FC2ブログ

記事一覧

ドイツ:イスラム過激派を次世代に育て上げる女性たちが増加。揺り籠を揺らす手がサラフィストを作る。

ドイツの国内諜報機関は、イスラム過激派女性が増えていることを警告しています。

男達が刑務所へ向かっても、女達はサラフィ―主義を受け継ぎ、子供達をジハーディストに育て上げることで、次世代へつなげています。

 

記事 Germany Warns of Female Islamic Extremists Radicalising Next Generation of Muslim Youth  by CHRIS TOMLINSON29 Dec 2017 BREITBART

http://www.breitbart.com/london/2017/12/29/german-intelligence-warns-female-islamic-extremist-networks/

 

ノルトライン=ヴェストファーレン州の憲法擁護庁は、イスラム過激派の現場がますます女性によって影響を受けるようになってきていると主張しています。

憲法擁護庁の地方支部長であるBurkhard Freier氏が、女性が目立つようになり、現在40名の女性過激派を監視下に置いている、と述べていることをDie Welt紙が伝えています。

 

「男たちは、女性たちがより上手くネットワークを作ることができ、それゆえに過激派の横の繋がりを強め維持させることが出来るということに気づいたのです。」とFreier氏は言いました。

彼によると、本当の危険は、母親たちが子供たちに過激主義を説き、平行社会の中で若きジハーディストとして子供たちを育てるサラフィストのコミュニティを、女性たちが作り上げていることだと言います。

 

「これは、サラフィー主義を家庭の問題にします。それは、いわゆるサラフィ―主義社会を解体することをもっと難しくするのです。ここ数年の欧州で起きたイスラム過激派テロはすべてサラフィ―主義社会の中から生まれました。」とFreier氏は述べました。

 

暴力を夢見る未成年者のサラフィストが増え続けています。」

 

女性、特に若い女性はサラフィスト過激派グループに関係して活発に活動することが証明されています。スイスでブルカ着用を主張するNora Illiなどがその例です。彼女は最近、オーストリアのフルベール禁止に抗議活動してウィーンで逮捕されました。

 

Linda Wenzel(写真下)という少女(当時16歳、現在17歳)もISの戦闘員としてイラクで捕まり、現在判決を待っているところですが、死刑判決もあり得るそうです。(ドイツ政府と両親がドイツへの送還を求めています。彼女については以前記事にしています。)

 

ネット上でISの男と恋に落ち戦闘員となりました。支配地でシャリアポリスの役目を担っていたようです。写真は先月母親が妹とともにバグダッドに行って再会したときのもの。(THE Sun

 

四角02

 

欧米社会のエリートたちはイスラムテロをどう言っていましたっけ?

「穏健だったのにインターネットのせいで過激思想の影響を受けてしまった」

「イスラムフォビアが過激派を生んだ」 などなど・・・。

社会に責任をなすり付けていましたが、実はイスラム教徒の家庭、コミュニティに責任があることを、ようやく渋々認めざるを得なくなったのでしょう。

 

ゆりかごを揺らす手が世界を治める。

The hand that rocks the cradle rules the world.

 

日本ではゆりかごを揺らす手を母親から取り上げる方向で動いていますが、この記事を読んで、なるほど、日本らしさを無くそうとしているんだなと思いました。punpun#*

 

四角02

 

これは私の思うことですが、イスラム教徒がイスラム教の国でないところに住むと、たぶん子供たちはどうして自分たちだけ戒律が厳しいのだろうと疑問に思うはずなのです。

お祈りや食べ物、被り物とか、とにかくハラムだハラルだと煩いわけです。それに合理的、科学的に納得させるものが皆無なので、「イスラム教徒は最高なのよ、キリスト教徒は劣るし、ましてや多神教徒は動物なのよ」くらい言わないと納得させられないのではないかと想像します。

棄教や改宗は「死刑」だと考える者も多いイスラムですから、簡単に足抜けもできません。

異教徒、多神教徒、無神論者に対する優越感を持たないとやってられない・・・。

だから要求が多く、不満が異教徒への怒りや憎しみに変化しやすいのだろうと思います。

 

日本国内については、私の言いたいことをこちら矢印で言ってくれていました。チューリップチューリップ ネコの肉球

日本にきて自国文化を押し付けるイスラム教徒は来るな! ( トラネコ日記)

 

 

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-

関連記事

オランダ:ロッテルダムのムスリム市長「私はサラフィ―主義者だ。ムスリムはみんな、多少はそうだ。」

 

 チューリップ君追記です。

最近知ったこちらのサイト、海外情報を翻訳されていて読みやすいです。

ぜひぜひご覧ください。(時間がない方、私の所飛ばしてもらっていいですからどうぞ!)

ネコの肉球 海外ニュース翻訳情報局

ネコの肉球 海外報道翻訳所



関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター