記事一覧

フランス:ニースでトラックを使ったテロ。車を使用するテロ攻撃はフランス当局が予想していた。

ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

またまた痛ましいテロ事件がフランスのニースで起きてしまいました。

犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、

負傷された方々の一日も早い回復をお祈りいたします。

ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

 

この事件は毎日新聞が詳しく報じています。(今の時点で一番よく網羅されています。BBC,CNNと内容が同じ。)

 

現時点でわかっていることは・・・

7月14日フランスの革命記念日の夜ニース花火大会(終了のころ)での犯行。

犯人は一人、車の中から、ニース在住フランスとチュニジアの二重国籍者31歳の身分証が出てきた。

(追記:チュニジア国籍で暴行などの前科が複数あるそうです。外国籍なのに国外退去させないというのも驚きですし、職務質問で「アイスを配達中」という返事に中も調べなかったという警察にも、本当に非常事態宣言中なのかと疑問に思いました。7/17)

・群衆がいた大通りに白い大型トラックが来て、中から発砲した後、2キロ近く、人を次々にはねながら走行

・警察の銃撃を受けて犯人は死亡

・トラックの中からは、銃や爆発物、手投げ弾が見つかった。

 

 

オランド大統領は記者会見を開き、「仏全土がイスラム過激派によるテロの脅威にさらされている」と強調、※昨年11月のパリ同時多発テロを受けて出していた非常事態宣言をさらに3カ月延長すると述べました。

 

実は、フランスは車を使ったテロを予想し、避けられないという見方をしていました。

 

NEW OBSERVER  が3日前の7月12日付けで出した記事で書いているので紹介します。

French Intel: “500 ISIS Fighters in France”

 

-----------------------------------------------------------------------------

フランス国内へのテロ攻撃サイバー犯罪を対象とする情報機関、国内治安総局(略称:DGSI)という内務省の組織があります。

 

反テロ対策を話し合うフランス議会の委員会で、DGSI長官のPatrick Calvar氏は言いました。

シリアやイラクで戦闘に関わっていた人間がフランス国内に500人はいます。彼らは自動車爆弾攻撃を始めるでしょうし、それは避け難いです。

また、彼は、フランスに定住した移民がテロ支援を行っていくでしょうし、彼らは昨年11月のバタクラン劇場型(=※パリ同時多発テロ)から、よりテロ攻撃の準備が容易な自動車を使ったものや爆発物を使ったテロへとシフトしていくでしょうと述べました。

それらは、テロリスト側の犠牲を抑え被害者を最大限に持っていけるからです。

我々の業務のうち3分の2以上がイスラム過激派対策となっているのが現状です。(パリ同時多発テロに難民テロリストがいた例を挙げ、)イスラム過激派テロに関して言えば、シリアやイラクで実践を積んだ戦闘員や訓練を受けた人間が最大の脅威となっています。

Patrick Calvar氏は、またフランスも含めたヨーロッパで社会の先鋭化を懸念し、極右と(イスラム教徒ではなく)イスラム世界との軋轢が起きること、内戦が起きる危険を警告しています。

そして、ヨーロッパのあちらこちらで増えてきた過激思想について、対立を煽る極右への捜査に力を入れていると話しました。

1つか2つのイスラム過激派の攻撃で、これだけの反応です。

(私はこの発想左上矢印に驚きました。時々テロが起きてもいいようです。ぇ゛

これら当局の発言は、極右がいかに危険かを左翼が大袈裟に言う時に好んで使われます。

そしてコントロールされたメディアが危険な極右闘士を作り上げるためにも利用します。

 

もちろん最大の脅威は極左と難民テロリストであることは事実が示しています。

 

このやり方は、社会に不協和音をもたらす真の発端線<大量の第3世界からの移民促進、それによっておこる人種による社会の分断>線を隠そうとする脅しの戦略なのです。

らいん概略終わりらいん

--------------------------------------------------------------------------------------------

 

前回記事(以下に一部抜粋)でも書きました。

問題の原因がそもそも見当違いであるため、・・・正論を述べる人に「レイシストめ!」と喚いたりして議論が出来なくなります。・・・

事実を事実として認めない社会にまともな未来はありません。

 

フランス国内のテロを専門とする情報機関が、フランスを守ろうとしている市民たちを極右呼ばわりして、締め付けているから、いつまでも大規模テロが起きるのではないでしょうか?

締め付ける対象を明らかに間違えています。

 

今回も対象は極右じゃないのです。フランスの普通の人たちでした。

侵略されている当人は傍から見るほどには自覚がないのかも知れないですね。

 

自動車を使ったテロは避けられないということを言っているようですから、これからもフランス人はロシアンルーレットみたいな毎日を送ることになるのでしょうか。ガクガク

多様化・多文化を強制された社会の狂気が蔓延しているようです。




関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはバックアップ用でコメントは受け付けていません。
アメブロ版(お気に入りから行けます)へお願いします。
操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク