記事一覧

追記あり!「祖国は日本」こんなこと言わせないように、職務怠慢な法務省はさっさと退去強制を執行して!

(インド人のシーク教徒 グルセイワク・シング(17))

 

「祖国は日本」

「ぼくたち家族は、日本が大好きです」

「インドには帰りたくありません。ビザ(査証)もお願いします」

「僕と僕の弟妹は日本で生まれ日本で育ってきました。それでも入管はインドに帰れと言っています。なぜ僕達3人は日本で生まれ育って来たのに親の祖国に帰らなければならないのでしょうか。我々には理由が分かりません」

10歳から7年間こういった内容の手紙を法務大臣あてに書いてきたそうです。

 

グルセイワク・シング(17)の父親バルプールは難民認定を求めて日本で家族と暮らしています。

インドのパンジャブ州警察によると、バルプールは1989年3月に、「テロリストをかくまい、武器を保管した」容疑で逮捕された。その後、無実が証明され、同年11月に釈放されたという。ロイターの取材に対し、同警察はバルプールに対する嫌疑はなく帰国する自由はあると(ロイターのインタビューで)語った。

 

バルプールは香港で数カ月過ごしたあと、1992年に日本に来た。家族は4回にわたる難民申請が不認定となり、いま新たな申請を行っている。

なんで国を選んでるの?なんで日本なの?ぜんぜん難民じゃないよね。

どうして当時の入管は折り返しの飛行機で送還しなかったの?

何回申請させてるの?一度だけに制限してよ!はこ怒る

(家族と松戸市の自宅まえで 2016年9月撮影)

グルセイワクの両親は(仮放免で)働くことができないため、一家は国内外のシーク教徒による献金などで細々と生活している。

 

日曜日には、都内のお寺で、シーク教の集会が開かれる。父バルプールが祈りを先導し、子どもたちも楽器を鳴らして儀式に参加する。最後に、約60人の信徒たちと、食事を分け合って食べる。

 

仮放免者や支援団体が行った法務省へのデモに初めて参加した。グルセイワクと父、別の仮放免の3家族は雨の中、法務省前で「ビザをください。勉強がしたい。夢を持たせて」と訴えた。

グルセイワクは言う。「もっと声を上げていかなければ。そうじゃないと誰にもぼくらの状況を知ってもらえない」

声をあげたおかげで知りました。怒り心頭です!

インドで勉強してください。無法者で図々しい親を恨みましょう。はこ怒る

 

 

以上、《特別リポート:「祖国は日本」かなわぬ夢 漂う難民申請者の子どもたち ロイター 2016年 11月 22日》から抜粋しました。

詳しくはロイターの記事でご覧ください。(ない場合はこちら

 

グルセイワク・シング(17)は、きっとこちら下矢印の方が馴染むと思います。

 

(シーク教の家族の例。インド北部アーグラ Wikipedia)

 

あんたの祖国はインド! イ・ン・ド!

 

家族でインドに帰ってください。

非合法で入国し、お情け入管の怠慢でこのような図々しい一家が出来上がりました。

働けなくてお金がない癖に、どうしてあなたの両親はその状況下で子供を3人も生んでいるんですか?

おかしくないですか?

アンカーベビーにするつもりだったんでしょう?

だからロイターの他の記事にもあるように、入管が親だけ退去させているのです。

その記事内で不満を述べている不法者たちは、子供だけでも置いてもらってありがたいと思うべきです。

 

そして、そんなにその格好が大切なら日本で勢力拡大を図らずにインドに帰ってください。

日本の風景が変わってしまって私は泣きたい気分です。泣く

大迷惑!

 

わけのわからないことばかり言ってお涙ちょうだいの記事を書いているロイターは、日本が法治国家であることを無視しています。

また、悪事の年月が多いほど、ご褒美がもらえるような誘導も止めるべきです。

 

一旦インドに帰り、適正なビザを取って来るべきでしょう。

 

それから法務省は職務怠慢です。

こういうごねる人間を出さないためにも、迅速に粛々と退去強制を執行するべきです。

 

怒っていて大事なことを書き忘れるところでした。(実は忘れていったんアップしたべーっだ!

 

私はこれ見よがしに宗教を見せるのが嫌いです。というか怖いのです。

(↑僧侶、聖職者など以外の一般人についてです)

シーク教は、イスラムとヒンドゥーの影響を受けていて、一神教、輪廻転生を信じ、偶像崇拝、カースト、苦行を否定しています。

髪と髭を切らず、頭にターバンを巻くということです。う~んという感じ、衛生面で。ショック!

 

そして、こういう見た目にすぐにシーク教徒だわかる格好をすることが、イスラムなど他宗教の服装示威行動もやりやすくします。

するとここでも「自由」「多様性」「多文化共生」という例の侵略の呪文が唱えられていきます。

これは平和だった日本に軋轢を生む下地になります。

 

多様性があってこれで日本も胸を張れるという人に聞きますが、ヒンドゥー、イスラム、仏教などたくさんの宗教と人種が入り混じるインドは、あなたの理想の国でしょうか?

日本もそうなるべきでしょうか?

宗教対立は頻繁で、途上国をよく知る人でも、インドはどうにもならないとよく言います。

トイレ設置率も識字率も低いですし、信じがたい野蛮事件が横行するのも、みんな多様性でしょうか?

 

一旦こういう目立つ格好を認めると、歯止めがきかなくなって、もしかすると日本国内でインドにあった対立が勃発するかもしれません。

何事も何もないうちに禁止しておくべきなのです。何かあってからというのは、たいてい手遅れです。

宗教とは心にとどめる程度、これが日本のルールという風にしておかないと、収拾がつかなくなってしまいます。


  

追記:

読者の方からコメントでグルセイワク・シング(17)のツイッターのキャッシュを教えていただきました。

どういうわけか最近削除してしまったようです。どうしてかな~?

同情されない感じがしたのかな~?

 

こういうツイートがありました。下矢印

シーク教徒のTwitter 

 

シーク教徒は肉類(特に牛肉)を食べないので、「食えるものが少ない」って言っているのでしょうか?

ここは日本なんです。

日本人でもアレルギーで食べられないものがある人がいます。

事情は分かりませんが、学校に向かって「カス」とは穏やかではありませんね~

欧米でも移民2世3世がテロに走りやすいという統計があります。

無理して合わない国にいると不満が出るからです。

あなたの場合退去強制処分が出ていて日本にいること自体が違法です。

まわりがみんな同じで仲間がいっぱいのインドに帰りましょう!

 

あとこんなのも。下矢印

シーク教徒のTwitter1 

 

車は好きそうですが、あんなに訴えている勉強は嫌いなのかしら?

 

そりゃあ 慌ててツイート削除するよね。

 

追記終わり

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはバックアップ用でコメントは受け付けていません。
アメブロ版(お気に入りから行けます)へお願いします。
操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク