FC2ブログ

記事一覧

デンマーク:平行社会を作るイスラムの集住(ゲットー)を壊すという首相の策は…全土に散らす⁈

在来種を滅ぼす外来種を除去することは動植物の世界では常識です。

しかし、人間の世界ではポリティカルコレクトネスが多様性を守る方法を議論することすら禁じているために、いつまでたっても混乱を収束させることが出来ず、事態は悪化する一方です。

 

ポリティカルコレクトネスの呪縛から抜けない限り、間違いに気づいても直せないのが移民受入の怖いところなのです。

 

 

Denmark’s Prime Minister extremely worried about parallel societies and Islamisation

By Pamela Geller - on January 4, 2018

https://pamelageller.com/2018/01/denamrk-parallel-islamic-societies.html/

 

デンマーク首相のLars Løkke Rasmussen(ラース・ロッケ・ラスムセン)氏が、ようやく現状が異常だということを発言する勇気を持ったようです。でも時すでに遅しです。泣く

 ラスムセン首相

 

彼は10年も前からオランダの愛国政治家ヘルト・ウィルダース氏を嘲笑していました。

今までイスラム移民を入れていた政権でずっと閣僚を務めていた人物です。

(2001年の保健大臣から内務大臣、財務大臣、2009年から現在まで首相というように、この惨状の責任者なのです。)

 

ラスムセン首相は新年の挨拶に今までとは違う内容を述べました。

(東欧やオーストリアのリーダーたちのような)移民の危険性を述べる西欧のリーダーたちがいない中、彼は明白にその問題について語ったのです。

 

私たちは、世代から世代に受け継がれる平行社会の連鎖を断ち切らなければいけない

子供時代は一つしかありません。子供時代を無駄にしてはいけないのです。

 

彼らは平行社会を国中に作っています

私は、女性の地位が男性より低い社会で、10代の少女が好きでもない人と強制結婚させられる近所の人たちのことを言っています。

 

首相は、(移民の)子供たちが怪しげな理由で母国訪問をさせられていることについても触れました。

子供や若者があまりにもデンマーク人のようになると再教育のために母国へ送られているのです。両親が子供たちを罰しているのです。

それは逆であるべきで、私たちが子供たちを支え両親を罰しなくてはいけません。地域社会として介入しなくてはいけないのです。

 

年頭挨拶ではイスラムとはっきり明示しませんでしたが、以前のインタビューで、イスラムと平行社会は関係していると言い、イスラムはデンマークの一部の地域を支配し、別のルールを作ったと述べているのです。

 

平行社会の出現はドイツ、スウェーデンなどいくつかの欧州の国で、明らかにイスラム教徒移民と関連しています。

強制結婚の問題も同じです。難民危機でイスラム教徒が大量に入り込んでから、欧州のいくつかの政府で深刻な問題となりました。

 

ラスムセン首相は、デンマークの平行社会問題を解決するために、こう考えています。

完全に集住(ゲットー)を終わらせる新しい目標を導入したいです。

いくつかの場所ではコンクリートを粉砕して建物を破壊します。

住民を散りばめ、様々な地域に彼らを居住させます。

(訳END )

 

 

はてなビリー お粗末な解決策しか思いつかないようですね。 rabbit*ハァ*

 

こんな人たちを国中にばら撒いて拠点を広めてしまうのでしょうか?

多分目先のことしか見ていないと思います。

まず人権屋が黙ってはいませんし、中国が支配でもしない限り実行は無理です。

(参照:中国:あの騒々しい中国人から騒音公害の苦情→モスクのスピーカー撤去

 

仮に彼らの人口密度を減らすこの政策が可能だとして・・・

一旦はその地域で人口的に少数派となり大人しくなるでしょうが、多産と教義でしばらくするとまた勢力を盛り返し、今度は国中がムスリムの支配地域になってしまいます

イスラム教徒は、平行社会粉砕を強行するならイスラムへの統一を目指すでしょう。ネコ

 

根本原因がわかっていながら、西洋人が自ら課した“人権”で、身動きできなくなったのです。

日本も同じ道を、周回遅れなのに、新しい流れだと国民を騙して追いかけていますので、要注意です。

 

以前、残虐極まりないデンマークのムスリム移民について記事にしたことがあります。

虐待を受けて怪我した猫を行政が助けに行くも住民に阻まれて、その猫を見捨てなければならなかった事件を紹介しました。はこ怒る

イスラムフォビアと言われたくない→コントロール不能→ムスリム指導者に頼る→ムスリムの領地になる

 

異質な集団が来てルールに従わなければ警察力で従わせることになりますが、それにはリソース(財源と人員)が必要で、それに限度があるわけです。

「力」のリソースはもっと緊急なところに振り分けられて、公共への緊急な危険度が低い分野は面倒を見てもらえなくなることを、納税者は覚悟しなければいけません

自国民より民度の劣る移民を入れるとはそういうことです。

そして移民の方が多産で凶暴ならば、私たちこそ駆逐されてしまうのです。

 

菱形

 

移民受け入れ政策はグローバル化の一部です。

グローバル化は国境を無くして企業が活動しやすいようにすることです。

彼らは公共財にまで触手を伸ばします。

三橋氏のブログでも公共インフラに触れていますが、特に酷いと思うのは、≪上下水道や公共施設の運営権を売却する際、地方議会の議決を不要にし≫という部分で、地方においても選挙で選ばれた住民代表の声を無視できるということです。安倍首相の政治は民主政治ではなく腐敗した独裁政治に近いです。)

 

被害に気付いた国民が騒いだ国からは撤退を余儀なくされ、まだ気づく国民がいない日本には毟り取れる公共財がたくさん残っています

 

公共財を守っていた規制を「既得権益だ、岩盤規制だ」という空虚なスローガンを掲げる安倍政権に破壊され、それを一緒になって応援しているのが悲しい日本人たちなのです。

 

民間議員=選挙で選ばれない民意を代表しない人たち 民間の活力の回し者もいる

民間の活力=利益確保の可否が行動基準で、愛国心や公共心は皆無の企業活動

 

安倍首相が権限を与えているのが民間議員

安倍首相の主導で公共財を売り飛ばそうとしている相手が民間の活力です。

 

水道事業を民営化してもいざという時には自治体が責任を持ちます。

日立の英国への原発輸出は日本政府が1.5兆円の保証をします。

日本政府が後ろ盾になる時には愛国心に訴える「オールジャパン」といって煙に巻きます。

 

儲けはオールジャパンじゃないんですけどね。sei

失敗して損したときだけのオールジャパンです。はこ怒る

 

こういう仕組みの中に移民受入政策があるのです。

これと引き換えに一般国民が得られるものは、社会不安と増税と自らの貧困化などです。

 

今を生きるのは大切です。日々の糧を稼がないと死んでしまいます。

安倍政権は、そういう人たちに対して、グローバル化という選択肢しか用意しないのです。

自分の政権だけ何とか切り抜ければ、あとで必ず日本が荒廃するグローバル化でもいいという無責任な思想です。

今だけ良ければという政権が、今儲けたいという勢力と手を握っているのです。

双方のトップたちは今後日本が荒廃しても、それに関係なく暮らせるから気になりません。

 

デンマークのラスムセン首相も「今だけ」の人のようです。

過去に、グローバリストに踊らされて移民を入れたのも、

今、惨状に危機感を持ち、実現不可能と思われる平行社会を無くそうと言うのも。

 

人間は、もう少し長期的な視野を持つことが必要です。

そして、政治家にはポリティカルコレクトネスを適用してはいけないと思います。

ポリティカルコレクトネスは言論統制であり、国民を思考停止にする全体主義の道具です。

 

 

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター