記事一覧

ハンガリー:政治があればできる! UNHCRがEUに対してハンガリーへの難民送還停止を要請!

私はハンガリーのオルバン首相を見るたび、「それに比べて・・・」と絶望的になります。えーん

自分たちの文明を守ることは戦うことなのです。自分を主張しなければ出来ないのです。

 

■□■□■□■□■□■□■□

 

オルバン首相はイースター特別版の新聞インタビューで、ハンガリー政府は圧力と攻撃を受け続けており、ハンガリー人のための利益を追求する議会と政府を選ぶのか、外国の利益を追求する議会と政府を選ぶのかという意味で、すべての選挙が大事だと語っています。

 

難民問題等でEUなどから非難され続けていることに対して、国際政治は「戦場」だと言い、

現在外国のNGOと大学の透明性を求める政策に対してEU、アメリカ国務省、NGOから非難されていることについては、これは第2の戦場だと言っています。

ジョージ・ソロスが出資しているハンガリー・ヘルシンキ委員会と中央ヨーロッパ大学を指す。彼はユダヤ系ハンガリー人でグローバリストとして難民の流入や各国政府への暴動を支援している。)

 

オルバン首相はジョージ・ソロスを過小評価出来ないとして、彼の活動遮断を目指しています。

(彼の所業はこちら右矢印オルバーン・ヴィクトルをノーベル平和賞に推薦する/ マスコミに載らない海外記事さまにも紹介されています。)

 

「私たちは平行社会も、人口交換も、キリスト教文明を他と交換することも望まない。だからフェンスを作り、自衛し、移民の洪水を認めないのだ。」とオルバン首相は言いました。

 

外部勢力との軋轢は、ハンガリーの主権を守るからこそ起きるのだとも断言しています。

Orban Easter Speech: ‘Battlefield Europe… Stop Mass Migration. The Future of Europe Is at Stake’ by VICTORIA FRIEDMAN16 Apr 2017 Breitbart )

 

何をされても言いなりでやられっ放し、「遺憾」 「受け入れられない」 「国際社会と協調」 「国際社会と連携」 と言うだけで空気のような存在となっているどこかの国とは大違いです。(日本の場合、国際社会=アメリカ、たまに韓国も)

サザナミインコ1ダークグリーンでも置いておいた方が可愛くてまだましです。punpun#*

 

以前にもいくつかハンガリーの記事を書いていますが、オルバン首相がどういうことを言っているのかはこちら下矢印でもわかります。

ハンガリー オルバン首相の感動的なスピーチ 「抵抗する時が来た!」

 

 

■□■□■□■□■□■□■□

 

ハンガリーは難民のバルカンルートの通り道となり、酷い目に遭った後、様々な手を打って難民流入を防いできました。

自国出身のグローバリストの権化ジョージ・ソロスとその仲間たち(国連、EU、NGOやメディア)からどんなに非難されようが、どのような妨害を受けようが戦ってきました。

 

UNHCRとは現国連事務総長グテレス氏も務めたところであり、彼の主張(=欧州には国境管理の権限がなく貧困難民の洪水を受けいれるべき叫び)はこちらの拙ブログ後半に書いてあり、国連=正義などという寝ぼけたことを考えていたら食い尽くされてしまいます。

 

今までの戦いの具体例をいくつか紹介すると以下のようになります。

 

上三角ジョージ・ソロスから資金提供を受けているNGO(ハンガリー・ヘルシンキ委員会)幹部の監査などを通じて、難民流入や暴動を扇動する彼の影響を根絶すると発表しています。

Hungary: Crackdown On Soros Subversion

 

上三角今年3月、すでにいる国境警察と軍に加えて、3千人強の"border hunter"と呼ばれる国境警察補助員の増強を計画していて、その第一陣を配置しました。宣誓式でオルバン首相は、ムスリム偽装難民を「トロイの木馬」に例え、(今おとなしくしている)難民の波がまた押し寄せてくるだろうと述べ自主防衛の大切さを話しました。

Hungary Deploys New Anti-Invasion Force

 

上三角既に国境沿いにフェンスを建設中ですが、さらにそれを補強するとして新たにスマートフェンス(イスラエルなどが設置しているハイテクフェンスのこと)の建設を表明しました。

Hungary Begins Construction Of New “Smart Fence” Border

 

上三角ジョージ・ソロスが設立したCentral European University (CEU) が閉鎖に追い込まれるかもしれない(というかジョージ・ソロスが標的)法案が通過しました。これは、ハンガリーにキャンパスを持つ外国の大学は、その大学の国籍国にキャンパスが無ければならないというもので、ハンガリーにしかないアメリカのCEUはそれに適合しません。これは現在もデモやEUの批判を受けているところです。

Hungarian PM Orban: Soros-backed Central European University has been 'cheating'

 

上三角今年3月、欧州人権裁判所は、2015年にセルビア経由でハンガリーに不法入国したバングラデシュ人2人が、3週間拘束されセルビアに送還されたことを不服として起こした裁判で、ハンガリー政府に、それぞれのバングラデシュ偽装難民に対して1万€(115万円)を支払うよう命じました。

これに対してハンガリーのオルバン首相は、「すべてが不合理で理解不能だ。国が自国の方を守って罰金を科せられるなんて」と言って払わないと言っています。

このバングラ人には、裁判時にジョージ・ソロスの“人権団体”ヘルシンキ委員会が代理人に付きました。

Hungary Won’t “Compensate” Invaders

 

まだまだあるでしょうが、とにかく国を壊す者たちと戦う姿勢を鮮明にしています

This year we must defend ourselves against five major attacks

 

 

■□■□■□■□■□■□■□

 

こういう政策の一環として、3月28日にある法案(後述します)がハンガリーで施行されました。

 

そのおかげで、ついに国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が、EUに対してハンガリーに対するダブリン協定の適用停止を正式に要請しました

(最初に入ったEUの国で難民登録をするというダブリン協定を根拠に、ハンガリー経由で来た難民をドイツやスウェーデンがハンガリーに追い返そうとしていることを指しています。シェンゲン協定境界国でもないドイツが境界国の意向を無視して難民を呼び込み、以前決めた協定の厳格化を今頃順守させようとしていること自体虫が良すぎると私は思います。)

 

(地図はBLOGOSから)

 

現在は、フェンスを越えた者は、不法外国人として犯罪者に区分され国外追放されています。

しかし、EUの規則では、ハンガリーには難民申請を受け付け彼らにチャンスを与える義務があります。

 

3月28日から適用となった新法とは、

ハンガリーで難民(亡命)申請する者はすべて、審査中の間レーザーワイヤーで囲まれた“container city”キャンプに収容される

というものです。

これで難民申請を受け付けるというEUのルールには合致しながら、その間勝手に出歩くことは禁じるということになりました。

 

UNHCRの4月7日の声明発表時点で110人の難民が収容されているということで、ハンガリーが欧州と国際的な基準に合わせる体制を取るまで、関係国に対してダブリン協定に基づくハンガリーへの送還を中止するように要請したのです。

(UNHCR提供:ハンガリー国境 トランジットゾーンで待つ難民たち、その後収容所に移されます)

 

オルバン首相は、難民はテロを起したり失踪したりするので、キャンプへの収容は必要なことだと述べています。

(※前出の地図を見てもわかるようにハンガリーは周りを安全国に囲まれていて、正しくは本当の難民はフェンスを越えて来ないということになりますが。)

 

今回のことは、政治にやる意思があれば難民流入を止めることができる証明になるのです。(UN: EU Must Not Send “Asylum Seekers” To Hungary 

THE NEW OBWERVER April 11, 2017

 

 

これも国民の支持がなければできません。

ハンガリーの国民投票が不成立だったことをもってオルバン首相の敗北という論調を張った大手メディアがありましたが、ジョージ・ソロスの妨害の中、実際にはこの国では高投票率であり、有権者の支持があるとわかります。その辺のことは拙ブログ記事に詳しく書いてあります。

 

他にいないという理由で最悪の政治家ばかりを選ぶのではなく、「支持政党無し」が9割くらいになれば、自然に第三の選択肢となる政党が出てくると思うのです。

 

「ハンガリー人のための利益を追求する議会と政府を選ぶのか、外国の利益を追求する議会と政府を選ぶのかという意味で、すべての選挙が大事(byオルバン首相)」

 

この文言はハンガリー人を日本人に入れ替えれば、そのまま私たちにも当てはまります。

 

 

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター