記事一覧

韓国は未来志向だから慰安婦を言い続ける。日本は外国頼みだから中韓が世界中で日本を中傷する。

日本国憲法の前文には以下のような文言があります。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。

 

このせいかどうか知りませんが、日本人は外国人からの指摘には脊髄反射でうろたえます。

 

だから中国や韓国は、関係のない第三国を巻き込んで、世界中に日本人の悪口を言いふらしているのです。

外国の気分一つで運命が決まると自分で言っているから、そういうことをされるのです。

 

世界には、ここまで諸外国のご機嫌を伺う国はないのです。

でも悲しいかな、みんな自分と同じだと思う日本人は、こういうこと左下矢印を臆面もなく言うのです。

日韓合意を反故(ほご)にする行為は、国際社会から「韓国は国家間の約束も守れない野蛮で恥知らず、信用できない国」と位置付けられる。日韓合意の後ろ盾となった米国の顔にも泥を塗る行為であり、~ZAKZAK2017.05.13

 

国際社会がどうだとか、米国がどうだとかではなく、自分がどう思うかということをもっと強く出さなくてはいけないのです。憲法のせいですかね~。パンダ残念

それに私は外国で、韓国人がこのことで白い目で見られているという事実に遭遇したことはありません。それどころか、年々日本の地位が低下して、その代りに中国や韓国がその分を奪っている事実はよく目にします。TV放送、外国語の表示、彼らの方が優遇されている気がします。日本人が特別人徳に優れているとは思いませんが、それがあっても、そんなものは「何の腹の足しにもならない」のです。

黙っている者が損をする、黙ることは美徳でもなんでもなく無視してくださいという合図です。

 

韓国の新政権は、「未来志向的な新たな合意で現状を打開しなければならない」と述べて、

「慰安婦合意問題は破棄や再交渉ではない『第3の道』が必要だ」という方針のようです。(共同通信

 

韓国はいつも未来志向なんです。未来をより良くするために過去を引っ張り出して日本を攻撃しているのです。日本を永遠に抑えつけておこうという未来志向のためにこの問題は利用され続けます。

 

安倍首相は自ら日韓基本条約を一部破棄して、条約を破棄できるということを韓国に教えてあげました。嫌がっている顔

一度出来たことはこれからも出来るのです。未来志向で考えると、こうなるのが当然です。

日韓慰安婦合意に反対だった人達は、最初からみんなそのことを言っていました。

私たちを蟻地獄に誘い込んだのは、韓国ではなく、ほかならぬ安倍首相です

 

日本も日本の国益を考える首相を選出して、一緒に前回の慰安婦合意を破棄したらいいと思います。

破棄したら、残るのは日韓基本条約です。

 

日本併合前の朝鮮半島の様子、韓国人が韓国にした非道な事件、韓国人が日本で行っている売春を一斉摘発して大々的に報道、とにかく韓国のメンツが潰れるように徹底的に報道・・・といいたいのですが、NHKを筆頭にマスコミが韓国人に乗っ取られています。

 

日本政府はNHKを潰して、政府広報を総務省の中に作って公務員がニュースと災害報道など必要最低限のTVとラジオを流すようにすればいいのですが、それもせず、現在NHKを必死で庇って温存を図っています

 

このような状況下にある日本は、異様なことであり、韓国人に寄り添う内閣だからできているのだと思うべきです。

民進や共産は、国民が怒るようなレベルで中国や韓国にあからさまに寄り添っています。

自民が政権を握っているのは、中韓に反対だからではなく、寄り添い方が狡猾で国民に気づかれずにできることが、朝鮮人支配のメディアや企業から頼もしく思われていることが理由です。

 

韓国の言い分が(日本の気にする国際社会で)通用してしまうのは、この手の馬鹿な話にほとんどの人は関与しないのに、関与する限られた人は中韓の息のかかった者たちだけだからというのがあります。彼らは中韓の政府の庇護を受けています。

 

もう一つは、日本の側に立って関与しようという奇特な人がいても、その人を日本政府が守らないからです。

このことだけでも今の日本政府が本当は韓国や中国寄りであることがわかるはずです。

これが言い過ぎだとしたら、日本政府がクソまじめで、駆け引きが出来ず、グローバル社会に全く不適合の無能政府だということになります。

 

ラ・フォンテーヌ 狼と子羊イル・サンジェルマンの散歩道さまから引用)


強者の理屈がいつも正しい。 
それはじきに明らかになるだろう。 


1頭の子羊が、澄んだ流れのなかで 
渇きをいやしていた。 
飢えをなんとかもちこたえた狼が そこに導かれるようにたどり着いた。 
「おれの水を濁らせるなんて、どうしてそんな厚かましいことができるんだ?」 
狼は怒り狂ったように言った。 
「おまえのような無礼なやつは、懲らしめるしかない。」 


子羊は答えた。 
「おおかみ様、怒らないでください。 
私が川に来たのは、ただ渇きを癒しに来ただけだということをご理解ください。 
それにわたしはあなたから20歩以上も川下ですから、 

あなた様の水を濁すわけがありません。」 


「おまえはおれの水を汚した。」残忍なこの獣は繰り返した。 
「それに1年前、おまえはおれの悪口を言った。」 


「どうしてそんなことができましょうか?私は生まれてもいないのに。」 
子羊は続けた。 
「それに私はまだ、母親の乳を飲んでいるんです。」 


「もしおまえでなかったら、おまえの兄弟にちがいない。」 


「私は知りません。」 


「じゃあ、おまえのところの誰かだ。  
おまえたちはおれのことを、少しも大切にあつかわないからな。 
おまえたちの羊飼いも、おまえたちの犬も。 
おれにこう言ったやつがいる。おれが仕返しをしても当然だと。」 


そのあと狼は、森の奥まで子羊を運び、 
有無を言わせず喰ってしまった。 

 

 

国際社会は、馬鹿正直に相手をするような相手ではないのです。信頼もしてはいけません

「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意」

という主体性のない者はバカにされて、ただ、敗けるのです。

世界中に好かれたいからと中国と競ってお金をばら撒いても、それはばら撒かれた方に漁夫の利となっているだけで、そういう争いが有難いという諸国民も多いのです。

 

日本人はお金を配りながら馬鹿にされている事実を知りましょう!

 

グローバル社会が何たるかもわからずに、口だけでグローバル、グローバルと叫ぶ、人買いや人入れ稼業の使いっパシリが国を治めている日本の現状が、北や中国の存在以上に、最大の日本の脅威となっているのです。はこ怒る

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはバックアップ用でコメントは受け付けていません。
アメブロ版(お気に入りから行けます)へお願いします。
操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク