記事一覧

中国軍艦に日本近海を堂々と通行させる安倍政権。他国に金をばら撒き連携を謳う前に自分で対処すべき!

中国軍艦が日本近海を堂々と航行できる根因
日本列島の海峡には「大きな穴」があいている

(東洋経済オンライン 安積 明子 :ジャーナリスト

 

詳しくはリンク先で全文確認していただきたいと思います。(リンク先削除の場合はこちら

どういう趣旨かというと、中国軍艦が日本の内海を航行できるのは、そこを特定海峡として、領海12カイリを3カイリに狭めてしまったからだということ、それを見直すべきではないかということです。

何か所か引用します。

 

今年1月10日、中国海軍のジャンカイⅡ級フリゲート2隻とフチ級補給艦が対馬海峡を南下したことが海上自衛隊によって確認された。これら3隻は昨年10月20日、大隅海峡を東航し、今年1月5日には津軽海峡を西航していたことが明らかになっている。まさに中国艦船がぐるりと日本の近海を巡っていたことになる。

 

<何度も日本列島周辺を航行>

こうした動きは、今になって始まったことではない。2015年12月~2016年2月にかけて、中国海軍のルフ級駆逐艦1隻、ジャンカイⅡ級フリゲート1隻とフチ級補給艦1隻が大隅海峡を東航したうえ、ドンディアオ級情報収集艦1隻も加わって対馬海峡を北上。その後、再度大隅海峡を西航し、種子島沖を進行したことが明らかになっている。ドンディアオ級情報収集艦は房総沖で往復航行していたことも確認済みだ。

 

「日本の領海に穴があいているような状態を放置すべきではない」――。民進党の緒方林太郎衆院議員は「領海及び接続水域に関する法律(以下領海法)」に規定されている「特定海峡」の制度を見直すべきだと主張する。

(ちなみに、私は緒方議員のこれ以外の政策には全部反対です。sei

 

昭和52年に制定された「領海法」により領海は基線からその外側12海里までとされましたが、 国際航行に使用されるいわゆる国際海峡である 宗谷海峡、津軽海峡、対馬海峡西・東水道、大隅海峡 の五海峡は特定海域として、同海域に係る領海は基線からその外側3海里の線及びこれと接続して引かれる線までの海域とされました。(海上保安庁HP

 

以下の図は、特定海域での領海の限界線を表示したものです。

濃青色は内水を、青色は領海を表しています)

 

 

 


 

なぜ日本の内側の海を、わざわざ領海を狭めて中国の軍艦が通れるようにしているのか?

政府は建前として次のような答弁書を出しています。

緒方氏が2015年2月13日に出した質問主意書に対して、政府は「海洋国家および先進工業国として、国際交通の要衝たる海峡における商船、大型タンカー等の自由な航行を保障することが総合的国益の観点から不可欠であることを踏まえたもの」と説明している。

 

しかし、商船、大型タンカー等の自由な航行を保障することが狙いであれば、何も公海(特定海峡)とする必要はない。領海内で認められる無害通航権でも十分だ。にもかかわらず、なぜ「特定海峡」を設置したのだろうか。

 

民進党の長島昭久衆院議員(元防衛副大臣)は次のように証言しています。

(元外務事務次官の)村田氏は核を搭載した米国艦船が5海峡を航行しても非核3原則で禁止される『持ち込み』に反しないように、政府があえて領海の幅を狭めたと証言した

 

すでに領海法制定から40年が過ぎ、日本をとりまく環境も激変した。中国艦船が近年、何隻も日本近海へ進出しているのはその結果だ。それでもなお、「特定海峡」を海幅3カイリのままにしておくことのメリット・デメリットを真剣に考えるべきだろう。

 

だが政府の腰は重く、菅義偉官房長官は1月13日の会見で「見直すつもりはない」と述べるにとどまっている。「それでは中国につけ込まれるだけ」というのが前述の緒方氏の主張だ。

 

これまで日本は『特定海峡』の間に公海を作ることで、問題から逃げていた。もっとも国際海峡について各国の実行の積み重ねがなく、不安定な部分もある。だからこそ、日本は正面から国際海峡制度に向き合い、制度整備を主導すべきだと思う」

 

以上のことからわかるように、日本政府のいつもの事なかれ主義、正面から向き合わない不真面目なごまかしが現在の状況を作り出し、どんどん酷くしていることがわかります。

この事例も、技能実習生や国民健康保険 クルーズ船の穴を犯罪外国人のためにわざわざ作っておいて、悪用されていることに似ていますね。政治資金規正法もそうですが、必ず悪人が悪用できるように配慮された法律ができるんです。自民党って不思議ですね。はこ怒る

 

 

中国の海洋進出について安倍総理はというと・・・

 

昨年9月には

安倍晋三首相「東シナ海を平和・協力・友好の海に」シージンピンに呼びかけました。

 

先週は

安倍晋三首相がドゥテルテ大統領と会談 南シナ海「法の支配や紛争の平和的解決を」 官民で5年間に1兆円投資

 

安倍首相がインドネシア南シナ海の連携強化で合意!総額約740億円の供与を表明、救難飛行艇US2なども輸出へ

 

安倍首相、巡視船供与を表明=南シナ海問題で結束-日首脳会談

 

遠くでお金ばら撒いて何してるんでしょうね rabbit*ハァ* ?* ばかぁ

 

まず、日本の海から中国を追い出す努力を

自分一人でしてください!SAYUコラ!

 

 

フィリピンは中国とはケンカしませんよ。

インドネシアの高速鉄道を忘れましたか、ここも中国とはケンカしません。

ベトナムは自分自身が隣国カンボジアの領海、領土を侵略中です。

 

安倍信者は外国首脳と協力を誓っただけで「すごい」というレベルで話になりませんが、メディアが褒め称えているのでしょう。

しかし、内外のまともな人たちからは、もうはっきり言って、「どうでもいい、気にしなくていい国、カネだけ出させておこう」という評価が付けられていると思います。パンダ残念

 

トランプ氏が中国に強硬だから、尖閣を守ってくれるというフェイクニュースが出回っているようですが、アメリカがどうしてそんなことするのか?するわけないじゃないですか。

トランプへの期待は禁物、米軍は尖閣にやって来ない 2017.1.19  北村 淳 JBPRESS

 

この記事内には、条約や戦争権限法などの説明がありますので、そちらを読んでいただくとして、この一文は素人でもわかることだと思います。

中国軍による尖閣諸島侵攻というシナリオは、日本にとっては「国土と領海を奪われてしまいかねない国家の最重大危機」であるが、アメリカにとっては「アメリカ国民の誰もが知らない東シナ海に浮かぶちっぽけな岩礁を巡って日本と中国が対立しており、とうとう中国が武力に訴えた」というだけのストーリーであり、アメリカにとっての危機と捉えられる類いの紛争ではない

 

自分が困った時に助けてもらうために他人と仲良くする、または仲間を作る人がいます。

これが今の日本政府にもあると私は思っています。

 

はっきり言ってそういうことは通用しません。

通用しないことを日本人全員が理解すべきです。

 

保守層によくあるのが、日本は好かれているとか、中国は民度が低いとか、韓国は嫌われ者とか、そのこと自体で盛り上がることです。

どーでもいいことです。それ自体は。そういうことで外国は判断しません。

中国は経済力だけでなく軍事力主体的に動くこと、これが恐れられて「評価」されています。

 

日本は欧米よりも反グローバル化が広がらないかもしれない、そう悲観的に考えるときがあります。

なぜなら、罠が2段構えだからです。

まずメディアが歪んだフィルターで情報を操作します。

それが不正だと気付いた人がネット空間にやってくると、今度はここで偽装保守が待ちかまえます。

メディアの歪んだフィルターに気づかない人は今だけ一番幸せです。

1つ目の罠を抜けたのに2つ目の罠にかかった人は大変です。

「反韓、反中、反移民、反グローバリストでありながら、親中、親韓、移民大好き、グローバル化政策賛成」というすごい思想に頭を浸すことになるのです。ヘラヘラ

 

なんでこういうことを言うかというと、現政権批判の報道記事には、現政権を擁護するコメントが時々ありますが、「反中政策をとると戦争になる、だから安倍政権が中国の増長を容認しているのは正しい。」というわけのわからない言論があったりします。

「イスラム教徒を怒らせるとイスラムテロが起きるから、シャリアを認めイスラムを特別厚遇しよう」という理論を彷彿とさせます。

それで今どうなったのかは見ての通りです。ガクブル

 

怒ったから戦争したり、テロしているのではないのです。

そう思うとしたら、あまりにも幼稚です。おしゃぶりべび②

 

民進党や共産党の悪口を言っても世の中は変わりません。

彼らには今権力がないからです。

老人でもないのに昔話に花を咲かせるほど毎日が暇なんて、いいですね!つながるうさぎ

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター