記事一覧

トランプ大統領の発言は勘違いで嘘ともいえない。スウェーデンでは日々の移民犯罪をテロとは呼ばない。

元祖FAKENEWSがトランプ氏の早とちりを偽ニュースと言って喜んでいますが、「昨日の事件」が「昨日のTVドキュメンタリー」だったことは、メインストリームメディアの悪辣さとは質が違います。

<トランプ氏>偽ニュース発信? 「スウェーデンでテロ」 毎日新聞 2/20(月)

 

言葉遊びをやめて、「昨日」ではありませんが、一週間前に起きたようなことを知らなくてはいけません。

下矢印

SWEDEN'S 'NO-GO ZONE' CRISIS: Three police officers injured after being ATTACKED by thugs  Feb 12, 2017 EXPRESS

ストックホルム郊外のRinkebyで夜11頃通常パトロール中だった警察官が20~30人の集団に囲まれて、殴る蹴る、ビンの投げつけなどの暴行を受けて、3人が怪我をして病院に運ばれました。

 

 

私は、トランプ大統領の勘違いより、毎日新聞のこの部分が気になりました。

スウェーデンは多数の難民を受け入れているものの、

ここ数年テロは起きていない。

 

日常的な小さなテロ攻撃に慣れ親しんで、自国の惨状が当たり前になってしまったのです。

政府の隠蔽と言論弾圧で子羊のようになってしまい、諦めが定着したのかもしれません。

(テロの定義や、日頃の大手メディアのテロ報道が偏向されていることはこちらの記事でご確認ください)

 

トランプ大統領が見たとされるFOXニュースのTucker Carlsonショーの番組が紹介されています。http://www.express.co.uk/news/world/768980/Sweden-cover-up-migrant-rape-violent-crime

内容は・・・

スウェーデンの現状を収めたフィルムを作ったジャーナリストAmi Horowitzが番組内で、移民の暴力は手を付けられない状況となっているのに、論議することすらポリティカル・コレクトネスにのせいで出来ません。

銃犯罪やレイプが増えていても、政府が“か弱い”移民難民の犯罪を隠すため、スウェーデン人は事実を知らされていません。

スウェーデンは人道主義のスーパーパワーだと自負していて、もっと国境を開けてもっと移民が欲しいと言っています下矢印ガクブル

スウェーデンは昨年16万人の難民申請者を受けいれて、たった500人しか働いていません。どうやって移民は生活しているのかと聞かれると、Ami Horowitzは笑いながら「気前のよい住宅手当、教育、現金支給を受けて、NO GO ZONEになっていっています。」と答えていて、こういう話しをTucker Carlson(左)が信じられないという顔で聞いています。rabbit*ハァ*

 

 

スウェーデンは、警官の8割が辞職を考えていて毎日3人が辞表を提出して、55地区もの警官が入れないNO GO ZONE(国が統治できない領土)があるのです。

 

欧州の中で、人口比率で最も多くIS戦闘員を抱えている国の一つであるスウェーデンは、ISに参加して帰ってきたムスリムにはご褒美をあげて再生活をスタートさせる自治体もあります。政府がクリスマスの電飾を禁止したのも、理由がおかしいのでムスリムの心情に配慮したと見られています。

 

国家が今までの国をリセットして、移民難民の住処として開放すると宣言しています。

国の歴史、先祖の偉業、言葉、文化、全部を移民に歩み寄るよう求めています。

最近では、「新しい標準スウェーデン語」といって、移民が疎外感を抱かないように、彼らの言語訛りをスウェーデン語に取り込むことを始めました。ばかぁ

 

また、ただでさえ高額な税金を移民のために上げる必要があるかもしれません

社会保障費と税金を合わせた「国民負担率」スウェーデン58・9% 日本43・4% クリップ参照

スウェーデンでは、移民の半分職を得るのに平均で9年間かかっていることが国の報告書でわかりました。女性の移民は更に酷いということです。

スウェーデンという国は、全員が働いて高額な税金を納めることで機能しているので、不労者(実体は移民)が増えるとシステムは維持できないのです。

(今でも給付を減らしたり、民間医療保険に入る人が増えているなど壊れつつあります)

国会議員らからも、移民が労働市場に参加することと犯罪と戦うことの声があがっていて、あるシンクタンク(British think-tank Demos found)は、国民がスウェーデン文化の消滅を恐れて、移民賛成から反対に変わってきていると分析しているようです

 

 

苺畑よりさまも、スウェーデン警察官の内情告発について記事を書かれています。ネコの肉球

スエーデン、移民による犯罪実情を告発した警察官、ヘイトクライムで捜査対象に

 

実は私も同じ感想を持ちました。

“スウェーデンが完全に占領下にある”ということです。

祖国を取り戻そうと一般国民が立ち上がった時に、

治安当局が政府に背いて国民を弾圧しなくなったならば、

内戦となって何かが変わるのではないかと思います。

(メディアが事実を淡々と報道すれば、もっと上手く軌道修正していくことが出来るのですが・・・kachin#*

 

スウェーデン内閣は自身を “first feminist government in the world”だと宣言しましたが、

イランに行った時にはこんな感じでした。下矢印

 

Walk of shame: Sweden’s “first feminist government” don hijabs in Iran UN WATCH

 

“郷に入っては郷に従う ”なのでしょうが、自分たちの国はそれを求めていません。

スウェーデンに住むイスラム教徒は、“郷に入っては郷に従え”とは思わず、

やっぱり、イスラムが世界で一番偉いんだ”と思ったことでしょう。ゲラゲラ

 

“グローバリストは自分が無くなり、ナショナリストには自分がある”

まさに移民を入れた欧州が味わっていることの縮図に見えるのは気のせいでしょうか。

 

内閣24人の閣僚中、12人が女性ですが、男女平等と言いながら、公務員という恵まれた楽な仕事に女性が多くいる(公務セクター7割以上が女性。そのため住民当たりの公務員数が日本よりずっと多いのも、多文化主義、ジェンダーフリー原理主義国の特徴です。

ジェンダーフリーは、弱者の女性を男性の犠牲の上に平等化するため、事実上の女尊男卑だと思います。

上矢印机上の空論社会)

 

また、イスラム教徒の男性が、イスラムの国でも、非イスラムの欧州でも好き勝手にしていることを見ると、

結局、男性が主導権を握る民族が、男尊女卑の国でも女尊男卑の国でも強いことがわかります。

上矢印力がものを言う社会)

 

悲しいですが、非常時には、「力がものを言う社会」の方が勝ちます。

テロは人を服従させ、そのテロを止めさせるのも最終的には武力が投入されます。

「机上の空論社会」と「力がものを言う社会」、どちらも極端なのですが、片方の行き過ぎが、バランスをとるようにもう片方の行き過ぎをもたらしているような気がします。

 

もちろん男女平等の権利があることは当然です。

しかし、

個人差があるので完全に男女の職場や役割を分けることはないのですが、両者の自然の違いを無視して、何でも同数、何でも一緒というのは、それも一種の過激派です。

 

わざわざ頼りない女性を軍隊の最高指揮官にするとか、移民を自国民より優遇するとか、不自然なことをやり過ぎると、必ず社会にはひずみ、軋轢が生じます。

どんなに言論弾圧しても人心が付いていきません。

そして、それは国家の弱体化につながるのです。

 

グローバリストや多文化主義者たちが望んでいることを思い出してください。

国家の消滅と人々の奴隷化です。

 

これに抵抗しているからこそ、トランプ大統領は徹底的に攻撃され続けているのです。

 

追記:

こういう記事がありました。ご参考まで!

トランプ「スウェーデン」発言騒動 不正確な引用はメディアの信頼揺るがす
楊井人文  | 日本報道検証機構代表・弁護士 2/21(火) 17:01

 

日本のメディアが「 」(引用符)をつけて人の発言を引用している形をとりながら、記者が発言の趣旨を解釈・忖度し、さざまざな手を加えてしまうことが、ほぼ常態化している~
ニュースをありのまま正確に伝えるという原点に立ち戻るべき~

 

という趣旨のことが書いてあります。

今回もトランプ大統領の発言を勝手に捻じ曲げたということのようです。

 


 

 

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター