記事一覧

シリアを舞台に世界を洗脳する大手メディア、アサドが悪、反政府が善という嘘から悲劇が生まれた!

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-

ダッシュ お時間の無い方へ

記事最後部の写真2枚だけでもどうぞ!

日本も含む西側が倒そうとするアサド大統領と、西側が支援する反政府側違いが一目でわかります

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-

 

1週間ほど前でしょうか?あの捏造歪曲ばかりしているCNNが、「どの口が言う?」という報道をしていました。

 

シリアの国営メディアが伝えるシリアと、CNNが伝えるシリアの違いを両方の映像を比べて報道しているのです。シリア政府がどれほど嘘つきかと言いたかったようです。

 

そういえば昨日のNHKは、ネット情報はあまり信用しない方がいいということを言っていましたよ。当然でしょうね。NHKがネット上で褒められたことないですからね~。ゲラゲラ

 

どちらも自分たちの報道の信ぴょう性が疑われ出したことで、悔い改めるのではなく他の媒体を批判する姿勢をとることにしたのでしょう。

 

ところで、シリアの報道で、私たちは最初から極悪人のアサド大統領という刷り込みひよこをされていました。

反政府組織は正義の味方だということで、アルカイダ系がいようがゴロツキがいようが、それより強烈なIS(イスラム国)がいるので、西側はせっせと反政府側を支援しています。

(※反政府側は統一されておらず、また敵対関係や構成団体も変わるようです。)

 

CNNが突然あのような報道をしたので何かおかしいと思っていたらこんな記事を見つけましたので、紹介したいと思います。

 

 Imad Karim(イマド・カリム)氏のFacebookからの記事です。

彼はベイルート生まれでドイツ亡命中です。

ドイツでメディア学と社会科学の修士号を取得しています。

戦争に関連したある映画制作で有名になり、その後TVジャーナリスト、脚本家、ドイツの複数のTV局のディレクターとして働き数々の賞を受賞、現在は自分の映像製作会社を経営しています。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

オバマ大統領、オランド大統領、メルケル首相は巨大な嘘と手を携えている、とレバノンで最も著名な映像作家の一人は述べています。

「シリアに関する嘘はサイレント・クライム」だと述べています。

 

カリム氏ドイツへの難民侵入に断固反対の立場をとり有名になりました。

難民流入の影響に当初から警告を発していた彼は、嘘がヨーロッパ人を“アサドは人権無視の独裁者で反政府側は民主的な人々”だと信じ込ませてしまったと述べています。

 

嘘つきはみんなにこう言っていました。

「反政府側は、善良で民主的な考えをするサウジアラビア、UAE、カタールと彼らのトルコ人の友人たちの支援を受け「自由の戦士」を創設し、最終的にはシリアに善良で民主的な国家を樹立します。」 ええ!!

 

カリム氏は続けます。「これらはみんな完全な嘘です。反政府側はスンニ派の過激派各派から成っていて、そのスンニ派の過激派というのは、彼らの支配地域で日常的にシーア派やキリスト教徒の民族浄化をしている人間たちです。」

 

「内戦が勃発して、ヤズィディ族、キリスト教徒や少数民族は例外なく、アサド大統領の支配地域を目指して国内避難を始めたのです。これは本当のことです。」

 

「今国内避難民が700万人以上います。その中には穏健なスンニ派が何百万人もいますが、彼らもみんなアサド大統領の軍が支配する地域に逃げてきたのです。」

 

「Latakia、Tartus、Baniyasなどのシリアの都市は、アラウィ―派が多く住む政権寄りの地域だとみなされています。しかし何百万というスンニ派がこれらの都市に逃げてきているのです。」

※アラウィー派:主にシリアの地中海沿岸部・山岳地帯に分布するイスラム教シーア派の一派とされている。ただし、輪廻転生説を取り入れるなどイスラムの中では極めて異端的な教義を持つ特殊な宗派であり、イスラムと「異教」との境界線上にあるとする意見もある ウィキペディア

 

「彼らはここで4年間暮らしています。同じ権利のもと働いています。しかし、時々若いスンニが、自爆攻撃をしたり突然の殺人者になったりします。」

以上のようにカリム氏は述べています。

 

永遠に続く嘘が、ヨーロッパ、特にドイツに深刻な結果をもたらすと彼は言います。

 

国境の開放、何百万人ものアサドから逃れたシリア難民と呼ばれる人々―(その中にはシリア‐アルジェリア人、シリア‐モロッコ拙ブログ参照シリア‐アフリカ黒人などがいます)―、これらの偽善の結果が意味するところは、血生臭い未来の西側世界にかれら難民の次世代が存在するということなのです。

 

最後に、カリム氏がフェイスブックに2つの写真を載せました。

撮影は2016年9月(先月)です。

 

下矢印1つ目が邪悪なアサド大統領の支配する地区の学校

 

 

 

下矢印2つ目が善良で民主的な反政府側の支配する地区の学校

 

Sick Establishment Lies on Syria

SEPTEMBER 24, 2016 NEW OBSERVER

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

自分がシリア人だったらどちらの支配を受けたいか、一目瞭然です。

 

私たち日本人もコントロールされた報道を見ているという自覚が必要です。

 

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター