記事一覧

止まらない中国の食品偽装。倫理感や衛生観念が抜け落ちた民族を大量に呼び込む安倍総理。

外国人経営者ら、在留1年でも永住許可…法務省以前にも書きましたが、日本の永住権をエサに外国人を呼び込むことを加速しだしました。(パブコメ今日からやっています)

 

中国人が多そうですが、その中国というのはどういう国なのか?

古代中国を現代中国と混同して褒め称える人がいますが、たぶん立派な人はみんな根絶やしになったと思いますよ。そういうところですから。

 

昨日からニュースになっていますが、天津の50の工場に当局が踏み込み、偽装食品工場を摘発しました。

 

<写真右は摘発された工場の一つ右上矢印

 

彼らは有名ブランドのラベルを張った偽装食品を作って、獨流 (duliu)では毎年1450万ドル(16億4千万円強)程稼いでいたということです。

北京ニュースによると、獨流では食品偽装工場が10年以上も検査されていないということです。

真似されたブランドはネスレ、クノール、李錦記などです。(中国全土で売ったようです)

 左はネスレのブランドマギーの商品

 

 

彼らは、醤油や酢などの調味料製造過程で、水道水を使い、腎臓や肝臓に悪影響を与えるとして禁止されている工業塩を使っていました

また、胡椒やスターアニスなどのハーブはすでに使用されたものを別の工場から購入して、乾燥させ、それを挽いて利用していました。

工場は荒れ果てた建物の中の汚らしい部屋にありました。

 

工場外には監視カメラを設置して、外部の侵入を警戒、当局がくると偽造品を隠して移動させて、摘発を逃れていたそうです。

 

先月は陜西省で、キノコに危険な化学薬品を使い白く新鮮に見せるようにしていたことが報告されています。

 

やじるし China probes 'fake seasoning producing hub' near Tianjin(BBC) MashableAsia

 

 

中国の偽装食品はなくなることなく常に報道されています。ミルクや餃子もありました。

先月の報道はこちら 中国から密輸の「プラスチック米」102袋押収、ナイジェリア(AFP)

今月の報道はこちら ブタの取引価格上げるため泥状の液体流し込む、中国で業者摘発

豚の件は前からです。食べられる家畜も屠畜まで苦しめず扱うべきだと思います。 はこ怒る

中国に限らず、第三世界(東南アジアを含む)では、豚だけでなく鳥などにも水や石を詰めて重さを稼ぐというとんでもない輩が結構います。彼らには道徳や家畜の福祉はないのです。

 

 

よく、東南アジアなどの新興国を見て 「活気に溢れている」という人がいます。

なんでかわかりますか?

社会保障がないから必死で働かないといけない、これが理由です。

 

真面目に働く人もいますし、手っ取り早くスリ、万引き、ひったくりで生計を立てるものもたくさんいます。もっと大規模に犯罪組織の一員として生計を立てる人もいます。

善と悪を行ったり来たり、掛け持ちする者もいます。

 

だから道を歩くのは怖いですよ。

活気の中には殺気もあるのです。

 

社会保障がある先進国にはこういう意味での活気はありません。

だから、第三世界の人間を先進国に招き入れたら、彼らの活気とやらはなくなるでしょう。

 

第三世界の人間を歓迎する移民賛成派は、何か勘違いしているのではないでしょうか?

 

高度人材と言っても生きてきた環境があまりにも違います。価値観や道徳観も違います。

永住資格を与えれば、その配偶者や子供(養子も含む)は無条件で犯罪者でも日本に滞在できます。

 

安倍総理はトランプ氏やプーチン氏とは真逆で、シージンピンや欧米リベラルと波長が同じです。

中国と同じグローバル化を目指し中国共産党と中国人の取り合い競争をしているのです。

安倍総理は日本と日本人の価値を下げて、いったい何がしたいのでしょう?はこ怒る

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはバックアップ用でコメントは受け付けていません。
アメブロ版(お気に入りから行けます)へお願いします。
操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク