪してもそのまま、そのうえ日本を大安売りしてお金のない観光客を民泊などの“アジト”に呼び込み、私たちの生活が害され脅かされるなら、私たちには自衛しかありません。

 

国民を守るために税金を徴収する日本政府が国民を攻撃しているのです。

不良外国人に悪気はなく、攻撃の“武器”として黙認されているのです。

 

そういう状況に追い込まれた私たちにできることは、こういう犯罪を起こしそうな者(見た目で判断するしかないので日本の場合移民ですね)を避けることしか選択肢がありません。

 

全員がそうでないのに全員を避けるのは差別だという人がいますが、そういう人はサメが時々出る海で泳ぎ、ハブがよく出ると言われる場所でピクニックをして、感染症にかかった人たちと同室で暮らすこともできるでしょう。確率で避けることが間違いなら出来るはずです。

 

人間を含む動物は、経験から学び危険を避けるという努力を止めたら死ぬのです。

 

サッカー場などのイベント会場ではくれぐれも周囲に気をつけてください。sei

 

 

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。