記事一覧

ODAは本当に日本人のためになっているのか?国際協調が大事と言うけれど、「国際」って誰?

 前回に引き続きODA関連です。

今年2月に「ODA大綱」の名称を変更して「開発協力大綱」を閣議決定しました。
開発協力大綱について 外務省 を見ると全文が出ているので一番正確ですが、長いので産経新聞の報道を紹介します。

NEWS「開発協力大綱」を決定 ODAで他国軍支援へ 非軍事目的に限定 2015.2.10

政府は10日、政府開発援助(ODA)の基本方針を定めた「開発協力大綱」を閣議決定した。平成4年に策定されたODA大綱を名称変更し、非軍事分野での開発協力を推進する路線を明確にした。これまで軍事転用が懸念されたため排除してきた他国軍への活動支援を、災害援助などの非軍事目的に限って容認する。また、戦略として「国益の確保に貢献する」という文言を初めて明記した。ODA大綱の見直しは15年8月以来約11年ぶり。
~中略~
 25年12月に閣議決定した国家安全保障戦略で打ち出したODAの「積極的・戦略的活用」を、新大綱に反映させた。岸田文雄外相は10日の記者会見で「紛争後の復興や災害救助などで軍が重要な役割を果たすようになっている」と述べ、非軍事分野での軍の関与が増えている国際情勢の変化を指摘した。

旧大綱では、国民総所得(GNI)など国際基準に従って支援先を決めていたが、新大綱では日本が支援対象を独自に判断する裁量をもたせた。GNIが一定基準に達し、支援対象外となった「ODA卒業国」への支援を再開する。※この場合、DACのODAにカウントされない可能性があると思います。)
 重点政策では「平和で安全な社会の実現」を掲げ、紛争による不安定な社会を改善するため、難民や避難民支援などの人道支援も積極的に行う。
 開発途上国への支援が「国益」にも寄与する観点を重視するほか、政府以外の支援の重要性が増していることから、民間部門との連携を強化する。
波線転載END

ODAの実施機関であるJICAはHPで次のように述べています。

らいん2000年までの10年間、日本は世界最大の援助国でした。
それが2001年にアメリカに抜かれて第2位へ、2006年にはイギリスにも抜かれ第3位、そして2007年には、ドイツ、フランスにも抜かれ、ついに第5位へと転落してしまいました。そして2009年も、第5位のままとなっています。らいん

らいん援助額が多いことだけが重要ではないかもしれませんが、日本は経済大国の一国として、国際社会の一員として、国の経済規模に見合った援助をしていくことが重要なのです。らいん

らいん国際社会では、貧困削減や環境問題など地球規模の課題に対応するために、各国ともGNI比で0.7%のODA量を確保することが求められていますらいん

このGNI比ですが、外務省の資料によるとこのようになっています。


0.7%を超えている国というのは世界で4~5か国です。

それに、人口を多く抱え高齢化まっしぐらの日本は、自分の国の将来に備えて自国に投資することも必要です。一律には他国と比較できないのです。
上位国であるノルウェー、スウェーデン、デンマークは5百万人台、ルクセンブルクは50万人、英国でも日本の半分の人口です。
大勢の国民を養う方がより大変なのは誰でもわかることでしょう。ばら撒いている場合ではないのです。

あの仕事もしないで職員ばかり増やしている機能不全の穀つぶし国連に言われたからといって、「金科玉条」としなくてもいいと思います。まぁ、どうせJICAのためだと思いますが。パンダ残念

国際協力、聞こえはいいです。でも本当に心から貧しい人を助けたいというのは少ないです。
当たり前ですが、人間は食べていかなくてはいけません。
今政府が外国関連にお金をばらまくからその潮流に乗ろうというのは悪いことではありません。
でも、それが既得権益グループが出来上がる初めの一歩となります。
そのうち、もう不要となっても無くせなくなるのです。

国内関連だけならいいのですが、外国が絡むと日本が脅かされることもあります。
どうしても外国と連携したい勢力、連携しないと潰れる組織が出てくるからです。
JICAは前述のHPを見てもわかるように左欄に「池上彰と考える!国際貢献」入門」なんていうページ紹介があります。
池上彰ね~。カピバラ
アグネス・チャンなんかもJICAのお気に入りみたいですし。カピバラ
残念な趣味をしていますね。パンダ残念

この手のことに興味があるのは、反日左翼に多文化共生主義を叩き込まれた人も多くいます。
もちろん国益を考えて動く人もいるのですが、そこに群がる政治家や企業がそうはさせないのです。

多くの人が知っています。途上国支援は実は役立っていないんじゃないか?
とてつもなくひどい状態から、食糧援助、医療援助をしているうちは、役立っていると思います。
インフラ整備なんかも役立っていますが、そのあたりからはマイナス面も多いと思います。
人権問題、環境問題がないがしろにされたまま、援助をするケースが多いです。
被援助国の一人一人の意識が全く変わらない中でお金がジャブジャブ入ってきます。
「もらうことは当たり前、そのうちくれなくなるかもしれないから、少しでも私腹を肥やそう」そういう人が出てきます。そして地位や職権を乱用します。
先進国の血税が、途上国の上層部にだけ取られて、広く国民に行き渡らないことはよくあることです。

ODA事業が続いているうちはまだいいですが、終了したら雨ざらしで放置、管理マニュアルを渡してもお金がないからやらないと言い放置、いったい誰のための援助かと怒りたくなるような状況がたくさんあります。事業継続中何かおいしい思いをしたらそれでいい、いなくなったら別の援助国に群がり何かもらう、そういう感じです。
国を良くするのではなくて、自分の生活向上しか考えない人がとても多いのです。

アフリカ人、彼らの感覚は違いすぎます。書けませんが、人間とは思えない行動をとる普通の人々の話をいくつか知っています。
ここへのODAはまさに「お金をドブに捨てる」ことに等しいと思います。
どうしてもしたいなら、せめて全案件タイド(ひも付き)でやって、日本企業を儲けさせないと意味が全くありません。もちろん韓国に丸投げなんてダメです。

外国と付き合ってもいいですが、それにはまず自分が日本人としてしっかりとぶれないこと、売国奴の片棒を担がないこと、公務員の場合は国民(日本人)優先で国益を守るという人に担当してもらいたいと思います。
ガンバ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター