記事一覧

アングレーム国際漫画祭「事件」を見てバイオハザードを思い出した!中国がアンブレラ、韓国がゾンビ。

今はゲームをほとんどしませんし、昔も平和なゲームが好きだったのですが、なぜか「バイオハザード」は初期の頃はまってしまいかなり頑張ってやっていました。(最近のは知りませんのであしからず)


アンブレラという悪徳製薬会社が開発した「Tーウイルス」に感染して、人肉食になってしまった人をゾンビといいます。


人間たちはアンブレラが諸悪の根源と知るのですが、そこへ辿り着くまでにゾンビとか他の様々なウイルス感染した怪物が出てきて戦うゲームです。


朝鮮人は北も南もどこか壊れているんではないかという動きをずーっとしています。

あの野蛮な中国と陸続きで代々属国だったのですから、きっと辛酸をなめて苦労をしたんだと思います。

あんなになったのはその体験が遺伝子に組み込まれてしまったのかと、そうでも思わないと今の基地外沙汰は理解できません。


なので、アンブレラが中国

ゾンビが韓国ゾンビゾンビ

アンブレラを倒そうとしている人間が日本


アンブレラに辿り着くまでに、まずゾンビが出てきます。なかなか死なないし、噛みつかれたら感染して、こちらがゾンビになってしまいます。


ゾンビは前頭葉が破壊されていて思考力がなくいつもお腹が空いているので人間を見るとすぐに食べたくなる

右上矢印なんだか似てませんか?

韓国人は人としての理性と礼節がなく日本人をいつも恨んでいるので日本人を見るとすぐに攻撃をしたくなる。』


今の日本で韓国に対して、「話せばわかる」「韓国に愛情を持て」「お隣だから仲良く」と言っているのは、ゾンビに噛みつかてゾンビになってしまった人間だと思うのです。人間右矢印ゾンビゾンビ


「アンブレラが悪いんだからゾンビを嫌うな、仲良くしろ!

この通りやればゲームオーバーです。近寄れば噛みつかれて自分がゾンビになるんですから。


私たちはまずゾンビに近づかないこと、そして攻撃には反撃を!


もうご存知でしょうが、アングレーム国際漫画祭で韓国がねつ造慰安婦問題を宣伝をする一方、主催者から日本はその反論すら禁じられ妨害を受けたという事件の関連リンクを貼っておきます。


「慰安婦漫画」韓国OK,日本はだめ 仏国際展 主催者「政治的な宣伝」

2014.1.30 21:03 産経から


慰安婦漫画「極めて残念」=菅官房長官

1月31日(金)11時26分配信 時事通信から


これは民間団体が以前から問題視して反論できるように準備していたので、現地日本大使館や日本政府が知らないはずないのです。何をやっているんでしょうか?


いつも言っているように、慰安婦問題に対する日本政府の公式見解が「河野談話」、これを堅持する限り、どんなに民間人が頑張ってもまともに相手にされないのです。この件もそれを証明しています。

政府が毅然とした態度をとれば、主催者はこんなことできません。


フランスの主催者は、もうゾンビに噛みつかれてゾンビになってしまっています。


日本政府は、アンブレラ(中国)への対抗政策も結構ですが、

まず今襲い掛かっているゾンビ(韓国)を撃退して下さい。 頑張れ日本! 黒豆




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはバックアップ用でコメントは受け付けていません。
アメブロ版(お気に入りから行けます)へお願いします。
操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク