記事一覧

覆面集団難民襲撃は"スウェーデンの朝日新聞" Aftonbladet紙によるでっち上げだった!!

 朝日新聞のようなものはどこにでもいるようです。

この事件を覚えていますか?
NEWS覆面集団50人、難民らを次々襲撃 スウェーデン、数人を拘束…女性殺害の「報復」か
2016.1.31 産経

スウェーデンの首都ストックホルム中心部の駅などで29日反移民を訴えるビラを配っていた覆面姿の極右グループなどの男ら約50人が、難民や移民を狙って次々に通行人らを襲撃した。負傷者の有無は不明。警察は30日までに男数人を拘束した。

スウェーデンでは今月25日、難民受け入れ施設で働いていた女性が殺害され、難民申請中だったソマリア人の少年が逮捕される事件が発生した。

地元メディアによると、男らはこの事件の「報復」を目的に集まったとみられ、外見から襲撃対象を選んで殴るなどの暴行を加えた

ストックホルム中心部の駅には、北アフリカなどから到着した親がいない子どもの難民や移民が住み着いている。(共同)
波線END


NHKは1月31日に「スウェーデン 難民受け入れ巡り混乱続く」というニュースの中で、「29日にはストックホルムで覆面姿の男たちが難民などを蹴ったり殴ったりする事件が起きました。」と報道しています。(NHKは削除済みのためこちらのブログを参照しました。TBSの動画ニュースも削除済みでした。)

他にもここにあげたものから地方紙まで結構ありました。
ストックホルム嘘事件 

しかし、今ではこの報道が嘘だということがわかっています。
覆面集団難民襲撃事件はありませんでした。

1月29日夜の事件として世界中に報道されましたが、2月1日には違うという記事をオブザーバーが書いていました。
その記事を紹介します。
リンク先をご覧になるとわかると思いますが、かなり長い記事です。本当あはは・・・ 訳して紹介します。



--------------------------------------------------------------

NEWS Stockholm “Attack:” Invented by Controlled Media 
FEBRUARY 1, 2016 THE NEW OBSERVER

aftonbladet.jpg

ストックホルム駅で先週金曜日に起きたと言われているネオナチによる移民への衝撃は、全くありませんでした。
これはスウェーデンの極左紙によるでっち上げで、それがその他のコントロールされている仲間のメディアによって事実として報道されました。

1月29日金曜日のストックホルム中心部で何が起きたのか、ストックホルム警察の公式記録を見ることにします。

この警察の報告書には、「若い移民」への「襲撃」に触れたものは一切ありませんでした。

 2016年1月30日 朝8時39分に発表されたストックホルム警察の公式発表があります。
タイトルは「金曜日夜ストックホルム中心部で起きたことの概要」となっていて、そこを見ると

えんぴつ 金曜日の夜、何人かの人たちが、同伴者のいない未成年難民と犯罪との関連を明らかにするためにチラシを配る計画をたてている、という情報がありました。
これらのチラシは黒装束で色は不明のヘッドバンドと腕章を付けた人達によって配られました。


警察の報告書から1人の男が警官の顔にパンチを浴びせて逮捕されたことが確認されます。

しかし、警察でさえもこの男とチラシを配っていたグループとは関連付けていません。

別の3人の男たちが、覆面と社会秩序を乱したことで逮捕されています。

もう一度言います。警察は彼らとチラシも関連付けていません。さらに言えばこれらは大したことがないので、何の咎めもなく釈放されています。

この警察の公式記録から見ると、その夜起きた(メディアが呼ぶ)「暴力沙汰」はこれがすべてです。

さらに警察の発表は続きます。
えんぴつストックホルム中心部に集まった人々が、何か特定のグループに所属しているのか結論付けることは不可能である。 言い換えれば、警察はチラシを配っていた人たちが何か特定のグループに関係していたのでは無いとみていたのです。

ストックホルム警察報道官も金曜日の夜ストックホルムで移民への襲撃はなかったと公言しました。

ストックホルム警察本部の広報幹部であるTowe Hägg氏も The liberal Vestmanlands Läns Tidning (VLT)紙に対して、金曜日のパトロール警官の誰一人として暴行や襲撃などの報告を受けていないと答えています。

子供移民への襲撃について尋ねられると、彼は、もしそれがあったとして、我々は誰もそのことを把握してないので、それを知っている人は私たちにぜひ通報してほしいと述べました。

繰り返しますが、警察の公式記録と警察報道官の言葉から、2016年1月29日金曜日にストックホルム中心部でネオナチ集団による若い移民への襲撃はなかったということです。

これらの事実にもかかわらず、世界中のコントロールされたメディアは、大々的に、何百人ものネオナチとサッカーフーリガンがストックホルム中で子供の難民を殴りながら暴れ回ったと報道したのです。

この情報はスウェーデンの極左紙Aftonbladetだけから出たものです。
Stort polispådrag i centrala Stockholm 2016-01-29 

この新聞社がどうやってストーリーをでっち上げ、どうやってそれが世界中に配給されたのかを知ることは、いかにコントロールされたメディアが全くの嘘を事実として広めているのか、その理解を深める貴重な材料となります。

Aftonbladetの主張は16歳のChristiantという1人の非白人少年の目撃証言が元になっています。
クリスチャン

このたった一人の目撃者の申し立てによると、彼は駅のエスカレーターで男に顔を平手打ちされ、その時男は彼のことを「とんでもない人種差別主義者」と言ったというのです。

この少年は警察に届け出ることさえしなかったので、実際に平手打ちがあったのかどうかさえ確かではありません。

さらにこれが本当だったとしても、この一つの孤立した軽い事件は、集団攻撃とは無関係な単なる知らない人同士の諍いだった可能性もあるでしょう。
そのうえ、平手打ちした男が彼のことをレイシスト(人種差別主義者)と呼んだという証言から、平手打ちした男は左翼だということを示しています。

1人の人間が見知らぬ人から平手打ちを食らったことが、ネオナチによる子供難民に対する集団攻撃の証拠だとみなす人は、分別のある人間の中にはいないでしょう。

付け加えると、この(平手打ち)事件が本当だったとしても、、チラシを配っていた人との関連は全くありません。

この少年は平手打ちは駅の地下で起きたと言っていますが、襲撃は町中の通りで起きたと言われています。

しかし、この疑わしいたった一つの証言から、Aftonbladet は、黒装束に覆面をした大集団が、外国人風に見える人々を叩きまくっていたという話を勝手に作ってしまったのです。

この重要な事実はいくら強調してもしすぎることはありません。

Aftonbladet紙のいう、ネオナチとサッカーフーリガンによる子供難民への集団攻撃は、一人の人間が通りすがりの男に顔を平手打ちされたという確認もとれないような証言たった一つをその証拠として報道したのです。

この平手打ちは警察に届けられていませんし、他の暴行、襲撃も全く警察に記録がありません。ですから集団攻撃が起きたというのは全く証拠がないのです。

Aftonbladetは、数人の男たちが駅の中央を走る姿を携帯カメラで撮った手ぶれした動画(この記事で見られます。55秒間です。)を集団攻撃の証拠として公開しました。
コントロールされた世界中のメディアもこの動画をネオナチの乱暴狼藉振りの証拠としてニュースで流しました。

証拠ビデオ

オブザーバーでは警官がリーフレットを配っている人を打ち据えていると書いています。)

しかし、ビデオには難民を襲撃する様子は全く見えず、The Vestmanlands Läns Tidning (VLT) が報道した通り、―実際ここしか伝えませんでした―警察官がチラシを配っている人を追い回しているところしかありませんでした。

数回、警察官がチラシ配布者に対してバトンで打ちかかる様子が写っています。
言い換えるならば、このビデオが見せてくれる「暴力」は、警察による白人チラシ配布者に対するものだけであり、ネオナチが子供難民を攻撃するものは一切ありません。

事実が明白であるにもかかわらず、Aftonbladetの完全なでっち上げストーリーが国際的なニュースの送受信システムや外国の新聞社によって英語に訳され、世界中で報道されたのです。

吹き出し ここからはどういう報道がされたのか例を挙げているので概要を書いていきます。―
※は私の注釈や見方です)

例えばイギリスのEvening Standard、ここはAftonbladetのコピーでは飽き足らず、自分でも嘘を付け足しています。

ストックホルム警察本部の広報幹部であるTowe Hägg氏が、男たちは子供難民を襲撃する目的をもって集まったと述べたと伝えました。
警察はそのようなことは全く言っておらず、子供難民と犯罪の関連性を世に訴える目的でチラシを配ろうとしたとしか言っていません。

実際には、にスウェーデン警察はストックホルムの主要駅は盗みや痴漢をするティーンエージャーの難民で溢れかえっていると警告をしています。(Daily Mail 2016年1月25日付参照)

※デイリーメールを見てみましたが、少なくとも200人のモロッコ人ストリーチルドレンがストックホルム主要駅に住み着き、野宿して犯罪で暮らしているそうです。収容しても5人に1人は逃げ出し、当局の保護も拒否しています。その犯罪集団には9歳という者もいて、盗み、痴漢、抵抗する女性への平手打ち、警備員への攻撃などを繰り返し、この全員男だけの少年難民犯罪集団は社会に恐怖を広げています。警察はストックホルムの主要駅はもう安全ではないと警告を出しました。)

他のコントロールされたメディアの報道範囲にもみられる典型的なものですが、Aftonbladetが出したたった一つの目撃証言の検証もせずにそのまま報道しています。

ストックホルム警察のウエブサイトを見て警察の声明文を読めばわかる簡単なことだったのです。しかし、それはコントロールされたメディアに高潔さや正直さを求めることになり、望むべくもありません。

情報の照合もせず、照会もせず、ただAftonbladetの嘘を繰り返す、このやり方で世界中に広めたのです。


BBCの場合もAftonbladetの嘘をそのまま流しています。そして、BBC自らが「目撃者は男たちは外国人に見える人たちに身体的な攻撃を加えていたと述べています。」と付け足しました。
しかしながら、「警察はそういう報告は受けていないと述べています。」と、警察が事件を否定していることも付け加えています。


The Middle East Eye (MEE)はどう言っているかというと、「ネオナチに属していると思われる覆面集団がストックホルムで夜通し移民を襲撃して緊張が高まっている、とスウェーデン警察が土曜日に述べました。」と書いています。
もちろん警察はそんなことは言っていません。



The France 24
はAftonbladetの内容と同じで、あのたった一人の少年の"目撃証言"を証拠として挙げています。


The International Business Times (IBT)は、Aftonbladet とそれの受け売りで報道しているスェーデンのメディア2つを引用元として同じことを伝えています。

※リンク先を見てみました。最初に例を出したイブニングスタンダードと似たような内容ですが、警察が事件を確認していないということも書いていました。目撃者は顔も名前も出ないので誰かわかりませんが、「彼らはショッピングストリートからやってきて3人くらいの難民を殴っていた。自分は怖くてその場を離れた。」というものになっていました。

ネオナチが犯行を称賛する声明文を出したとなっています。おまけにこんな写真も載せています。"ストックホルムの路上で生きるために犯罪に関与していると非難されている子供難民"というタイトルです。
refugee-children-stockholm.jpg



IndependentはAftonbladetの記事をそのまま報道しています。

※その中で、こちらはネオナチと呼ばれる団体が事件後出したとされる声明文をリンクさせているので見てみました。
団体のウェブサイトを見てわかったことですが、この"声明文"は、チラシのことであり、ここではAftonbladetの報道からそれが起きたものと思い込み(事件の内容はすべてAftonbladetの記事によればという前置きがついています)、そしてそのチラシの内容が事件に関係しているのかもしれないという言い方をしています。なので、明らかに当事者ではありません

インデペンデントが犯行声明のように紹介したチラシの内容は、スウェーデンが移民のせいでボロボロになり治安が悪化しているが、警察も政治家も何もできないから自分たちで自分の国を守るためにみんなで立ち上がろう、警察が難民ギャングを放置するなら、自分たちが罰しなければいけないというものです。

罰しなければというのが襲撃を煽ると判断されたのかもしれませんが、実際は手を出していませんし、この内容は、警察が把握しているものと一致します。)


The Daily Mail に至っては、その前に起きた難民センターの女性職員刺殺事件の報復に襲撃したという見出しと内容です。

チラシにはこの事件のことは出てきていませんが、ストックホルム中央駅付近の北アフリカから来た犯罪集団に特に焦点を当てています。

※私が見たところチラシに刺殺事件は出ていますが、これは犯人が15歳未満だと何の罰則もなく釈放されること、国中で難民が急増して警察の手が回っていないので犯罪を抑止したり捜査ができていない、例えば最近の刺殺事件、これもたぶん被害者より加害者に同情をして甘い処分になるだろう、我々はいつまでも黙って被害者のままでいるわけにはいかない~こういう文脈で出てきただけです。デイリーメールも酷いと思いました。)

他にもThe India Times、the Telegraphもデイリーメールから引用しているようです。


The Morocco World News (MWN)というモロッコの英字紙は、なんと「ストックホルムのシェルターでモロッコ人難民申請者がヘイトクライムによって襲撃されました」という見出しです。

モロッコ紙では、鉄道駅がシェルターと呼ばれていますネコ
他のコントロールされたメディアでさえも、ストックホルム中央駅を難民シュエルターと引用する勇気はさすがに持っていなかったようです。(モロッコメディアだけということ)


マレーシアのThe Malay MailではAftonbladetの引用だけでなく、警察が覆面集団の難民襲撃を語ったことになっています。こういう見出しです。
"Swedish police say masked gangs assaulting migrants in Stockholm"
しかしながら、記事内では警察の報道官が何の報告もないと述べたことも書いています。


ドイツのThe Deutsche Welle (DW)もAftonbladetからの引用です。しかし、ストックホルム警察の報道官Kjell Lindgren氏に自分で照会していて、襲撃の報告は全く受けていないことも記事に書いています。


ロシアのThe Russia Today (RT)には「大袈裟賞」がふさわしいでしょう。見出しがこれです。
“Stockholm pogrom: Crowd of masked men hunt and beat up non-Swedes,”
(ストックホルム大虐殺:覆面男たちがスウェーデン人以外の民族を探して叩きのめす)


イギリスの極左紙The MirrorもAftonbladetを引用していますが、チラシを配っていた人に対して"thugs"(=悪党ども)という言葉を使用しています。


イスラエルのTimes of IsraelはAFPからのニュース送受信システムによって報道されました。


そのAFPは、「警察が土曜日に語ったところによれば、覆面姿のネオナチとみられる集団が、子供難民の襲撃を呼びかけるリーフレットを配った」と書いています。

※この記事たくさんコメントがついていました。
襲撃を自衛と捉えて肯定的なものが多いようです。またメディアへの不信感もかなりありました。
中に興味深いものがあって、スウェーデンのイエテボリで30年警官を務めた人の話を紹介していましたが、今の状況に愕然としている、子供たちには夜間はもちろんのこと午後2時を過ぎたら街中には行かせない、ここでは一日に20件の強盗があり、ギャング達が刃物や武器を持ってうろつき回っているということでした。)


ここまででもわかるように、1つの新聞が1人の怪しげな証言を元にして作った全くの架空の主張と、そこに一連の意図的な嘘、歪曲、警察の声明を完全に無視することを付け加えながら、世界中を駆け巡る、―そうやってストックホルムでナチ集団が子供難民を襲撃という神話が出来上がりました。


1月31日には、コントロールされたメディアも集団攻撃が嘘だと気づき始めました。


オーストラリアのABCは、大手メディアで最初にトーンを落としてきたところです。
金曜夜、ストックホルムで黒覆面のネオナチとみられる集団が、路上にいる若い難民を攻撃すると脅したチラシを配布して暴れ回りました、という書き方です。
ネオナチというレッテル張りはしていますが、集団攻撃はなくなっています。

CNNは集団攻撃という言葉を使うことはしていませんが、暴徒が外国人への攻撃を呼びかけているとしています。

※CNNの記事を見ると、ストックホルム警察の Albin Naverberg氏が、金曜日に大勢が集まることを知っていたので警察も人数を出していた、だから襲撃できなかったのではないかと語ったと伝えています。

また、ここでは6人が検挙されたが全員翌日には釈放されたとなっており、地元メディアやソーシャルメディアが攻撃を報じているが、警察は民間人への被害報告はない(警官を殴ったものはあり)と言っていることも伝えています。)



The New York Timesは難民への襲撃がないことを認めながらも、木製の武器を持った覆面の男たちが難民襲撃のためにをやってきたと当局が話したと書いています。もちろん公的な機関の人は誰もそんなこと言っていません。

※ニューヨークタイムズの紙面では、ストックホルム市警察のThomas Westin氏が、普段仲の悪いサッカーフーリガンたちが過激組織と一緒に難民襲撃を計画しているという情報を事前につかんでいたと話していますが、この人と前出の「木の武器を持った覆面の男たち~を話した」当局とは別人です。当局とは誰のことかわかりません。)


ワシントンポストの見出しはもっと控えめです。
「覆面男たちが子供難民を襲撃すると脅す」です。

さらに「スウェーデン地元紙のローカルとイギリスのインデペンデントが難民への身体的な攻撃があったことを伝えていますが、土曜日現在でも公式な報告はないということです。」ということも記事に書いてあります。

※ワシントンポストが要約したチラシは曲解せずに妥当なものだと私は思いました。どういうものかというと、―「もう十分だ!という表題で始まり、最近の難民の流入や難民絡みの犯罪に触れ、我々の公共の場を外国からもたらされた犯罪から守ろうと、人々(男性)を鼓舞するもの―です。)


最後に、いくつかのメディアが、ネオナチのSwedish Resistance Movement(チラシを配った団体です)は、「ホームレスの子供難民を狙った一連の暴力の背後には我々がいる」という公式声明を発表したという報道をしてしまったことも伝えておきます。

この団体はNordic Resistance Movementと呼ばれていますが、このような声明は出していません。


私たちは2つの重要な教訓を得ました。

1つ目は、メディアが見つけることが出来たとんでもなく醜悪で実際不正確な白人に不利な話は、ただ単純に繰り返すことでコントロール下にあるメディアが作動して(広がって)しまうこと。

2つ目は、インターネットのおかげで、情報の元や資料にたどり着けるので、コントロールされたメディアの発信の事実をチェックしたり間違いを明らかにしたりすることが出来ること。


邪な嘘をつくコントロールされたメディアに情報を頼る必要はもうありません。
本当の事実が何十年も世界を息苦しくさせていた嘘と不正の泥沼から姿を現し始めています。

波線END

----------------------------------------------------------------


自分でも確かめたくて、ネット上でこの暴動の画像を探しましたが、Aftonbladetのものしかないのです。首都の中央駅の大事件を他の誰も画像アップしないのは変だと思いました。

チラシが正式な犯行声明のように扱われたり、よく識別できない1分弱の動画が集団襲撃の証拠となったり、本当に怖いことだと思いました。
「従軍慰安婦20万人が強制連行された」とか「南京大虐殺30万人」というのも同じ原理で世界中に拡散してしまったのだと思います。反論もしないまま拡散時間が長すぎたために、国連のお墨付きや映画や本や教科書など何重にも衣をつけられてしまいました。泣く

現在の、誰もがわかる嘘でもこうやって世界中に拡散させることが出来るのです。

本当のことが知りたいなら、与えられた情報はまず疑うこと、これに尽きると思いました。









関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク