記事一覧

日本人の楽しみを奪う外国人観光客増加政策。途上国型の観光立国を目指す安倍政権

中国人犯罪者(※)が日本中で跋扈する中、

安倍政権はもっと跋扈してもらおうと

ビザを緩和しました。ばかぁ

 

(※)【2016年上半期 外国人犯罪(刑法犯)国籍別件数、検挙人員 】三橋氏ブログから

 

※ごく最近報道された中国人犯罪には以下のようなものがあります。

中国人の女2人に逮捕状=明治神宮に液体-既に出国、指名手配・警視庁

ATM不正 逮捕の中国人「生活苦しくて」

泥酔男性のカードで20万円引き出す 中国人の女ら逮捕 東京・上野

僧侶のふりして「ハロー」観光客に数珠“売りつけ”

 

ビザ緩和は収入の多い中国人を対象としているようですが、彼らは偽造書類作成の天才なんですから、ネパールのような国からでさえも偽造書類留学生を大量入国させている(※)ような間抜けな日本政府が、偽造の天才中国人たちの書類を審査できるんでしょうか?はこ怒る

(※日本留学あっせんで書類偽造横行 沖縄タイムス記者がネパール現地取材 )

 

こういう政策は、中国人犯罪者に更なる“活躍”の場を提供しているだけなのです。

多分政府は知っていてやっているんでしょう。どこまでも売国奴ですからね。はこ怒る

一歩進んでビザなしとなっている韓国人は、すでに日本で犯罪者として大活躍中です。

坂東氏のHPから見られます。この本題からはずれますがとても面白いです、ぜひご覧ください。ネコの肉球

 

 

政府の政策誘導で自治体が中国人に助成金をばら撒いて日本に呼び込んでいます。ばかぁ

本当に必要?助成金バラマキで訪日中国人を誘致 JB PRESS)

 

1人当たり2千円とか5千円の助成金を出して中国人に来てもらっていますが、助成金とは税金から出ます。

そして、中国人訪日客が相手の旅行市場は、日本の旅行代理店はほとんど手が出せず、「各自治体の旅行代理店向けの助成金は、ほとんどが中国側に吸い上げられていると言ってもいい(ある自治体職員証言)」とあるように、中国側で完結するために日本は一部儲かる人がいても、迷惑部分の方が多いと思います。

「中国系の旅行代理店は、助成金がなければツアーが成り立たないところが少なくない」

という声があるように、日本人の税金で中国の旅行会社を助けているのです。ばかぁ

 

その上「4泊5日のツアーで3000元(日本円で約5万円)台は当たり前」日本の価値が低く

「中国人にとって、日本は“格安料金で行ける手軽な外国”という認識が浸透しています」という現地観光業者の声が紹介されています。はこ怒る

 

野蛮で金持ちでもない外国人を流入させ、日本人の楽しみを奪い日本の価値をますます貶める「インバウンドによる観光立国」は安倍政権の政策の目玉でもありますが、この路線は多くの国民が理解して支持しているのでしょうか?

観光立国とは、ほかに外貨獲得手段がないような途上国が金持ち外国人にお金を落としてもらうためにやるような政策です。はこ怒る

 

地方創生担当大臣が、外国人に媚びない日本人を「観光マインドがない」といって非難します。

観光マインドがない人間は日本人にあらず

おー怖!叫び 

地道な努力を続けているからこそ、観光に適した文化財があるのですが、そういうことが全く理解できないようです。あの内閣ならさもありなんですけどね。ばかぁ

 

そして、最近は何でもオリンピックに絡めて、そんなことでどうする?と怒られる風潮がありますが、外国人に媚びないといけないならオリンピック誘致するな!と思います。

元々私は反対ですし・・・rabbit*ハァ*

 

最近こんな記事を見ました。

「無法地帯だな」 中国人も欧米人もこぞって古都〝花見狂騒曲〟…恒例の夜桜ライトアップが中止に

 

さくら桜って世界中の誰が見てもその良さがわかるものだと思いますか?

 

日本にいると本当に桜が楽しみですよね。私もそうです。

厳しい冬の間、大きな木に咲く花はほとんどなく、木々も枯れているものが多いため、殺風景な景色です。

でも、正月を過ぎて梅や桜の木々に芽が出てきて、それが徐々に膨らんで、寒いながらも時々春の予感させる日があります。

そして、いよいよ花々が開くときに、「一緒に冬を乗り越えたね、これから春だね」という気持ちに私はなります。

雀などの鳥が花に来るのもとても好きです。自然界は厳しくて冬を越せない雀もいるのです。

 

やっと咲いても桜はすぐに散ってしまいますから、一層大事に想って愛おしくなることもあるでしょう。

出会いと別れの季節であり、情景が桜とともに記憶に残る人もいるでしょう。

それが、日本人が感じる桜だと思うのです。少なくとも私はそうです。

 

これはその時に外国からちょっと観光で来た人には理解できない感情で、それは当たり前なのです。

 

私たちのような桜への愛情もないまま、「ここに行ってきました~!」といって見せびらかすためだけに来ないでもらいたいです。

混んでないならまだしも、混んでいるんですから迷惑です。kachin#*

 

そして東南アジアの人たち、彼らには桜は地味です。

そこには冬はありませんが、世界中の先進国には必ず冬があるために、冬へのあこがれは強烈なものがあります。色白への憧れも強いです。

誰がどこで着るのか、「冬」にはショッピングモールに冬服が並び、一年中夏の国でこの時期あまり服を買えません。

日本へ行くこと、日本人が好きな桜を見ること、これを自慢材料に使う人もいます

 

私は自分が住んでいるところの花を好きになります。一緒に長い冬を乗り越えたり、一緒に暑い乾季を乗り越えたり、綺麗な一瞬の花の時期だけを見るのではなく、その木の一年を見て愛着もわくと思うのです。

 

だから、日本にある桜を愛でる優先権は日本人にあると言いたいです。

日本の自然は、外国人のための観光資源ではありません。

 

途上国のきれいなビーチを観光客が占領して、地元民が立ち入り禁止になっているところもありますが、外国人に媚びて、日本人に不便さを強い、我慢させるならば、そういう途上国型の観光立国しか政府が描けないでいることの証明になります。

 

 

観光産業はあっていいのですが、安倍政権の過度で異常な目標を掲げる観光政策は、

「これからグローバル化邁進でますます貧乏になるのだから、マナーが悪くて金持ちでない外国人でもありがたく思い、精一杯もてなせ!」ということであり、

「稼ぐ方法なら体があるだろ!売春でも、臓器売りでも、何でもして金を作れ!」

という国バージョンのように感じられます。叫び

 

外国人の“本当の”観光客というのは、そこに日本人がたくさんいて自分たちが少数だから楽しいのです。

中国人だらけ、韓国人だらけで日本らしさのない観光地になれば、まともな望ましい観光客は来なくなります。

 

庶民を底辺への競争に駆り立てるグローバリズム世界の観光産業は、“今”行きやすく安い場所に、低料金旅行者が殺到するだけの、一部の儲ける人以外には大迷惑以外の何物でもない「観光地荒らし」と化しているようです。

 

この観光について政府がどう考えているのかを次回紹介したいと思います。

 

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター