記事一覧

フランス:ムスリム移民が警官をリンチ/バスチーユ牢獄襲撃記念日に900台の車両を放火

移民受入=亡国

 

7月15日夕方、フランスの内務大臣は、7月13日と14日の2日間で、

897台の車両が放火され、13人の警官と兵士が負傷し、368人を拘束したと発表しました。

 

昨年は855台が放火され、577人を拘束しています。

 

事件は増え、拘束した人間は減っているということになります。

(以下4枚の写真はその様子)

 

 

そして、7月14日から15日(午前2時ごろと言われています)にかけて、パリ郊外北東部のスブラン(Sevran)で、警官が30人のムスリム移民にリンチされて入院しています。

 

消防士の援護のためについていた警官に向かって、暴徒がビンや石や岩を投げつけていたところ、CSI 93所属の警官2人がバイクで現場に近づいてきました。

 

バイク警官への襲撃で、内1人が地面に倒れてしまい、30人に集団暴行を受けました

彼らは鉄の棒で警官を殴り、警官は30mも引きずられて体中怪我をしました。

警官は自分の防衛のためにやむなく数回(8回みたいです)発砲して、救援の警官たちに助け出されました。

 

撃たれた暴徒は1人で腹部を負傷したそうです。年齢は18歳だと言われています。

襲われた警官は顔中血だらけ、全身に負傷していて入院しました。

 

同じ頃、近くでは別の事件も起きていました。警官の検問から逃げたバイクが逃走中に死んだそうです。

 

15日の時点では、18歳の撃たれた犯人以外は、誰一人逮捕されていないそうです。

 

やじるし

More Muslim Immigrant Violence in France: 900 CARS BURNED, 13 Police Wounded, “Several Episodes of Urban Violence”By Pamela Geller - on July 16, 2017

 

France: Policeman lynched, beaten with iron bars by thirty Muslim migrants, opens fire to defend himself in Sevran By Pamela Geller - on July 15, 2017

 

 

 

次の話は未然に防いだ事件ですので、犯人は特定されず捕まっていないようです。

 

フランスの読者 Alexandreさんから情報をもらったそうです。

 

「フランス郊外に新しいガザのトンネルがある?」というもので、

場所はベルギーとの国境ルーベです。

若者のグループが60cmほどの穴を掘り、上からものを被せてわかりにくくしているようで、あちらこちらにあるとのことです。

夜間警官をおびき寄せて落とすためではないかということです。

既に地元住民が警察に通報しています。

 

 

 

やじるし

France: Muslim migrants dig, camouflage holes with sharp metal objects to TRAP POLICE at night By Pamela Geller - on July 11, 2017

 

 

警官も疲弊するでしょう。

住民も疲れますし、怖いです。

 

これが移民を入れるということです。

 

 

しばらく(1か月くらい)記事は簡易版になるか、滞ります。

ログイン自体も減るか、できない日が出てくると思います。aya

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター