FC2ブログ

記事一覧

マクロン大統領はEUファーストでトランプ大統領と同類?!日本が「地球市民」脳では搾取される。

日本も当然世界の動きから影響を受けますので、そこから感じたことを書いてみたいと思います。

 

   四角02

覚えているでしょうか?

2015年の難民危機が起きて困ったEUが、2016年3月、トルコと協定を結びました。

トルコが不法難民を出国させない代わりに、EUがトルコにお金を渡すというものでしたが、そこにはトルコが長年求めていたEU加盟がまだならば、せめてトルコ国籍の人間にシェンゲン協定のようにEUを自由に行き来できるようにしてほしいとトルコが求めていたのです。

 

協定にはその約束は含まれていませんでしたが、それを急ぐようなトルコの要望があったのです。

トルコが国内に難民を300万人(だったと思います)置いておいたおかげで、その人達は欧州へ入らなかったのです。

 

ところが、最近また、トルコ経由でギリシャへ大量の難民が来るようになりました。8月には4000人近く、その後週400人くらいが来ているようです。

https://pamelageller.com/2017/09/refugee-surge-greece.html/

 

ドイツを含めいくつかのEU加盟国はトルコと関係が悪化しています。

そういうことと関係があるのかもしれませんね。

 

   四角02

メルケル首相は9月初め、トルコのEU加盟交渉打ち切りを提案するつもりだと述べました。

メルケル首相は「トルコが(EUに)加盟するとは思えないし、そうなると考えたことはこれまで一度もなかった」と説明したそうですが、トルコを騙していたという風にもとれます。

http://www.afpbb.com/articles/-/3141532

 

   四角02

トルコは今月ロシアから地対空ミサイルを購入する契約を結びました

トルコはNATO加盟国です。NATOはロシアを敵だとみなしています。

欧州に大量にいるトルコ人を含むムスリム、その人達はトルコがNATOと敵対したときには敵となるのでしょうか?

http://warnewsupdates.blogspot.com/2017/09/turkey-signs-deal-with-russia-for-s-400.html

 

   四角02

アフリカや中東からあふれ出した不法移民が続々と欧州入りしている中、今月、EU裁判所は、全ての加盟国が難民受け入れ割当を守ることが決まりだと裁定しました。

東欧諸国は反発しています。

ハンガリーのオルバン首相はこの決定をEUによる政治的なレイプと呼んで非難しており、「移民国家になりたい国はそうなることを尊重するが、ハンガリーはなりたくないのだ」と言いました。

また、ポーランドのシドゥウォ首相は、「ポーランド政府が選択した不法移民対策は正しいことが証明された」と述べています。

https://pamelageller.com/2017/09/eu-court-rules-eastern-europe-must-accept-refugees.html/

https://www.irishtimes.com/news/world/europe/eu-rebels-hungary-and-poland-reaffirm-anti-immigrant-alliance-1.3230872

 

以前の記事で紹介したテロ地図です。ポーランドにテロがないのがわかります。

 

 

   四角02

6カ月後に選挙のあるハンガリーでは、前にも政府が反ジョージ・ソロスキャンペーンをやりましたが、来月からまた行うことになりそうです。

前回のキャンペーンは「最後に笑うのがソロス氏であってはならない」というものでした。

そのことを書いた記事で紹介した写真の一部矢印

 

政府は、「ソロス計画」についての国民の意識調査をするということですが、ソロス計画には、毎年100万人の移民を欧州に入れることと、ハンガリーの不法入国者対策の国境フェンスを破壊することが入っているそうです。

 

ハンガリー生まれのこのグローバリストをハンガリー政府は「公共の敵」と呼んでいます。パチパチ

https://www.jihadwatch.org/2017/09/hungary-set-for-fresh-anti-soros-blitz

 

   四角02

このような状況の中、グローバリストの権化であるEUは全く聞く耳を持たず、EU官僚がEU加盟国に対して高圧的な態度を取っています。

 

欧州委員会のユンケル委員長は、EU条約を変えることなく、より統合することに向けた基本計画を発表したばかりですが、フランスのマクロン大統領から、悪夢を見ているような演説をされてしまいました。

 

国連総会があったニューヨークで、ブルームバーグ主催のイベントがあり、マクロン大統領は、EU条約を変更しなくてはいけない、さもなければ第2第3のBrexitが出てきてしまうだろうと述べたのです。

このままでは、ある日突然、「もう官僚主義で、展望がないのに、強制ばかりが多いEUに居心地の良さを感じない」そういう国が出てくるかもしれないと言っています。

http://www.express.co.uk/news/world/856873/brexit-news-latest-eu-pound-to-euro-jean-claude-juncker-emmanuel-macron-boris-johnson

 

マクロン氏は親EUで、もっと統合したいと考えている欧州の中ではグローバリストですが、リベラルが嫌がることも言います。

例えば・・・(過去記事から引用)

アフリカが直面している問題は、全く違います・・・文明の問題です。

アフリカに必要なのは『援助』ではなく『より少ない子供』!

 

   四角02

しかし、EUを見て、トランプ大統領のアメリカとは違い、グローバリストが勢いを得ていると考えるのはどうかなと思いました。

 

このマクロン氏、EUを一つの国家にしていきたいというところは、加盟国の主権制限もしくは消滅でもいいというような感じでナショナリストから警戒されるのですが、EUを一つの国家にした場合は、ナショナリストと同じ動きをするような感じもするのです。

分裂させたくないから、今のEUを官僚主義だと悪く言うのです。

 

欧州の会社がフランスのインフラを買うことには抵抗が無いようですが、欧州に食い込んでいる中国には対抗して勝ちたいという気持ちがあるようです。

彼の頭の中の仲間は、「地球市民」ではなくて「欧州市民」までではないかと思いました。

 

「私たちが知っている欧州は弱すぎ、遅すぎ、非効率的すぎる」と指摘しながらも、「世界が今まさに直面している大きな課題に対して、欧州は単独で行動を起こすことができる」と強調した。

 

マクロン氏は、英国のEU離脱(ブレグジット、Brexit)後の欧州について、さまざまな提案を行っており、その中にはユーロ圏19か国の財務相や共通予算、議会の創設に加え、欧州の「緊急対応部隊」と各国の軍隊との連携などが含まれている。(AFP)

 

要するに、欧州を一つと見れば、マクロン大統領とトランプ大統領は似ているかもしれないと思うのです。

 

 

四角02四角02四角02

とても早く世の中が動いています。

知らなかった

誰も教えてくれなかった

悲惨になった時に、日本人が言いそうな言葉です。

 

欧州やアメリカで、国民からの不満がグローバル化の勢いを弱めている中、途上国よりも日本が危険だと思います。

まだ無防備な先進国の日本がグローバル化の餌食になること、

日本人がお人好しのうえ、何でも知っていると思っているらしいこと、これらが理由です。

 

途上国の人たちは、もともと政府を信用していないので、自分たちで情報を掴もうとする傾向が強いです。

 

日本人はTVや新聞が中立だと思ったり、正確だと思ったり、そのうえ数だけは情報が氾濫しているので、自分がたくさんの情報に囲まれているつもりでしょうが、そうではないのです。

同じソース、仲間内での同時発信でさも多方面からの情報のように見せられているだけです。

 

日本の政治家全員が、バスに乗り遅れるなと急ぐグローバリズムは、民主主義国家の主権を奪うことに先進国のアメリカやEUの国民が気づき始め、だから、政治家はまだ力のある企業のために他への進出は止めないまま、国民を守るためにブロックで囲い込み防御し始めています。ナショナリズムに舵を切っているということです。

 

欧州の企業による買収ならいいが、他からの買収はされたくないというのはEUを一つの単位にしているからですが、日本はそういう理念もないまま、世界中から投資を呼び込み、自国を守る仕組みがありません

 

日本を世界で一番敵視して憎悪している中国人や朝鮮人に買収されても喜んでいる有様で、軍事行動も制限されているのに、軍事力がある国よりも無防備に外資に国を売っています。

 

もし、日本に対して、これまで移民受け入れをしていないとか、公共財を国際企業の金儲けに開放していないとか、グローバル化が遅れていると言って非難してくるならば、それは私たちを、彼ら(先進国)が苦しんだ同じ間違いに引き込もうとしている、又は新興国側がまだ搾取していないから搾取させろと要求している、そのどちらかだと考えた方がいいと思います。

 

日本の国益を考えてくれ助言をしてくれる外国はないのです。

助言に見せかけた騙しはあるでしょうが。

日本の国益を考えるのは日本人だけです。

 

政治家が、国際企業の手先となって、日本人に我慢と苦痛を与え世界のリーダーたちから褒められるならば、それは裏切者で日本のためにならない人だということです。

 

そういう政治家は、誤魔化すために「国際協調」「国際連携」ということを主張して国民を煙に巻きます。

 

自分の利益のために日本にいる外国人が、もっと同胞のために日本を利用しようとするときにはきまって、「日本と母国の架け橋になりたい」と言います。

 

騙されないで!


関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター