記事一覧

来日外国人犯罪の検挙状況(平成25年)1(外国人犯罪なのにここにカウントされない不公平)一部訂正

今月警察庁が作成した資料「来日外国人犯罪の検挙状況」 が公開されています。82ページあります。

ぜひご自分でお読みになることをお勧めしますが、私も自分でわからないことを勉強しながら何回かに分けて少しずつ書き出していこうと思います。


冒頭いくつか注意書きがありますが、大事な内容を1つ書き出します。

本資料の「来日外国人」とは、我が国に存在する外国人のうち、いわゆる定着居住者(永住者、永住者の配偶者等及び特別永住者)、在日米軍関係者及び在留資格不明者を除いた外国人をいう。


日本に住んでいて活動の制限がない外国人を以下の3つに分けてみます。すべて外国籍です。


「定住者」「来日外国人」としてカウントされます。どういう人を指すかというと、日系人やその配偶者、定住者の実子、日本人や永住者の配偶者の実子(いわゆる連れ子)、日本人や永住者・定住者の6歳未満の養子、中国残留邦人やその親族などがあります。そのほかに、日本人や永住者と離婚または死別後、引き続き在留を希望する者や日本人との間の実子を扶養する者などがあります。

この後出てくる在留資格別犯罪者の中で「定住者」という言葉が出てきます。


「永住者」は上記の定住者なら5年以上日本に滞在していること。普通は10年以上の滞在が必要ですが、高度人材は5年とか永住者・特別永住者の配偶者は婚姻3年+1年とか、その子供は1年とか、難民は5年とか素行のよい(?)法務大臣が許可したものがなることができます。


「特別永住者」は終戦まで日本国籍者だった人が終戦後日本に残って住んでいることになっていますが、実際は半島から密入国のように入り込んだ人が多数います。最初は2代までだったのが、なぜか3代目以降も認められるようになりました。


この永住者と特別永住者は日本人にカウントされていて(←※訂正箇所 ここ正確にはわかりません。過去に国籍別の統計が出ていますが、現在日本乗っ取り犯たちの地道な活動により正確なことを警察庁が公にしないようです。ご存知の方がいらしたら教えてください。お願いクマ)実際犯罪を犯しても日本人みたいな偽名で報道されたり、統計の資料も簡単に見ることが出来ません。それにこれは検挙であって検挙できない逃げられている犯罪は含まれていませんので、外国籍保持者の犯罪はこの統計よりもっともっと多いのです。 プンプン


今移民を入れると政府が言っていますが、すでにいる移民がどの程度犯罪を犯しているのか、これは絶対に公表すべきだと思います。

移民を受け入れるのかどうかを決めるきわめて大事な検討資料になるからで、ここでも政府は河野談話と同じように、いい加減な操作された「証拠」から私達を被害者にしようとしています。


さてそれでは資料を見ていきます。

まず次のような文章があり、この後詳しい数字や分析がで出てきます。


はじめに


来日外国人犯罪の刑法犯と特別法犯を合わせた総検挙件数・人員は、近年減少傾向が続いていたが、平成25年中は、検挙件数、人員共に僅かながら増加に転じた。
今後も長期的には、国際犯罪組織が日本へ浸透するおそれがあるなど、来日外国人犯罪対策は我が国の治安対策を考える上で重要な事項であり、引き続き注視していかなければならない。
また、地下銀行、偽装結婚等の犯罪インフラ事犯を始め、国際犯罪組織の実態解明及びヤード対策にも注意を払う必要がある。
平成25年の来日外国人犯罪は
○ 国籍等別の検挙人員は、中国が最多で全体の約4割を占め、次いでベトナム、韓国の順
刑法犯検挙件数の約7割は窃盗で、窃盗の手口別検挙件数は侵入窃盗の約3分の2を中国自動車盗の約4分の3をブラジル万引きの約4割をベトナムが占める
留学の在留資格を有する者の検挙人員を国籍等別に見ると、過去5年で中国及び韓国が減少し、ベトナムが大幅に増加という特徴がある。
以下、来日外国人犯罪情勢について、その長期的・短期的推移のほか、犯罪インフラ事犯や来日外国人犯罪組織等の動向に関し、平成25年の事件検挙等を踏まえて概説する


続く

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク