記事一覧

来日外国人犯罪の検挙状況(平成25年)6(国別:韓国、ブラジル、ナイジェリア)

続いて、韓国、ブラジル、ナイジェリアを見ていきます。資料 23頁からです。



国籍別総検挙件数


国籍別総検挙人員


韓国人犯罪


総検挙件数では19年を、総検挙人員では18年をピークに減少傾向にあり、25年中の韓国人の刑法犯検挙人員はベトナムの半分近くまで減少し、中国、ベトナムに次いで3番目となった。


注意もう一度言います。日本には韓国朝鮮人は53万人います。この統計資料に含まれない在日韓国朝鮮人は44万人です。政府の姑息な朝鮮犯罪者隠しによって、たったの17%しか対象になっていないのです。

それで、堂々3位というのはすごいです。2割以下の人間だけで刑法犯の犯罪者の数が3位です。

みんなを対象にすればすごい数になるんでしょうね!


刑法犯で見ると、中国人の場合は単独犯と共犯とが半々くらいですが、ベトナム人は平成24年に単独犯が42.2%だったのに対して、平成25年に61%に増えています。それだけ日本に定着して動きが自由になったのでしょう。

韓国人はどうかというと、平成24年に41%だった単独犯が平成25年には83.8%です。自由に闊歩するさまが目に浮かぶようです。


注意これは犯罪者にハングルで道案内をするようになった日本社会が招いたのではないでしょうか?急激にハングル表示が増えたころと重なります。


在日韓国人は日本語読めるでしょう。半島の韓国人も一定以上のレベルなら英語ができますからローマ字が読めます。もっとレベルが高いと漢文も読めます。


日本の土地でどうしてもハングルが必要な人とはハングルしか読めない朝鮮韓国人です。

そういう人が日本で何しているかというと・・・犯罪しか思い当りません。


ハングル表示も「犯罪インフラ」の大事な一つなんですね。なるほど


特徴的な動向
韓国人犯罪グループは、日本と韓国とが地理的に近く移動時間や移動経費の負担が小さいなどの地の利を生かして、正規滞在者を頼って来日し、その支援を受けながら短期間のうちに入出国を繰り返しながら犯行を重ねる「ヒット・アンド・アウェイ」型の犯罪を敢行している。

これらグループは韓国人のみで構成する場合が多く、明確な任務分担と首謀者による指揮統制によって、組織的・計画的に犯罪を敢行する場合が多い。
過去には、通貨の偽変造、武装すり団や組織的な集団密航事件等の検挙もみられたが、最近では、正規滞在者から宿泊場所や犯行車両の提供といった支援を受けながら、犯罪を敢行するケースがみられる。また、偽装結婚や地下銀行事件等の犯罪インフラ事犯の検挙が目立っている。


日本人犯罪者(暴力団員等)との関係
韓国人犯罪グループは、基本的には韓国人のみでグループを構成して犯罪を敢行する場合が多いが、日本人に帰化した者や正規滞在者を介して、暴力団関係者とつながりを持つ者もいる。
最近では、違法風俗店等を営んでいる者が、暴力団員にみかじめ料を支払っていた事例を検挙している


日本人財界人、政治家との関係っていう項目も必要だったりして・・・べーっだ!

韓国朝鮮人については、もう国家が犯罪者の元締めですから、そこに経済界や政治家がつながれば、日本からなんだって奪い取れるような気がします。


竹島、仏像だけではありません。技術も、ねつ造慰安婦を広め日本の名誉も、正しい日本の歴史もなんでも盗んでしまいます。このままでは日本の未来も盗まれそうな勢いです。


こんな目に遭いながら、まともに反撃しない日本政府もなんか胡散臭い犯罪者たちと繋がっているんじゃないかと思っています。怒る



ブラジル人犯罪


ブラジル人による刑法犯検挙件数の90.0%を窃盗が占めており、そのうち42.1%を自動車盗等の乗り物盗が占めている。また、強盗は、来日外国人全体の検挙件数の19.5%を占めており、その割合は来日外国人の中で一番高い

~中略~

20年から24年にかけては、ブラジル人の在留外国人数の減少もあって、刑法犯の検挙件数・人員共に減少傾向にあった。

~中略~

過去10年間の平均(検挙件数4,272件・同人員807人)と比較すると、25年中の検挙件数2,270件も平均を下回り、検挙人員393人は、平均の半分にも満たない状況にあり、長期的に見ると引き続き減少傾向にあることに変わりはない。


ブラジル人による刑法犯の検挙人員を在留資格別に見ると、「定住者」(構成比79.1%)が最も多く、次いで、「日本人の配偶者等」(同13.5%)の順となっている。なお、不法滞在は2.0%と他国と比較すると非常に少ない。


特徴的な動向
平成2年に施行された改正入管法により就業活動に制限のない「定住者」の在留資格が新たに創設されたことに伴い、日系ブラジル人三世等に対して「定住者」の在留資格が付与された。
これを契機としてブラジル人の入国者が増加し、19年末には外国人登録者数は約32万人まで増加した。しかし、その後の日本経済の悪化によりブラジル本国への帰国者が増加し、20年以降は同登録者数も減少傾向にある。


ブラジル人犯罪グループは、金銭的に困窮した者日本の生活に適応できない一部の素行不良者が中心となり小規模で構成され、首魁を頂点としたピラミッド型ではなく、日本人を含むその他の外国人等で利害関係が一致する者と離合集散を繰り返しながら犯行に及ぶという特徴を有している。犯行地域は、関東・中部地方が中心であり、窃盗が全刑法犯検挙の9割を占めており、大半が、自動車盗、車上ねらい、部品ねらい等の自動車関連の犯罪で占められている。

ブラジル人犯罪グループは、自動車盗において実行犯を担当する場合が多く、窃取した自動車の搬送や解体等は別のグループによって行われている。ブラジル人がヤードを経営したり、窃取した自動車をブラジルへ輸出する例もほとんどみられない。
最近では、イモビカッター(盗難防止装置を無効にする装置)や、スマートキーの機能を悪用してエンジンを始動する装置を使用し、短時間で車両を傷付けずに盗み、車両を搬送する際には偽造ナンバープレートを取り付けて追跡捜査を困難にするなど、その手口は悪質かつ巧妙化している。


注意ブラジルだけでなく、南米は貧富の格差も大きく残酷な犯罪が多いです。この資料を読むと車の窃盗団として実働部隊のような動きをしていると書いてあります。そのあとの頭を使う地道な(?)作業は関与していないということですが、犯罪現場に出くわしたら何をされるかわからないのである意味怖いです。


それにしてもベトナムといい、ブラジルといい、定住資格を与えるのは考え物です。

金銭的に困窮したら退去させないといけません。日本の生活に適応できないなら、生まれた故国へ帰れと言いたいです。


こういう人間たちの行き着く先はホームレスか犯罪者です。

いつから日本は世界のチャリティー国家になったのか知りませんが、生活保護という選択肢は外国人にはありません。政府ができるのは国外退去だけです。

犯罪者が増えるのが嫌だったら外国人にも生活保護をというならば、それは国民を脅していることになります。

人数が少ないうちはまだ気にしない人もいるでしょう。しかし、政府の方針ならどんどん増えていきます。一度認めたら廃止できないのが日本の悪いところで、どんどん既得権益化して外国人が堂々と「金くれ!」というようになります。認めないと暴動です。こんなことが平気なのが外国人です。


外国人は祖国を見れば性質がわかります。少ない人数の時にはおとなしくしていますが、仲間が増えたら途端に本性をむきだしにしてきます。そういうことに免疫がない日本が欧米のよう移民を入れるなんて向いていません。

格差が激しい社会で下層階級の時に穏やかで良い人だったのに、階級を上がるとどんどん横柄になることは、そういう国に住んだことがある人なら知っている人は多いと思います。


下層階級の人は良い人というのは大間違いです。押さえつけられて横柄にできないだけです。

その国の有様がその国の人間を物語っています。幻想を抱いてはいけません。


日本人の世間知らずが外国人犯罪を誘発していることもあると言いたいと思います。



ナイジェリア人犯罪


ナイジェリア人による犯罪の割合は、刑法犯と特別法犯を合わせた来日外国人全体の総検挙件数の0.4%、総検挙人員の0.4%(刑法犯については検挙件数の0.5%、検挙人員の0.4%)となっている。


ナイジェリア人による刑法犯の検挙人員を在留資格別に見ると次表のとおりである。「日本人の配偶者等」(構成比72.7%)が最も多く、次いで「定住者」(同9.1%)の順となっており、「留学」や「短期滞在」の検挙はない。


ナイジェリア人による犯罪は、総検挙件数・人員は、来日外国人犯罪全体に占める割合は高くはない。しかしながら、海外への不正輸出を目的とした組織的な自動車盗事件やマネー・ローンダリング事件等、海外の犯罪組織との関係がうかがわれる


注意平成25年のナイジェリア人刑法犯は22人、うち「日本人の配偶者等」が16人、「定住者」が2人、不法滞在が2人です。


確かに人数も件数も少ないですが、ナイジェリアはアフリカの大国で、日本人が溶け込んで住むのは困難だと思われる国です。アジア人で互角に勝負できるのは、中国人や韓国人のような野蛮さを売りにする人達です。

世界を股にかけた犯罪組織があり、人身売買の赤ちゃん工場 など記憶に新しいと思います。

そういえば、互角に戦える中国も人身売買、臓器売買が盛んで、韓国も奴隷が今でもいますね。


今はナイジェリア人犯罪者が少なくても警察は警戒しているのだと思いました。

見た目が目立つので、いつまでも目立って犯罪がしにくいという雰囲気にしておかないと大変なことになると思います。


外国人犯罪を見ていて思うのですが、野蛮さと体格差で優位に立つ外国人犯罪者相手に、日本人に対するような警察の対応では警官の身が危険だと思います。

マスコミは拳銃の使用についていちいちバカみたいに報道していますが、拳銃を突きつけた職質などをしていかないと治安は守られないと思います。


警察官が安全に職務を遂行できる環境が、外国人も含めた犯罪の抑止力になります。

警察官を雁字搦めに縛っておいて、犯罪者と対峙しろとは、不道徳で不真面目な人間の発言だと思います。


続く




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク