記事一覧

仏:カレー、難民の通行妨害で初の運転手死亡/欧州ではイスラム移民が恐怖を拡散中

まずカレーであった事件からです。

昨年10月、フランスのカレーにあった悪名高い偽装難民の巣窟ジャングルが政府によって解体されて、8千人ほどいたとされる彼らはフランス各地に振り分けられました。

ところが、最近暖かくなり戻ってきていて、13日火曜日にデイリーメールが彼らの危険行為が始まったことを報道したばかりでした。

 

イギリス行のトラックに乗り込もうとして、道路上に木の幹やゴミなどを置いて火をつけるという野蛮人らしい危険行為を再開したのです。

 

写真左下矢印は今月9日未明のA16号線上です。(リンク先右上矢印には動画もあります)

ポーランド人運転手が横をすり抜けながら撮影したもので、左の止められたトラック付近には10人ほどの野蛮人どもが蠢いています。

 

彼らはすでに300人ほど(支援者は600人と言っています)カレーに戻ってきており、武装してこのような蛮行をここ数週間繰り返して行うため、フランス政府は150人の増援に踏み切ったばかりです。

参照:カレー関連の過去記事(いくつかあるので2つだけ)

グローバリゼーションの実験場 EU こういう風になりたいのか、現実を国民に知らせるべき。後編

英国:BBCが難民神話をあの手この手で偏向報道! ガーディアンは子供難民写真で堂々と読者を愚弄!

 

こういうことをしているので、昨年10月にエリトリア人の男が1人事故で死にました。自業自得

しかし、ついに通行中の運転手がこいつらのせいで亡くなってしまったのです。

 

20日火曜日早朝(現地時間3時45分)、カレーの東12㎞で事故は起きました。

移民どもがいつものように木の幹を道路上においてブロックしたために、気づいたトラック2台が停車しました。

後続のバンはブレーキが間に合わずトラックに追突運転手はその場で死亡しました。

バンはポーランドで登録されたものですが、亡くなった方の身元はまだ不明です。

 

警察は2台のトラックのうち1台にいたエリトリア人9人を殺人の疑いで尋問しています。

事故現場の写真です。左下矢印

やじるし

CALAIS VAN DRIVER DEAD IN MIGRANT ROADBLOCK CRASH BBC

 

 

マンチェスター、ロンドン、メルボルンパリ・シャンゼリゼなど有名な所は報道されましたが、それ以外でもムスリムはじっとしていません。欧州は平常運転中です。sei

 

 

スウェーデン

 左矢印犯人のフセイン

 

イラク人のKarim Alaa Hussain(フセイン)25歳は、ストックホルムからハリスベリ行きの列車に乗っていました。

ベールをかぶった女性客に女性の車掌が検札にきました。するとムスリマは前にも見せたと言って不平を述べました。

目撃者によると車掌は丁寧に対応していたと言います。

 

ところが、それを見ていたフセインは飛び出してきて、車掌に理由を言えと詰め寄り、車掌が、これが自分の仕事だと言っても聞き入れず、悪質な脅迫を始めました

他の乗客が間に入ってもかえって逆効果で、みんなレイシストだと喚きだし、そのうちの一人の男性の顔面を殴り始めたのです。

 

殴られた男性はフセインを床に組み伏せました。

フセインは逃れようともがき、ポケットから長い台所包丁を持ち出し、男性を脇と背中4回も刺し、体内に重傷を負わせたのです。

 

その後、フセインはまるで何かの大会で勝利したように歩き回り怯える乗客に血だらけの包丁を振り回していました

電車が駅に到着すると、彼は逃げてガーデンに隠れていましたが警察に逮捕されました。

 

この事件は4月22日に起きたもので、犯人は正当防衛を主張、自分の行いを誇りに思うと法廷で述べましたが、認められず6月12日に禁固8年半の判決を言い渡されました

 

この犯人は過去に様々な犯罪で3年半の禁固刑を受けていたのに早期釈放されていました

 

度重なる犯罪と有罪判決にもかかわらず、2008年にEU市民権を獲得しており強制送還になることはありません

やじるし

Sweden: Muslim Migrant Stabs Passengers When Woman in Hijab Asked to Show Train Ticket, Blames ‘Racism’ By Pamela Geller - on June 18, 2017

 

そのスウェーデンですが、地元紙が機密情報を入手したところ、2年前に比べてNO‐GO‐ZONEが15から23に増えていたそうです。別の報告では55というものもあります(大きな地区を細分化したのかもしれません)

 

これらの地区を警察はコントロールできません。住民はギャングやイスラム指導者の報復を恐れて警察には協力しません

Sweden: Leaked Police Report Lists 8 New No-Go Areas — 23 in Total パメラ・ゲラー

 


 デンマーク

5月下旬、デンマークの国会議事堂前で、カップルがモロッコ人のギャングに襲われました。

彼らは男性に時計を寄こせと脅し、ビンで頭を殴り頭を切るけがを負わせ、一緒にいた女性にも襲い掛かりました。(こちらは大したことありません)

 

血だらけの男性を残し逃げましたが、すぐに警察に捕まりました。

彼らはいわゆる子供難民で、年齢は12、13、14、15、15、16歳の6人です。

翌日には全員釈放されました。


この事件ののち政治家たちは難民申請者を夜間外出禁止にするかどうか話し合っています。

やじるし

“Asylum seekers” beat up young couple with bottlesBy Nicolai Sennels - on June 5, 2017 パメラ・ゲラー



ベルギー

 左矢印ブラッセル中央駅

 

20日火曜日夜8時ころ、ブラッセル中央駅で、自爆ベストかリュックを背負った浅黒いがっちりした体系の30代くらいの男が「アラーアクバル」と叫んで自爆しました。

目撃者によるとキャリーケースに点火しようとしたようです。

近くに人がいましたがけが人は出ませんでした。

 

駆けつけた兵士が犯人を射殺しました。

 

自爆犯は、まだ爆発物を持っているかもしれないということで救急隊は近づけず、数時間そのまま放置されていました。

そして、単独犯かどうかもわからないので、周辺にも規制線を張って、兵士や警官が警戒にあたり、大騒動になりました。

 左矢印警戒に当たる兵士

ブラッセルは2016年3月に空港と地下鉄駅の両方でテロが起きる大事件がありました。

やじるし

Ramadan in Belgium: Muslim screaming “Allahu akbar” triggers explosion at Brussels Central Station JUNE 20, 2017 JIHAD WATCH

 


 スペイン

6月3日、バリャドリッドの教会で行われていた結婚式に22歳のモロッコ人学生が乱入、

「アラーは偉大なり」と叫んで神父に襲い掛かろうとしました

まわりの人たちが捕まえて教会の外に出し、警察に引き渡しましたが、共犯がいないか、爆発物がないかを点検してから結婚式が再開されました。

 

やじるし

Fanatic storms a Spanish wedding shouting 'Allah is great' as he 'tries to assault the priest' before being kicked out the church by groomsmen5 June 2017 DailyMail

 


イタリア

イタリア南部クロトーネの難民収容センターにいた29歳のイラク人難民申請者が、警察に逮捕されました。

妹との電話が録音されていて、彼は「イラクで戦闘に加わるよう勧められた、でも残ることを選んだ。こちらでやることがある、異教徒は喉を切られなければいけない」と言っていたことがわかりました。

彼はマンチェスターテロも称賛していました。

罪状は、国際的なテロ攻撃の陰謀、他人に法律を破るよう扇動したことです。

 

イタリアでは4月にもテロを計画していた非常に危険なモロッコ人を事前に逮捕しています。

 

事前対策のために、ドイツの州でも6歳の子供難民でも指紋採取を認めるようです。12歳のイラク人がテロを起そうとした事件を踏まえての措置です。

 

どうして政治家やメディアは理解しいないのでしょうか?

不信心者の心には我が恐怖を送り込む。首を切れ、すべての指を断ち落とせ。

Quran (8:12)

 

今年は去年に比べて17%も多くの難民がイタリアに上陸していて、これまでに20万人が2600の自治体のシェルターで暮らしています。

やじるし

 

Muslim Migrant: ‘Infidels should have throats cut’: Italy arrests Iraqi refugee over ISIS supportBy Pamela Geller - on June 20, 2017

 

 

でもイタリア政府は、難民受け入れを止める気もなさそうで、今年予想されるサブサハラからくる偽装難民25万人分の住居を提供するようにすべての自治体に指示しました。

 

ヨーロッパのリベラル政府と支援団体が、リビアのわずか5~10マイルで彼らを拾いイタリアまで送り届けているのですから、勢いは弱まらないのです。

 

ユーロポール(EU警察)の最近の報告では、2015年に密入国犯罪組織は51億ドルから61億ドル荒稼ぎしたということです。セネガル、ギニア、ナイジェリアなどからくる彼らのバスやらボートの費用は1000€くらい、東アフリカルートはエリトリア、ソマリア、エチオピアなどから集まり、3000€くらいになるそうです。各地の犯罪組織がツアーを仕切っています。

 

下矢印こういう人たちのための住居を用意するそうです。叫び

 

 

スイス

今月16日金曜日午後1時半ごろ、ローザンヌのM2地下鉄ベシエール駅で、電車が駅についてドアが開いたとたん乗客たちが飛び出してきて出口を求めて逃げました。

 

理由は男が「アラーアクバル」と叫び出したからです。

乗客の一人は「自分たちの背後で爆発音を聞くのではないかと不安だった」と述べています。

 

警察が駆けつけ、西サハラモロッコから来たスイス在住の男を逮捕しました。「人々に警戒を持たせる脅威」という法律違反です。

尋問によると、男は妄想に取り憑かれており、助けを求めるために神の名を叫んだということです。

 

精神科医の診察後、逃亡や暴力の恐れがないとして解放されました。

やじるし

Man shouting ‘Allahu Akbar’ causes terrorism scare on Swiss subway 20 Jun, 2017 RT

 

 

ルンルン大きなものから小さなものまで音符 西ヨーロッパを覆いつくしているようです。

 

イスラムって近親婚が多いのです。ドイツに住むトルコ人の内婚率(いとこ婚)は10%シリアは35%だそうです。そういう民族は閉じた社会を形成する傾向があるそうです、

(エマニュエル・トッド 「問題は英国ではない、EUなのだ」から)

 

デンマークの心理学者のニコライ・セネルス氏の研究結果によると、全世界のイスラム教徒の人口の約半数がいとこ同士などの同族交配によって生まれてきていることが分かりました。(日本や世界や宇宙の動向さま)

 

パキスタンでは70%、アルジェリアで34%、バーレーンで46%、エジプトで33%(一部地域では80%)、イラクで60%、ヨルダンで64%、クウェートで64%、レバノンで42%、リビアで48%、カタールで54%、サウジアラビアで67%、スーダンで63%、シリアで40%、アラブ首長国連邦で54%、という比率で従妹同士の結婚が行われている。 http://europenews.dk/en/node/34368 より 

Conservative Blog Japanさま)

 

 

「アラーアクバル」と叫んでいるのに精神疾患で片づけられた殺人事件がたくさんあります。

 

すぐ逆上する、異常な思考回路、精神疾患になりやすい体質の上に憎悪の教え・・・叫び

 

国を分けて住むしかないと思います。aya

 

 

au 着フル~関連過去記事~イスラム教を極めるとテロリストになることがよくわかる

 

「イスラム過激派こそが真のイスラム教徒」byイエズス会神父兼学者

イスラム過激派のテロはイスラムが根本原因。敬虔なムスリムほどテロリストになる。by精神科医

 

 

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター