記事一覧

イスラム教徒はイスラム圏に留めて領土を拡大させないこと。ビジネスの付き合いだけにすること。

イスラム教徒と非イスラム教徒がお互いに尊厳を保ち平和に暮らすには、離れていること、

これ以外に方法はないと思います。

 

またまた、アメリカで穏健なイスラム教徒がテロを起こしました。

 

右上矢印犯人のAbdul Razak Ali Artan)

 

11月28日月曜日午前10時前、場所はオハイオ州立大学構内です。

オハイオ州立大学の学生 Abdul Razak Ali Artanが、灰色のホンダ小型車で生徒の集団に突っ込み、その後車から降りて肉切り包丁を振り回し、11人(9人の報道もある)が怪我をしました。ほとんどが車による怪我です。

犯人の Artanは警官に射殺されました。

警官はAlan Horujkoという人です。オハイオ州立大学緊急事態対処チームに所属する警察官です。現場付近にいたために1分以内で駆けつけ、更なる犯行を防いだそうです。

 

(右上矢印学生たちをテロから救った警官Alan Horujko)

彼は2015年からここで勤務していますが、オハイオ州立大学でセキュリティーとインテリジェンスを学んだ2012年の卒業生です。

 

さて、犯人のArtanですが、1998年にソマリアで生まれました。(事件当時18歳)

2007年にソマリアを出て、パキスタンに移住しました。

そして2014年にアメリカに来て、合法的な永住権を持っていると報道されています。

 

NBCによると犯行3分前にメッセージをFacebookに投稿していたようです。

右上矢印Facebookのスクリーンショット)

 

世界中でムスリムが攻撃されている。もう我慢の限界だ。

アメリカは他国への干渉を止めろ!特にイスラムへの攻撃を止めろ!我々は弱くない。我々は弱くない。覚えておけ!」

また文中では、2011年に殺されたアメリカ生まれのアルカイダ系聖職者 Anwar Al-Awlakiをヒーローとして、呼び掛けています。

「ムスリムのローンウルフ攻撃を止めてもらいたいなら、ムスリムと和解すること。イスラム教徒に平和を与えるまで、お前たちを眠らせないだろう。

そして最後は次の言葉で終わっています。

アラーの力を借りて、身体障碍者になったムスリム、ムスリマ1人に付き10億人の異教徒に報復するつもりだ。

 

近所の人の話では、彼はいつも礼儀正しく、市の西部にあるモスクで毎日お祈りをしていたそうです。

 

コロンバスのムスリムコミュニティのリーダーはテロを非難しながらも、人々が宗教や民族を非難するという、一足飛びの結論に導かれるのではないかと警戒していると話しました。

 

やじるしソース

OSU jihadi: “By Allah, I am willing to kill a billion infidels” JIHAD WATCH

Ohio State Attack: Terrorism Eyed as Police Seek More Info NBC

Ohio State University Jihad Attacker Praised Al Qaeda Imam and Attacked America on Facebook Minutes Before the Attack パメラ・ゲラー

This is the hero Ohio State police officer that saved countless lives today conservative review

 

 

あちらこちらでヘイトスピーチの検閲を熱心にしているようですが、それよりもテロ予告を熱心に検閲するべきだと思います。

 

また、どうして同胞はこういう書き込みを見ても警察に知らせないのでしょうか?

 

いつもの通り穏健なムスリムがテロを起こしイスラムコミュニティはすぐに弱者ぶる、イスラムの国になったら終わるわけでもなく、イスラム教の国でも連日内ゲバが起きています。

イスラムがテロや暴力と結び付けられるのは、妄想でもなんでもなくて事実からわかります。

 

ただ一点だけ私も同感したのは、アメリカは他国に干渉するなというところです。

イスラムは多文化共生が出来ないのですから、私たちも共生を強いることをやめ、彼らの国を彼らの聖地として干渉しないでおくことは重要だと思います。

もちろん非イスラムの国もイスラムを入れない聖地にする必要があります。

 

イスラム教徒自身は多文化共生ができると言うでしょう。なぜなら彼らは強くて時間を掛ければ必ず征服することが出来るからです。

イスラム教徒はイスラム圏では多文化共生をしません。

イスラム教徒はイスラム圏で多文化共生を要求します。

 

ビジネスだけの付き合いならこんなテロが世界中に蔓延することもなかったのではないかと思います。

 

 

最後に、イスラム侵略とは最初小さなことを要求してきて気づいたらどうにもならない状態になる、これがわかるブログ記事を紹介したいと思います。

ティーンミスコンでブルキニ、ニュースアンカーがヒジャブ着用、小さなことから始まるモスレム侵略(苺畑よりさま)

 

「そのくらいいいじゃない」「やらせてあげれば?」「認めれば?」

この考えは対イスラム教徒にはダメなのです。NO

 

 

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはバックアップ用でコメントは受け付けていません。
アメブロ版(お気に入りから行けます)へお願いします。
操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク