記事一覧

日本解体の加速化を助ける元凶は、左翼ではなく、政治無関心層と移民政策を咎めない安倍総理支持者!

欧州やアメリカでグローバル化が格差、貧困を作り出すことが周知されつつあります。

だからもう日本にも来ないかもしれない(他力本願的ですね)と思ったら大間違いです。

 

まだ搾取できる対象として残っている先進国が日本なのですから。

 

私たちは間違えたものを敵としてあてがわれ、そちらに気を取られている間に、グローバル化を推し進められ、制度面と移民流入によって日本が乗っ取られようとしているのに、全く気付いていない、こういう状況にあるのではないでしょうか?

中には気づきたくないという人もいるでしょう。

 

<日本人の性質>

  • 日本人は争いが嫌いです。
  • 秩序だったところでは力を発揮できますが、混沌としていると何もできません。(育ちの良さか)
  • 言われたことは出来ますが、能動的、主体的に動くことは苦手です。

 

これは良い悪いではなくて、今の世界ではマイナスに働く性質だと思っています。

 

日本人の中で搾取する側にいる人については論じません。全力を挙げて搾取すべく長年動いているのですから。

消費者として、有権者として、私たちが彼らを追い落とさなくては変わらないのです。

 

 

ですから、私も含めた「搾取される側について」を問題にしたいと思います。

 

先に挙げた日本人の性質を纏った普通の人は、今、ただただ何も感じないか不安に思うだけです。

 

”日本人らしからぬ日本人”はどうしているかというと、必死で国民に訴えかけ知らせるべく活動をしています。

しかし、聞いた方は、「なんか面倒くさいこと言ってるね」、とか「そんな不快なこと聞かせないでよ」、と思う人もたくさんいるのです。

マスコミを真に受けて「右翼?」なんて言われることも。

 

難しい説明よりも、韓国人や中国人の悪口を言ったり笑いものにしたりする方が簡単で面白いのです。(それでもいいのですが、その先を考えないと意味がありません。)

 

別の”日本人らしからぬ日本人”は、日本人に見切りをつけ、もっと真面目(社会保障もなく自助努力でのし上がろうと頑張っている)な海外の人と、連帯感を持ち、彼らを呼び込んで、日本という舞台を利用して生き抜こうとしています。

 

何でも行政に頼り、スマホではゲームばかり、自分で調べないし考えない、みんなが一緒なら貧困でも構わない、経済的に良い生活をしている人を妬み、引きずり下ろそうとする、TVや新聞を鵜呑みにして思い込み安心しきっている、法や制度を知らず知ろうともせず、ただ喚く、

 

「こんな奴らはどうなっても知らない!」 「野垂れ死にしろ!」

同胞の日本人をそういう目で見る人もいると思います。

 

安月給で、汚い官舎で、連日の深夜残業や徹夜仕事、国民やマスコミからは一方的に罵られる官僚たち、そんな時に、外国人のカウンターパートや、グローバル企業の経営者と話せば、国民よりそちらに親近感を持つでしょう。

 

安倍政権ではグローバル化に関係すれば予算が付きます。そちらで自分たちも利権にありついた方が得です。

官僚と国民が連帯感を持つことも、グローバル主義者としては絶対に許せないことなのですから、陰謀めいたものさえ感じてしまいます。

 

民進党と自民党の国会審議も、かねてから私は茶番だと思っていて、両党の上層部の本当の目的は、「日本を日本人だけのものから世界中に開放する」であり、そのために争点をずらして隠しているのです。

 

その安倍総理は、安倍総理であるという理由だけで、政策も見ず、支持し続けている国民のおかげで、高い支持率を誇り、何をやっても許される政治を作り出してしまいました。

 

面倒くさいのです、今総理が何をしているのか逐一見ていくことが。

巧妙なので何しているのかわからない人もいるでしょう。

安倍総理を支持している人が政策を批判しないと意味がないのです。

共産党なんかに何を言われもいいのですが、支持層に言われたら困るのです。

なのに、いつまでも支持するから、ますます酷い政策を進めてしまえるのです。

 

猪瀬前都知事、在特会、田母神氏、この方たちは特別に悪いから排除されたのではありません。

同程度の悪いことは自民党関係者や多文化主義左翼の中にもゴロゴロあります。

安倍総理にとって邪魔だから排除されたのです。

 

在特会や田母神氏は共産党や民進党からは票を奪いません。自民党の票を奪うのです。

 

パナマ文書について、「パラレル・ユニバース」だと言うのを聞きました。

税金を払う社会と払わない社会が並行して存在していることを指しています。

 

私たちの社会もすでにそうなっているのです。

舛添都知事や山尾政調会長、二階氏(グリーンピア事件)、甘利氏、小渕氏、彼らは何をしてもいいのです。

みんな安倍総理の邪魔にならない、又は有益な人だからです。

 

左翼はある意味偉いです。法律を勉強し、効果的な戦術を考えて・・・、

そういう姿勢は私たちも真似しないといけないと思います。

 

今他に誰がいる?NHKの世論調査(他の内閣よりよさそうだから)の影響でしょうか?

安倍総理を支持する限り、マシな人が出てくる余地はありません。

潰されるからです。とんかち

 

安倍総理の支持率を下げて力を削がないと、国益を考える人は世に出られないのです。

 

 

都合によって、しばらくの間更新が滞るかもしれません。

お薦め記事を紹介して、今回は終わりにします。

 

 

TPP関連

街の弁護士日記 SINCE1992at名古屋 さまのブログ

 

・国会はTPPを承認することができない

国際法憲法から、国会はTPPの承認が出来ないというものです。

 

・TPPから「経済」の限定が外れた! TPPの正体は日本併合?

2006年環太平洋経済連携協定として協議が始まったのに、環太平洋連携協定となり、経済が外れて包括的なものになってしまったというもの。

 

・TPP 秘密保持に関する書簡 全文訳

日本政府の黒塗りは、署名した機密保持契約で決められた以上のものを隠している

 

・【緊急】 追及すべきは守秘義務自体であって守秘義務違反ではない

民進党は西川暴露本の「守秘義務違反」を追及するのではなく、TPPの守秘義務自体を追及せよ。

 

・【決定版TPP】 “貧困・格差・TPP” 「月刊日本」5月増刊号

”TPPに対する問題意識が広がりを欠くのは、マスコミが最大の元凶であることは確かだ。”

 

 

移民政策

三橋貴明氏のブログ

 

・続 亡国の特命委員会

”「移民」という言葉について「日本入国時に滞在の期間が決まっているかどうか」という判断基準を提示。

滞在中に期間の更新や永住権取得の可能性も残す。”

 

・日本国の正しい成長戦略

”、外国人の技術者の力を借りることを全面的に否定する気はありませんが、何故に「永住権」を与えなければならないのでしょうか。意味が分かりません。”

 

 

イスラムの侵略

 ナンミンウォッチ さまのブログ

 

・金持ちだってジハドする

 

”湾岸諸国はムスリム相互の助け合いよりも欧州をムスリムナンミンで溢れ返させ、イスラム化するという「ジハド」のほうが重要である、と考えているという指摘です。”

 

”サウジは西洋社会にモスクを大量に建てまくるための出資は惜しみません。なお、サウジアラビア始め多くの中東イスラム諸国では教会の建設は禁止です。国内での禁止と海外での進出によりこれらの国々が何を目指しているかはいわずとも明らか。支配地域の拡大です。”

 

などなど、有意義な内容です。ぜひリンク先でご覧ください。ペコリ





関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク