記事一覧

「難民のための住宅投資や教育投資は景気刺激になるか?」安倍総理がドイツについて尋ねたものです!


 安倍総理擁護ではなく、見当違いの批判をしてはいけないと思って。

クルーグマン教授との秘密会談が、ご本人から暴露されてしまいました。
そもそも秘密にする必要ないと思いますけどね。しー

その会談の内容なこちらですが、これを日刊ゲンダイが記事にしています。

先に言うと、その記事は正しいと思います。
難民問題で誤解を招くかもしれない箇所はあります。
しかし、それは誤解なのですが、安倍総理の意図するところが表れていると思います。

<誤解のまま怒ると、誤解だとかわされ、やっぱり安倍総理は難民受け入れ反対だと安心する>

だから今は覚えておいて、今後の言動をチェックする、そういう性質の発言だと思いました。



NEWS 安倍首相赤っ恥 クルーグマン教授が極秘会合の中身を暴露 2016年3月31日 

極秘会合の中身をすべて暴露されてしまった。それも当事者に――。
安倍首相が増税延期の“お墨付き”を得ようとして開いた「国際金融経済分析会合」。マスコミ取材は冒頭のみの非公開会合だったのに、今月22日の第3回会合に招かれたノーベル賞学者のクルーグマン・ニューヨーク市立大教授が詳細な英文の議事録をネットにアップしてしまったのだ。
安倍首相が「これはオフレコで」と念押しした発言までバラされ、官邸は大慌てだ。
〈ポール・クルーグマン‥日本政府との会合 16年3月22日〉
こう題された英文の議事録はA4判で12ページ。これをクルーグマン教授は今月26日、ツイッターで公開した。
会合は前半、クルーグマン教授の提言で、「世界経済は弱さが蔓延している」「金融政策だけでは足りず、財政出動が必要」などと発言。「マイナス金利をこれ以上進めるのは難しい」と、黒田日銀にとって耳の痛い話もしている。

後半は政府側との討議になったが、「わざわざ米国から呼んでおいて、日本政府の質問はこの程度?」と思わざるを得ない次元の低い質問がやたら目立つ。
■安倍首相や菅官房長官の質問を否定
例えば安倍首相は「難民のための住宅投資や教育投資は景気刺激になるのではないか」と質問。
これに対し教授は「難民受け入れは、とてつもない社会的緊張をもたらすが、実のところ金額的には大したことはない」とやんわり否定。人道問題である難民を、経済的価値でしか見ていない安倍首相の底の浅さが透けて見える。
また、菅官房長官は「商品価格の下落が発展途上国に大きな打撃となっている」と発言したが、教授は「商品価格ではなく、需要不足こそが問題だ」とこれまた否定した。
極めつきは、安倍首相が「これはオフレコで」とあえて断った発言までオープンにされていることだ。安倍首相が「ドイツは財政出動の余地が最も大きい」として、「訪独の際に財政出動を説得したいが、いい知恵はないか?」と尋ねると、教授は気候政策などを挙げた上で、「もっといい提案ができればよいのですが、私は外交の専門家ではないので……」と答えている。

会合の最後に、司会者が「首相の発言は極秘でお願いします」と言っているが、それもすべて暴露されてしまった。
極秘会合なのにクルーグマン教授はなぜ議事録をアップしたのか。そのヒントが、会合終了後に記者のぶら下がり取材を受ける写真とともに載せた教授のこのツイートだ。
〈Aftermath(no,I don't enjoy this sort of thing)=余波(ノー、私はこういうのは好きじゃない)〉
シグマ・キャピタルのチーフエコノミスト、田代秀敏氏はこうみる。
「大勢の記者に囲まれた写真を載せたツイッターは、『こんなの嫌だなあ、私は芸能人じゃなく経済学者なのに』という気持ちの表れなのではないでしょうか。世界的に権威のある学者なのですから、政府は本来なら記者会見を開き提言を表明してもらうべきで、配慮が足りません。議事録を読むと、クルーグマン教授と安倍首相らとの議論は噛み合っていない。教授は『生産年齢人口が毎年1%ずつ減っていく中で、需要も減る。この大問題に日本はどう向き合うのか』などの重要な提言をしています。しかし安倍首相らは、教授の提言を聞きたいというよりも、消費増税の判断材料にするなど、政権にとって都合のいい話をつまみ食いしようとしている。クルーグマン教授は、話をつまみ食いされたくないので、自ら議事録を全文公開したのかもしれませんね」
クルーグマン教授のツイートを官邸も把握していて、「外国人だから守秘義務に法的拘束力はないし……」(官邸関係者)と困惑ムード。ま、日本政府首脳の“低レベル”を全世界が知ることになったのは間違いない。

らいん転載END



記事で書いている順番が違うんです。

安倍総理は、先進国間で財政出動ができる余地が大きい国としてドイツをあげています。
今度ドイツに行ったときにアドバイスをしようとしているようで、その相談をしているのです。

その質問に対して、クルーグマン教授が、一例として「気候変動への対策」をあげ、グリーンテクノロジーは先進国にふさわしい分野だと意見を述べています。
そして、外交的なことは専門家ではないと言って終えました。

そして、安倍総理がそれに答えて、確かに気候対策も一つの分野だと、それに個人投資を刺激する、このラインでドイツと話してみると述べています。続けて、例えばドイツ、難民問題を抱えているが、難民用住宅や難民への教育投資は景気刺激策になるのか?と尋ねています。

そこでの答えが、日刊ゲンダイの記事の通り、「難民受け入れは、とてつもない社会的緊張をもたらすが、実のところ金額的には大したことはない」とやんわり否定となっているのです。



注意したいのは、ここではドイツの話です。
しかし、もし教授が景気刺激策として有効だと答えたら、日本でも難民を受け入れようと大号令をかける可能性があったということです。

安倍総理は外国人を経済けん引の柱と捉えていて、来日外国人の数を2020年までに4千万人、2030年には6千万人と掲げました。
訪日外国人客倍増、消費額8兆円に…政府新目標 読売オンライン)

観光、留学、就労、定住などあらゆる手を尽くして外国人を呼び込むことに血眼になっています。
浅はかで恐ろしいことだと私は考えます。

かつて日本人も海外旅行をした、よくこう言われます。
しかし、今途上国から日本へ来る旅行客は、同じ飛行機でも日本で買う私たちより格段に安い値段で買えるチケットでやってきます。(同一サービス格差運賃)
日本は日本人の日用品と重なるものにまで外国人にだけ免税を認めています。
私たちから搾取したお金で彼らを呼んでいるのと同じなのです。

また、交通や宿泊施設のみならず、観光地の混雑も日本人には迷惑でしかありません。
これも同じ、私たちの迷惑の上に成り立っているのです。

一部に儲かる業種もあるでしょう。それだけです。
観光なんて、大地震やテロでもあれぼ終わりです。誰も来ません。

そんな脆弱なものを産業の柱というのは間違いだと思います。


なかなか良いことが書かれているブログ記事を見つけました。
ぜひご覧ください。Think outside the box さまのブログです。

[雑感]倍増する外国人は何しに日本へ?

「日本のフィリピン化」計画進行中


最後に、保守的な思想を持ちながら、安倍総理を支持している人がよく言うことに、
「安倍総理の取り巻きが悪い」というのがあります。

自分もその取り巻きの一員であることを認識してもらいたいと思います。
移民難民が好きなら安倍総理支持は仕方ないでしょうが、そうでないなら、取り巻きこそ言わないといけないのです。

取り巻きの支持こそが彼の政策推進の根拠だからです。




関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはバックアップ用でコメントは受け付けていません。
アメブロ版(お気に入りから行けます)へお願いします。
操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク