記事一覧

More jihad→ More sharia メイ首相がテロに乗じてインターネット規制を宣言

またまたテロがイギリスで起きてしまいました。(BBC)

今回も、実行犯3人を射殺した後、すぐに12人もの逮捕者を出していますが、マンチェスターテロ同様、やっぱり当局が顔見知りだったのかもしれませんね。

事件後の関連逮捕が早すぎますから。

 

苺畑より さまの記事で、イギリスでテロがなくならない理由を書かれています。下矢印ネコの肉球

テロ退治よりポリコレの方が大事、真実を報道するジャーナリストを罰する国イギリス

イギリスとは“テロリストと自国政府が徒党を組んで一般国民を弾圧する国”! ガクブル

 

メイ首相はもうたくさんだ、もっと強力な政策をとると宣言していますが、なんと、インターネット規制をあげているのです。

これからももっともっと一般国民を弾圧するということです。言論弾圧です。

 

これについて、パメラ・ゲラーの記事で、ジハードを多くすれば、よりイスラム法支配が増えるということを書いています。

弾圧されるのはイスラムの危険性を指摘する自分たちではないかと述べています。

More jihad —> More sharia: Theresa May says the internet must now be “regulated” following London Bridge terror attack

 

メイ首相は、テロはイスラム過激思想によるものだとして次のように言っています。

私たちは、この思想が繁栄するために必要な安全な場所を与えるわけにはいきません。

その場所は、インターネットサービスを提供する大手企業が提供しています。

 

私たちは、民主主義国家の仲間たちと協力して、過激思想の蔓延やテロ攻撃の計画を防ぐためのインターネット規制について国際的に合意する必要があります。

 

イスラムテロリストは、インターネットではなくてコーランやモスクから思想を学びます。

 

インターネットはFAKEニュースや洗脳ばかりの従来型メディアでは伝えない真実を伝える唯一の手段です。

 

どうしてこういうテロを利用して言論弾圧をするのでしょうか?

 

私たちの国でも、朝鮮人たちの悪行三昧をメディアが伝えず、インターネットのおかげでようやく正しい情報を得られるようになりました。

そうするとすぐにヘイトスピーチ規制法が作られて、まともなデモも妨害され、そういう風潮に後押しされて、最近でも百田尚樹氏の大学での講演が潰されました

 

イスラム移民を呼び込む西欧、移民受け入れ加速中の日本、これらのリーダーたちは、本気で原住民を潰しにかかっているのではないかと思えてきます。

 

リーダーが国家を私物化して売国すれば、その下の者たちもどんどん乱れていきます。

 

日本でも最近愛知県警が金塊強盗犯に情報を漏らしたとしてニュースになりました。

情報漏えいって言っていますが、「共犯」というのが正しいと思います。

警察が信用できない国は必ず治安が悪くなります。

日本もどんどん、国家を私物化する政治家だけでなく、治安の面でも途上国化です。kachin#*

治安維持当局が、犯罪者と共犯だったり、市民の敵と組んでいれば治安維持は出来ません。

 

侵略者側の行動がエスカレートすればするほど、それに抗う原住民たちを政府がより厳しく弾圧する、私たちはいまそういう時代を生きているのです。

 

西欧諸国がトランプ大統領を嫌い、シージンピンを同志として徒党を組むわけです。パンダ残念

 

 

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター