記事一覧

ドイツ:99%が移民の小学校が暴力多発で警備員導入へ/犯罪歴多数の偽装難民が難民資格をゲット!

「言行不一致」、簡単に言うと「嘘つき」ですが、移民政策を取らないと言いながら移民で溢れかえる日本に変えた安倍首相と同じように、ドイツのメルケル首相も「国内治安を保障することは国家の義務」と口では言いながら、真逆のことをしています。

 

四角02

 

「“No-go areas”(NO GO ZONEのこと)がドイツ国内に存在する」

「たくさんの難民が入ってきて、多数の問題を引き起こしてしまった」

メルケル首相はRTLとのインタビューでこう答えました。

 

「常に私が注意していることは、国内治安を保障することは国家の義務だということです。

国家が力を独占します。(だから)国家は、人々がいつでも安心して公共空間で過ごせる権利を保障しなくてはいけません。」

 

さらに彼女は、「「“No-go areas”(立ち入らない場所)」があることを認め、その場所を名指しして何らかの対処を取らなくてはいけません。」と言っているのです。

 

数週間前に政府支援の研究調査結果が公表されていて、14歳から30歳の男性移民による暴力犯罪が激増していることがわかっています。

上 ↑こっち クリック

‘You have to call it by name’: Merkel publicly admits ‘no-go areas’ in Germany

27 Feb, 2018 RT

 

しかし、メルケル首相は、反省しているわけでもなく、まるで国内に溢れる移民難民を雷か地震のように、人災ではなく天災のように避けられないものだと考えているようです。

1移民の教育現場も崩壊して暴力が支配するようになり、2犯罪移民を追い出さず受け入れるからますます国民が被害に遭うようになり、「国内治安を保障することは国家の義務」という自らの言葉とは違う、狂信的な思想からくる愚行を重ねて国を壊してしまいました。

指導者失格だと思いますが、まあ、それはドイツ人が決めることです。

 

四角02

 

1

ベルリンのSpreewald小学校は、昨年30件以上の暴力事件が起きたことで、警備員を雇うことに決めました。

Berlin: Problems with Violence – Primary school hires security

 

この小学校は99%が移民、先生や生徒が攻撃されることが頻繁にあります。

学校の秩序を保つために、朝の7時半から夕方4時まで警備員が必要になったのです。

暴力事件は教師、生徒だけでなく親まで関係しています。

 

学校側では上がる一方の警備費用が問題となっていて、今は週に1719€かかっています。

警備員を雇うことで上手くいったら、校長は行政に費用負担を求めたいとしています。

 

ベルリン市内の学校ではもう10年以上も前から警備員が巡回することは特別なことではなくなっています。

しかし、6歳から12歳の子供が通う小学校で警備員を置かなくてはいけないというのは普通ではありません。

このSpreewald小学校は、教育とは縁遠い家族が多く住む難しい地区にあります。

上 ↑こっち クリック

German primary school with 99% migrants now needs security guards against explosion of violence  By VOICE OF EUROPE  1 March 2018

 

四角02

 

2

37歳のパレスチナ人男性写真中央)が、2014年にドイツに入ってきて、犯罪歴多数にもかかわらず2017年4月に難民資格を得ましたが、彼のドイツでの暮らしぶりを時系列で追ってみます。

 

 

Chalid M.(すでにこの男を保護する目的で名前が変更されています)は、パスポートを所持せずに2014年にシリア人だと主張してドイツに入国しました。その年の3月に難民申請をしました。

 

9月、電気店でヘッドフォンやMPプレイヤーを盗もうとして捕まりました。

そのすぐ後で、携帯電話を奪おうとして16歳の少女を襲いました

12月、彼は自転車に乗っている女性に掴み掛りました。あとで彼は「セックスしそこなった。」と言いました。

 

様々な容疑に対して、彼はみんなアルコール依存症のせいだと言い訳しましたが、

2015年5月18ヶ月の禁固刑を言い渡されました。

 

1年後、ドイツ連邦難民移民局(BAMF)が、Chalid M.と面談し、彼が住んでいたと主張するシリアのことを質問しましたが、彼のシリアについての疎い知識から、シリア人かどうかに疑問が投げかけられました。

 

2016年6月22日、彼の難民申請は却下されました。

しかし、シリアの内戦が終わるまでは、家族の呼び寄せ禁止ながら、生活保護付きでのドイツ滞在が認められました。(“subsidiary protection” 補完的保護の地位が認められたということです。)

 

しかし、この決定にパレスチナ人Chalid M.は不服で裁判に訴え勝訴、

2017年4月、難民資格が与えられました家族の呼び寄せも可能となりました。

控訴審で難民資格を与えた裁判官には、過去の有罪判決や逮捕歴は伝えられていなかったということです。

 

2017年6月10歳の少女をレイプしようとして逮捕されました。

そして、最近有罪判決が出て、5年9ヶ月の禁固刑が言い渡されました。

上 ↑こっち クリック

Migrant Convicted of Sexually Abusing 10-Year-Old Received Asylum Status Despite Known Criminal History 24 Feb 2018 BREITBART

 

四角02

 

力を独占する国家がこれで、一般国民を守れますか?

メルケルの言行不一致が嘘つきのせいでないなら、もっと深刻です。

移民の暴力多文化共生主義ポリティカル・コレクトネス国家が敗れたということです。

 

誰が悪いって?

難民や移民は、受入国の文化に影響されることなく、強要もされず、むしろ保護されて

自分たちの持ち込んだ“豊かな”文化のもと、のびのびと暮らしているだけですから、

受け入れた国が悪いんです!はこ怒る

 

不法者には理想郷

侵略には好都合

武力なき国家解体には必要不可欠

それが・・・多文化主義です。sei

 

多文化主義が何をもたらすか、わかりやすく書かれているブログ記事も紹介しておきます。

ネコの肉球移民推進政策こそが日本と世界の「分断」を招く(八重桜の会さま)パチパチ

 

多文化主義を実現させるための具体的行動として、移民が必要で「善」とされます。

最近、国連の移住計画についてハンガリーのオルバン首相が正確な指摘をしました。パチパチ

もし移住すること(移民)が人権になるのなら、地球を破壊し、原始人類へ導く正しいレシピになるだろう

もし国家主権を取り除くならば、努力して築き上げてきた古代の文化的権利、機会、生活水準が危機にさらされるだろう。

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター