記事一覧

第三世界の移民難民を入れると、自然と格差社会になっていく。貧困層は移民難民と同じ境遇になる。


 欧州は共通の価値観や宗教、白人種という似た者たちで社会を作り上げ、高い税金を払って国民が高い生活水準を保てるようになっていました。

公共のプールなどもそうでしょう。
安全な街というのもそうです。

そこへ、失敗した社会の、そのまた落伍者たちがどっと押し寄せました。

宗教や人種は違うけれど、欧州で生活して教育すれば欧州人のようになるという間違った理想のために、彼らを受け入れた国では安全な暮らしが破壊されつつあります。

例えばプールではこういう事件が起きています。

ブログ 幼児を誘拐し探しにきた母親に性的攻撃 ナンミンウォッチ さま

 ドイツやデンマークでのプール性犯罪では例えばこちらの拙ブログ記事


こういうことが起きると、私たち一般人はどうするか? プールに行かなくなります。
お金がある人は会員制のプールに行くようになるでしょう。
すると、プールは市民の健康促進という位置付けから、市民が利用しない無駄な施設となります。

マナーを守って気持ちよく使えていた施設が不良外国人、それもタダ乗りした奴らによって乗っ取られてしまうのです。

そんなところには税金を投入しなくてもいいということになり、それがだんだん広がれば、税負担の軽減を求めだし、自分のことは自分でやりたいということになります。

これは格差の広がりを意味します。
なぜなら、お金がある人はこういう社会に見切りをつけて、さっさと自分の楽しめる場所を作れるからです。

低所得者の人は不良外国人と一緒に公共施設を利用するしかなく、もう気持ちもよくないですし、惨めな感じもしてきます。それに実際に犯罪被害者になる例も増えるでしょう。

ドイツでは難民のプール利用を禁止しても左翼が騒いで撤回させられました。
デンマークでは難民と市民との利用時間を分けたところもあります。(どちらも上記拙ブログ参照)

では、外国人を除外できないならどうすればよいのでしょうか?
時間によって男性を禁止するところもあるようです。

― ドイル シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州 ノルダーシュテットのプールWater Park ARRIBAで14歳と18歳の少女が14歳と34歳のアフガン難民にレイプ(?)されました。
そこでは、夏にもウォータースライドで4人の少女たちが、7人の難民に性的攻撃を受けているのです。
そこで、その施設はある時間帯はウォータースライドを13歳以上の男性禁止とするようです。
German swimming pool where two migrant sex attacks have been carried out says it has been forced to segregate men and women 
4 March 2016 デイリーメール

これが、広がれば、それはもうイスラムの社会への第一歩です。
公共の場が男女別、私たちの価値観とは違うイスラムの世界です。

難民たちが女性を性的攻撃の対象とするときに、被り物で選別しているという話を聞いたことがあります。
あまりにも彼らの狼藉が酷く警察などが役に立たなくなれば、女性はイスラム教徒でなくても被り物を着用するように自然となってしまうかもしれません。

譲歩してばかりいると、侵略者の思う壺にはまるのです。

日本の成田空港でもムスリムの礼拝室を作り、パーティションを提供して、男女別になるよう便宜を図っています
成田空港はこれからも「ムスリムフレンドリー」のための対策強化を予定しています。
成田国際空港のムスリム対応を聞く 一般社団法人ハラル・ジャパン協


女性の数が多い企業に公共事業の入札ポイントを加算する日本政府ですが、金儲けのためなら女性蔑視のイスラム教も大歓迎なんですね。

第三世界にはイスラム以外もいますが、特に、イスラム教徒は中国人や朝鮮人どころではない危険な移民となるので、イスラム教徒が違和感を持たない日本を絶対に作ってはいけないと思っています。
ちょっと強調したかったので書いておきました。重要


私は、第三世界、途上国で公共プールがあるのか知りませんが、そこには行ったことはありません。
ホテルや居住者用のプールを利用します。
そういうところに、痴漢難民の居場所はありません。


欧州は第三世界の移民を入れるなら、かつてのような格差社会を作って自国民を守るしか方法がなくなります。

第三世界の国民なのに、先進国の人からみて意思疎通ができると思う種類の人、この人たちは、欧州へ不法入国した自国民たちに対して、平等思想は全く通用しないことをよく知っているのです。


人種差別といわれても、やはり人種間の差は歴然とある、そう思っています。
シェパードと狆がそれぞれ違う持ち味を持っているような感じです。
日本人の勤勉さ、礼儀正しさ、道徳心は世界にもまれな高水準だと思います。
しかし、これは日本だから美徳であって、ある国では馬鹿の代名詞になりかねません。

どういうことかと言うと、日本では勤勉で礼儀正しいことが強みでも、他国(特に第三世界)では狡くて傲慢であることが強みかもしれないということです。

ある地域でどの性質が強みなのかを決めるのはそこの国民であり、他民族から侵略されると強みの要素が変わることがあります。

日本が朝鮮人に浸潤されると、朝鮮人的な人が成功します。

犯罪者は少数でも社会を変えます。悪の方が強いのです。
半分が普通で半分が殺人犯だから互角だというのはあり得ないですよね。

欧州はあまりにも価値観が違う人間を入れすぎました。
犯罪集団として徒党を組めるくらいに入れてしまったのです。

だから、これからは、彼らの社会に合わせていかなくてはいけなくなります。
第三世界(イスラムを含む)は格差社会です。
格差社会に自然となってしまうというのはそういう意味です。


実は格差社会にもイスラム社会にもならない方法はあります。
社会に対して事実を隠さず、言論の自由を保証すること。
これで正常路線に戻せる可能性があります。
しかし、これがポリティカル・コレクトネスで封じられているので、できないだろうと思うのです。




関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはバックアップ用でコメントは受け付けていません。
アメブロ版(お気に入りから行けます)へお願いします。
操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク