記事一覧

安保法案反対は日本人に無理心中や隷属を強いること、戦争反対はそもそもみんな戦争反対なので意味不明

 こんな事件がありました。
NEWSパリ行き列車内に武装した男、乗客らが取り押さえ 3人負傷 2015.08.22 CNN

オランダ・アムステルダム発パリ行きの高速鉄道車内で21日、ライフル銃や刃物などで武装した男が乗客らを襲い、当局によると、3人が負傷した。男は居合わせた米兵らに取り押さえられた。

取り押さえに参加した一人、アンソニー・サドラー氏はCNNの取材に対し、男はトイレから上半身裸の格好で、自動小銃AK―47を肩から下げた状態で出てきたと説明。友人のアレック・スカラトス氏が「やつを捕まえろ」と叫ぶと、もう1人の友人、スペンサー・ストーン氏がスカラトス氏に続き男に突撃。サドラー氏も含めた3人で男をたたき、スカラトス氏が男からライフル銃を奪ったという。
その際スペンサー氏はカッターナイフで切りつけられ、頭や首などに多数の傷を負った。親指は切断寸前だったという。
サドラー氏は別の乗客の助けも借りて男を縛り上げた。また、のどを切られた男性に気が付き、スペンサー氏が止血の処置を行ったという。
当局によると、男はカッターナイフのほか複数の刃物も所持していた。
列車は行き先を変更し、パリ北方185キロのアラス市に向かった。

アラス市の広報担当者によれば、負傷者のうち2人は重傷だが命に別条はない。このうち1人は米国人。また、フランスの俳優ジャン・ユーグ・アングラード氏が手に軽傷を負ったとした。
当局者によれば、男はモロッコ国籍。イスラム過激思想を持っているとみて欧州テロ対策当局が動向を注視していたという。別の治安筋はこの男について、フランスの情報機関に知られた存在であり、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」に共感していたようだとしている。ただ、具体的にどの組織に忠誠を誓っていたのかは不明。
当局者によれば、男は多くの弾薬を持っていた。無差別殺傷が食い止められた形であり、公式には発表されていないもののテロ行為の疑いがあるとしている。
※どういう状況だったかを理解してもらいたいために、実況と関係ないところを一部省略して転載しました)


この武装テロリストモロッコ人を取り押さえた人達の勇気を称賛したいと思いますし、大事に至らなくてよかったと思いました。

この場面は、明らかに敵意と殺意を持った犯罪者が、突然目の前に現れて自分たちを攻撃しようとしている状況です。

相手が武器を持っているので、自分が互角に戦える武器を持っているか、持っていても使用できる訓練を受けているかでないと、ただ逃げるしかない状況です。
今回は逃げ場のない列車の中なので、黙って殺されることになります。

ここに偶然、戦う訓練と知識を持っていた乗客の軍人と正義感と勇気を持ち合わせた乗客が居合わせたのです。もちろん相手に勝てるという自信もあったと思います。(マンガに出てくるようなあり得ない敵がいたら別の考えを持ったかもしれませんから)

おかしなデモをしている人たちが、この列車にいたら、普段の主義主張から次のように動く必要があります。
・まずテロリストに敵意がないと知らせます。
・相手が聞いていなくても「憲法9条の偉大さ」「平和の理念」を話します。
・テロリストに向かって戦っているアメリカ人たちに対して、「暴力反対!」と言って邪魔をします。
ぇ゛
(途中で撃たれて、たぶん全部は出来ないでしょう
sei

どう思われますか?全くの狂人ですよね。こんな人が同じ車両にいたら助かる人も助かりません。
自分だけが殺されるならいいのですが、他人も巻き添えにするという悪質な人たちです。
こんな奴らがいたら、テロリストと戦う前に、まずこいつらを列車から叩き出さなくてはいけません。

日本に対して敵意があり(様々な種類の)攻撃をしているのが、中国、韓国、北朝鮮です。
テロリストがその3か国だとして、戦うのが自衛隊やアメリカ軍です。
攻撃者ではなくて、自衛隊やアメリカ軍に「戦争反対」と言って妨害しているのが反日左翼です。
だから、反日左翼は危険視されるのです。

以下に共感できるブログ記事が2つありましたので紹介します。


ブログなぜ安保法案の容認派はデモに不快感を覚えるのかということと、安保法案の代替案について
  永江一石 2015年08月09日 
リンク先をご覧いただきたいのですが、簡単に言うと以下のような趣旨でした。

線安保法案容認派も戦争は反対なんで、戦争反対デモは全く響きません線

線世界で正当に集団的自衛権を放棄しているのはスイスとオーストリアですが2国とも徴兵制。国民皆兵体制です。よって集団的自衛権はいらないと叫ぶなら、わたしたちを徴兵してくれ、自分の国は他国に頼らず自分で守るという主張になってしまう。線

ということを述べられていて、さらに代案を出されていました。
1.世界中の中国大使館に圧力
  中国が暴挙を止めれば安保法案いらない
2.火力発電止めて全部原子力発電でいく
  タンカーもいらなくなり、海峡を封鎖されても平気です
 (2004年に日本のタンカーが自爆攻撃を受けて、その時に守ってくれたのが3人の米海軍と沿岸警備隊。 彼らは日本のタンカーを守って死に、本国には幼い子供を抱えた家族が残された。)という話も載っています。

2つ目が、
ブログデモに参加したら就活できないの?と思った時に読む話 ---  
  城 繁幸 2015年08月12日
こちらもリンク先をご覧いただきたいのですが、以下のようなことを書かれています。

線デモに参加すること自体にデメリットはないけどメリットもない線

線今回の安保反対運動のバックにいるのも、そうした「歴戦の敗者」たちです。線

線彼らは論理的にとっくに破たんしていて新たな社会の在り方を政策的に落とし込むことが不可能なので、なにかしらイベントのたびに危機をあおることで存在感を演出しているだけ線

線要は左翼ビジネスの一環というわけです。「民主主義の危機だ!」とか叫んでる人もいるようですけど、危機なのは彼ら化石左翼の存在そのものというわけです。線

線ボロ雑巾みたいな左派のロジックを開陳して「これすごいですよ!今の日本は大変なんですよ!」って言ったとしたら、普通の面接官ならどう思うでしょうか。
筆者の感覚で言うと、その学生の資質に深刻な疑問を抱くビジネスマンの方が多いように思います。恐らく、情報収集のアンテナがとても低いか、偏っていて、なおかつ自分の頭で論理的に思考する能力に欠けていると判断されるはず線

こんな感じです。

マスコミが、こういうデモの正体を隠し、先進的でかっこいい若者だと誉めそやし、結果的に中国など敵に有利な世論を作ろうとしているだけなのです。デモはそのために利用されているのです。
騙されやすいっていうのは罪ですね。パンダ残念
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク