記事一覧

カタール政府がスウェーデン第三の都市マルメに北欧最大のモスクを建設!

以前のブログ記事で、「スウェーデンはリセットして新しい国に生まれ変わろう」と政府が呼びかけていることを紹介しました。

スウェーデン人よ!この国は難民の避難場所だ。移民様に原住民も歩み寄れ!国家はリセットだ!by政府←政府系のTVCMは現在削除されています)

 

多文化共生原理主義者たちのグローバル化というのは、

一旦世界地図を白紙にして、個人で好きなところに住みましょうということです。

 

バリバリのグローバリスト安倍首相も言っていますよね。(←過去記事)動画は7秒です。

https://www.youtube.com/watch?v=XjZbT9p94f4

 

簡単に言うと、領土の分捕り合戦を始めましょうということです。

 

それなのに、多文化共生をこういう絵左下矢印のように考えている人が多くないでしょうか?

  イスラムパトロール

左図には、今後世界最大の人口になると予想されるムスリムが抜けているので右隣に付け足しておきました。)

 

元からいた人が圧倒的に有利ではないかというのは間違いです。

元からいた人が住めない環境、でも侵略者には住みやすい環境、これで乗っ取れるのです。

 

清流に住むカジカという魚がいますが、多文化共生を強制されて、ナマズさんとか、フナさんとか、ピラニアさんのために、泥水を入れられたらどうなるでしょうか?叫び

 

移民は空間ごと、社会ごとやってくるのです。単体で来るのではありません。

 

毎日大量のアフリカ人が不法入国しているイタリアで今、サッカーでの人種差別が酷いと言ってメディアが大騒ぎして取り上げています

でも、これは、ポリティカル・コレクトネスで何も言えない人たちが、サッカー場で憂さ晴らしをしているような側面もあると思います。

 

スポーツを利用して多文化共生をしたいグローバリストですが、同時に、スポーツをこういう層の憂さ晴らしに利用しているところもあるわけで、この人たちがサッカーではなくて政治に興味をもって騒がれる方がもっと困るのです。

グローバリストたちは、この辺の兼ね合いを今後どうしていくのでしょうね?

 

自分の町が誰かに乗っ取られていくことは、すごいストレスです。

外国人が来て秩序が戻り、町が綺麗になり、よいことがあるというならまだしも、全部逆、嫌うのも当然でしょう。

特に違う価値観を持つイスラムは、特別を要求して自分ではなく周りを変えていきます。

彼らは生活空間ごと変えるため、実体として、領土を虫食い状態に奪うのです。

 

そのイスラム教には、Awqaf(ワクフ)というものがあります。

簡単に言うと寄付で、それはアラーに所属します。

ですから、寄付したものは永久で、取り消し不可能で、相続や販売もできません

イスラム諸国には、ワクフを管理する国家機関が存在しています。

 

スウェーデンのマルメに、カタール政府がワクフとしてモスクを建設してしまいました。

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-

Ministry of Awqaf Opens Largest Mosque in Scandinavia  May 03, 2017 QATAR NEWS AGENCY

 

   

 

カタールのワクフとイスラム省は、スウェーデンマルメにUmm Al-Mu'minin Khadijahモスクをオープンさせました。

 

モスクはカタール政府が3百万€(3億7千万円)以上のお金を出して建設したもので、スカンジナビア最大です。

 

モスクは、スウェーデンにある“スカンジナビアのワクフ”と連携していて、1791㎡、礼拝者2千人を収容できます。

“スカンジナビアのワクフ”ビル4階建ての、1階と2階がモスクになっています。

モスクは特別な支援を要する人のための設備も備わっており、子供と女性のための施設もあります。

 

オープニングセレモニーには、地元自治体の代表、スウェーデンとデンマークのイスラム協会の代表と多くのビジネスマンが出席しました。

 

マルメはスウェーデン、スコーネ県で最大人口の県庁所在地で、スウェーデン第三の都市です。

そこには多くのイスラム教徒が暮らしています。

波線END

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-

 

カタールというのは人口230万人弱、そのうち外国人労働者が9割近くで、自国籍は30万人ほどです。

外国人労働者を奴隷のように扱うことで有名で、イスラム教が国教の国です。

サッカースタジアムの建設ではすでに三ケタの死者を出しています。)

女性メイドへの虐待も酷く、よく問題になっています

カタールは、サーニー家の首長国であり、首長は「父から息子への政権継承」が法律で明文化されている民主主義とはほど遠い国です。

wikipedia、外務省HPより)

 

先ほどの記事の補足をBREITBARTから抜粋します。

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-

Qatari Government Opens Mega-Mosque in Malmö, Sweden by JACK MONTGOMERY5 May 2017

 

カタールは広くシャリアが基本の体制で、絶対君主制国家です。

 

特に、ヒラリークリントン元国務長官から何度もイスラム過激派の資金源であると批判されてきた国です。

「イスラム国とその地域のスンニ過激派集団への秘密資金と物資供与をしているサウジアラビアとカタール政府に圧力を掛けるため、我々の外交的で、より伝統的な情報網を使う必要がある。―2016年のウィーキーリークス―」

 

調査を行ったテレグラフも2014年に、カタールがトルコを仲介して、リビア、イラク、ソマリアのイスラミストに資金供与をしたことを非難しました。

 

隣国サウジアラビアに赴任していた前ノルウェー大使Carl Schiøtz Wibye氏は、「ヨーロッパ諸国は財政支援、文書、説教師が酷いことを言っているオンラインビデオなど、それがどこからのものでも、地域への影響を排除しなくてはいけません。そのためには、外国からの宗教関連施設への財政支援の禁止もひとつです。」という提言をしています。

 

そしてさらにこう付け加えています。

「すべての説教師にノルウェー語で話すことを要求すべきです。そうすれば、イスラムコミュニティで何が行われているのかもっとわかるようになります。」

 

マルメは大規模なイスラム教徒の移民流入で、薬物犯罪、銃犯罪、過激派の温床になってしまいました。手榴弾攻撃の常態化は、より多くの人へのテロ攻撃の可能性を与えることになり、とりわけ憂慮させる特徴となっています。

 

引退した警察幹部によると、コペンハーゲンとの橋ができたことで、治安が悪化したということです。

「マルメはスカンジナビアへ入る要所となり、薬物、武器、人などがどんどん流入しました。

シェンゲン協定のために国境管理は許されなくなり、何が起きているのか監視することは出来なくなりました。」

~後略

波線END

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-

 

日本にもモスクがたくさんあるようです。

相互主義から見てもおかしいですよね。

そのうちとんでもないことになると思います。

 

それから、橋について、外国と繋がることは便利だけではないのです。

日韓トンネルというおぞましい話を聞いたことがありませんか?

ロシアと北海道を繋げる話もあります。

 

安倍首相は2013年トルコで日本の支援で出来た鉄道の完成式に出席してこう言っています。

「さあ、次は東京発イスタンブール、そしてイスタンブールからロンドンにつながる新幹線が走るを一緒に見ようではありませんか!!」 (産経

 

怖すぎ”!叫び 悪夢としか思えないんですが・・・えーん

 

グローバリストは国境の開放を好みます。

泥棒は家が無施錠であることを好みます。

 

中国の土地を日本人は買えません。

日本の土地を中国人は爆買いしています。

 

おかしいことばかりなんで、もう慣れっこになりましたか?aya

 

 

~関連記事~

 

イスラム教徒が領土を拡大中! 難民には難民自身の文化地域に留まらせる対策を!

 

アラブ諸国は石油が枯渇したら欧州へ移住するつもり?そのために移民を送り欧州イスラム化を推進中!

 

 

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター