記事一覧

認めたくない不本意な事実でも直視する勇気をもって!自公政権は本当に保守か?

不思議でしょうがないのですが、現実より願望を信じる人が多いのはどうしてでしょうか?


それから、日本のマスコミを批判しながら、日本のマスコミだけを情報源としている人が結構いるようにも思います。特に外国絡みの問題は、自分でもいろいろと情報を探したほうがいいと思います。日本のマスコミが日本語にしたものだけだと正確には伝わらないこともあるでしょうし、そもそもそれに頼ることが、もう日本のマスコミに操られているとも言えます。


カルト教を嫌いながら、自分が誰かの信者のようになっているもの不思議です。


一度信じると決めた人が何か言ったら、なんでも信じるというのは思考停止状態であり、自分の責任を放棄したことになると思います。


先ほど読んだ記事で、なるほどと思ったものがあったので紹介させていただきます。


日本を外国人だらけにする「保守」政権、そして、それを支持する「保守」の人々

WFJプロジェクトさんからです。(興味のある方は左上矢印からお読みください)

こちらでは、外国人労働者受け入れのことを書かれています。


従軍慰安婦の問題では、私は橋下市長の発言(あの当時売春は違法でもなく、どこの軍隊もやっていたこと。しかしそれは間違ったことだから世界中でそういうことをやめて、女性の権利を守っていこう。確かそういう意味だったと思います。)が正論だと思っています。しかし、河野談話の見直しも示唆していた安倍首相は、まるで他人事のように傍観して、はしごを外しました。


そして今話題の東京都知事選挙。衆議院選挙で自民党が訴えていたことに一番近い人は、どう見ても田母神さんに見えます。それなのに、なんと舛添さんを推薦。それを石破さんや東京都連のせいにして、安倍さんは無関係のように言っている人もいるようですが、そんなはずないでしょう。首都東京の知事選に対して党総裁の意見が通らないなら、日本の国を統治する能力はないと考えたほうがいいと思います。だからあれはトップである安倍さんの責任です。


日本が戦争で犠牲を必要以上に多く出したのは(負けたのはもっと他に理由があるとおもいますが、)、認めたくない事実を認めないというその態度が招いたものだと思います。


現実に起きていることでも、嫌なことは見ない、聞かない、それではまともな対策は立てられません。間違った場所から出発しているからです。


自分の目で見て、耳で聞いて、自分で考えてください

誰かの考えに同意しても、その人はあなたではありません。

特に政治家に対しては、言葉ではなく行動で判断してください。

政治家は行動がすべてです。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター