記事一覧

ドイツ:中東・アフリカ難民対象に、ドイツ人女性をナンパ+彼女たちとの性行為の手引き講習会を開く⁈

3~13歳の子供向け放送局が「ブラの脱がせ方」をupするドイツからです。

 

ドイツはいつも移民難民の統合(integration)が大切だと言っています。

しかし、ドイツの場合、統合とは難民男性とドイツ人女性の合体を指すみたいですね。冷

 

ドイツのノイベルク( Neuburg)で、若いムスリム難民対象の「safe sex」女性を尊敬することデート術などを教える講座を開いています。

 

講師の男性はこういうことを言っていました。

 

「外国人にドイツの社会的な振る舞い方や性について教えることは、彼らに統合するチャンスを与えることになります」

 

「(難民たちに向かって)ドイツでは、女性があなたたちを必要としません。お金や安全のためにも必要としていません。いつも女性があなたを誘っているかどうか目つきでチェックしてください。」

 

「最初始めた時には、私のもっぱらの関心はドイツ人女性の安全でした。そのうちに、みんな(難民少年)に溶け込んで楽しい時間を過ごしています。

そして、私は彼らには適切な情報が必要だと気が付きました。

彼らは難民センターに収容されています。どうやって振る舞えばいいのか教えずに彼らに完璧な振る舞いを期待するのは、公正さを欠きます。」

 

実際にどういう授業を行っているのか、動画でご覧ください。矢印

(動画見るのが面倒な方(私がそうです)は、その下にいくつか抜き出したショットをご覧ください。)

NEW YORK POST)


上の動画から抜き出したもの矢印

 

難民たちはスキルもなく文明圏からほど遠い習慣や教えの中で生きてきたわけですが、母国が正常になったら難民は帰るべきで、彼らに何らかのスキルをつけてやる方が人道的だと思います。

 

ところが、彼らは勉強も労働も疎かにしてこんな講習を受けているんですね。

開いた口が塞がらないとはこのことです。sei

 

動画内でイラン人が厳しいイスラム社会から来たと言っていました。

コーランでは異教徒の女性を性奴隷にすることは合法です。(4:3, 4:24, 23:1-6, 33:50, 70:30)

だからイスラム教徒だとわかるようにベールを被りなさいと言っているのです。そうすれば(性的な)嫌がらせを受けないと言っています。 (33:59)

イスラム教スンナ派が『コーラン』に次いで重視する、ハディースには、こういうことが書いてあります。

夫が妻を誘いそれを妻が拒んだために夫が怒りの中で眠る時、天使は朝まで妻を呪う(Bukhari 4.54.460).

女性はラクダの鞍の上にいても拒んではいけない (Ibn Majah 1854)

上 ↑こっち クリック

Germany: Town teaches Muslim migrants how to pick up non-Muslim women

FEB 1, 2018 JIHADWATCH

https://www.jihadwatch.org/2018/02/germany-town-teaches-muslim-migrants-how-to-pick-up-non-muslim-women

 

 

難民たちに、女性が断る権利を持っていることも教えているんでしょうか?

交際を始めても気が変われば女性から別れることが出来ると教えているんでしょうか?嫌がっている顔

 

ドイツ人女性がお金を目的としていないと聞いて、ますます安心してアプローチするでしょうが、先進国の女性が好き好んで、無職でスキルもなくて貧乏なムスリムと交際しますかね?

女性は元々上方婚思考が強いのです。

男女平等先進国の北欧でも事情は同じです。女の上方婚志向がcultural universalであることは、進化の過程で獲得された本性(nature)であることを示唆します。
(Think outside the boxさま)

北欧では自国の男では満足できなくなった女は他の先進国のハイスペック男と結婚し、あぶれた男はタイなど途上国の女と結婚する事態が生じています。北欧の女から見れば「下」の男でも、途上国の女から見れば「上」になります。

(Think outside the boxさま)

 

それに、文明的な振る舞いを教えなくてはいけないような“人間”は、そう簡単に精神構造を変えることはできません。それが出来ると思い込むドイツ人は思い上がりも甚だしいです。

以前紹介した人間を山羊に変える世界を思い出してください。

そんな世界の住民は、一度死んで生まれ変わらないと無理です。sei

 

変な期待を持たせることを止め、母国へ送還することが一番人道的です。

 

ドイツの思い上がりと狂気がどこまで行くのか興味深いところです。ヘラヘラ

 

 

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター