記事一覧

ODA、場所は途上国、支払いは日本、受注して儲けるのは中国韓国。現地住民は中韓からの援助と認識!

 安倍総理が世界中でお金をばらまいています。それが日本の安全保障だと言って。

最近もこういう記事がありました。
NEWS政府、アフリカ支援に1兆円規模のODAを検討 中国に対抗 2015.08.21 zakzak
題名通りの内容で、3年間でアフリカに1兆円規模のODAだそうです。punpun#*

ODAは大きく分けてつあります。
技術協力、有償資金協力(円借款)、無償資金協力です。

OECD(経済協力開発機構)の傘下に開発援助委員会(DAC:Development Assistance Committee)という組織があり、加盟国の経済援助の在り方などを取り決めています。

そのDACが勧告しているのが、協力のアンタイド化(自国のODAを他国企業にも開放すること)です。
後発開発途上国(LDC)と重債務貧困国(HIPCs)に対するODAのうち、有償資金協力、無償資金協力はアンタイドとするように勧告されています

2014年JICAが主催したインド向けODAのセミナーに野村グループも参加していてレポートが出ていますが、そこには以下のような記述がみられます。
2008~2012 年のインドの円借款案件における日本企業の受注シェア 10%
(円借款全案件では 35%
) >

週刊エコノミストによれば、2013年度は有償資金協力(円借款)を供与した事業の日本企業の受注率は、20.6とさらに下がってしまっています。
この記事内では、「日本企業が受注しやすいように、案件の形成段階から、日本企業が有利になる技術を仕様に盛り込むなどしている。」ということでしたが、やはり他国の企業に持っていかれる方がまだ多いと思います。
そもそも、日本企業の体力がない場合や、中国韓国の低賃金低品質が攻勢をかけてきていると、最初から日本企業が手をあげない(応札しない)こともあります。

日本政府の円借款(有償資金協力)を中国韓国が受注していることを書かれているブログ記事もあります。
ブログ円借款タイド案件の「日本企業」受注を首相の手柄の如く報道する産経新聞/中韓企業が受注した円借款事業(2013年度)
  2014年12月20日 朱鷺の森日記 さま

同じ方のブログ記事ですが、イラクでの日本のシンボル的事業にも中韓が受注していることを紹介しています。
また、2015年度ODA総予算額2兆円弱の日本と2013年度有償無償合わせて17.4億ドル≒2000億円)の韓国とが「不足する財源を補完し合う」という日本にとって損するだけの話し合いも紹介しています。ばかぁ
ブログ2015年度ODA総事業量 約1兆9550億円/日韓援助協力
  2015年02月12日 朱鷺の森日記 さま

日本の援助実施機関はJICAですが、韓国では韓国対外経済協力基金(EDCF)とKOICAが担っています。
いつものように、お金もないのに他人の金でいい顔をしようという、厚かましく図々しい韓国人らしい話をしているので、第11回参議院政府開発援助(ODA)調査派遣報告書の一部を転載します。(第4章のⅤ派遣団員としての所見291頁です)

波線(2)日韓の援助協力
日韓の援助協力は、技術協力やEDCFとの協調融資が既に行われているところであるが、キム(KOICA)理事長、チ国際開発政策チーム長共に日韓協力の必要性に言及した。界的な有力企業を擁し、技術力の高い日がODAで協力すれば、必要な国によいものを安く供与することが可能になると考えられる。
また、日韓共にODA予算が限られる中、日韓協力を推進することにより、不足する財源を補完し合うことも可能となろう。他方、日韓協力に当たっての懸案としてキム理事長からは、JICAの柔軟な対応が必要であるとの認識が示された。今後、我が国がODAで日韓協力を推進するためには、このような課題を克服しつつ、それぞれの得意分野でお互いに補完しながら進める必要があろう。波線転載END

技術力の高い日韓って、どうして韓がいるんでしょうか?
2千億円の韓国が2兆円の日本と財源を補完し合う?
協力にあたってJICAの柔軟な対応が必要?
この物乞いの発言を直訳すると、
「日本は韓国が世界にいい顔をするために、つべこべ言わずに技術と金を出せ!」です。はこ怒る

日本側は何か言い返したんでしょうか?期待できないですね。
JICAはKOICAと定期的に協議の場を今も設けています。本当に馬鹿ですね!はこ怒る

韓国に頭にきて横道に逸れましたが、有償資金協力(円借款)は貸付だから、そのお金で中国韓国が儲けるのは癪でも、貸したお金は途上国から返してもらえるからいい、そういうお人好しもいると思います。

でも、お金をあげることしか能のない日本政府は結構債権放棄しているのです。
外務省が「我が国の債務救済措置(公的債務免除額)(概算値) 2015年3月」というデータを公表しています。

平成15年から平成25年までの間に、ODA債権1兆1289億9千8百万円
非ODA債権1兆361億8千万円で、合計2兆1651億7千8百万円 を債権放棄したのです。

政府がアフリカに1兆円と言っていることと、中国にアフリカで対抗することの無意味さを感じるので、上記11年間に債権放棄をしてもらった国のうちアフリカだけ見てみました。
国名を羅列します。
ベナン、モーリタニア、タンザニア、マリ、ウガンダ、コンゴ民主共和国マラウイトーゴ、ニジェール、ギニア、セネガル、ガーナシェラレオネルワンダザンビアブルンジボツワナマダガスカル、ナイジェリア、エチオピア、カメルーン、モザンビーク中央アフリカスーダンアンゴラセーシェル、リベリア、コートジボワール
(※下線の国は非ODAだけです。赤字の国は複数回、赤太字は5回以上の債権放棄相手国です。)

そもそも毎回のように借金を返さない国の事業は、円借款案件とはならないのではないかと思います。返済が滞っていると次の円借款ができないので債権放棄しているのでしょうが、誰が無理してやりたいのか?ほかの方法がないのか?気になるところです。

こういう地域に日本人の血税をつぎ込み、単なる外国企業ならまだしも、政府が率先して反日活動をしている敵国、中国や韓国に受注され、誰のお金がわからない地元民には日本の援助も知られないまま、中国や韓国が有難がられ(トラブると日本が前面に押し出されます)代金も踏み倒し。punpun#*
たとえ今はおとなしくしていても、20年30年経ったら、「この橋は韓国人が作りました」なんていう記念碑を建てかねません。
現に日本のODAで作った建物に今は韓国の国旗が翻っているところがあります。日本政府は何もしませんが、日本の援助関係者は怒っているそうです。

それに、どこでもそうですが、優しい国ではなくて、怖い国の言うことを聞くのです。
お金も大事ですが、それももう昔の勢いはなく、アフリカ人と互角に渡り合える中国人と競争なんて、狂気の沙汰です。ばかぁ

みなさん過酷な暮らしができますか?日本人が住めない不衛生で虫だらけで食べ物もろくなものがなくて、現地人の気質も荒いところへ仕事しに行きますか?
中国人や韓国人は普通にそれができるのです。特に中国人は凄いです。
日本人が行きたがらないところにODAをやると、日本企業に不利になります。
例えは良くないですが、家がゴキブリとネズミだらけになってそこに住んでいられないでしょう、そこに住める人が勝者です。だから、中国人韓国人は強いのです。
汚職がすごいとか治安が悪いとか医療事情が悪いとかそういうものだけではないのです。
中国に行ったときに私は思いました。この不潔さと厚かましさには敵わないと。ガクブル

ODAは海外で行われるので普段日本人の目に触れることはありません。
会計検査でたまに指摘されますが、海外に普段からいる大使館やJICAなどが上手に立ち回ると、あまり手が出せません。
国力が落ちてきていて、お金を配っても中国に負けてしまうのですから、無駄なバラマキをしないほしいです。

日本の国内のインフラがボロボロです。どうしてこっちにお金が回らないのか不思議です。カピバラ
公共事業を悪のように叩きすぎたから見えないところに行っちゃたんでしょうか?
そして、見えないところで中国や韓国企業にお金をあげることができるようになりました。
だとすると、公共事業を悪だと叩いた人にはどういう背後関係があるのか見えてきますね。嫌がっている顔



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはバックアップ用でコメントは受け付けていません。
アメブロ版(お気に入りから行けます)へお願いします。
操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク