記事一覧

Akon: アメリカは黒人に合わせて作られた国では決してない!不幸ならアフリカへ戻ろう!

セネガル系アメリカ人歌手Akonはご存知だと思います。
私は詳しくありませんが、 Right Now (Na Na Na)は好きです。(下にYouTube貼り付けます。Tubeラジオ。



アルジャジーラが彼にインタビューしたのですが、その中で、共感した部分があったので紹介したいと思います。

記事Akon: 'America was never built for black people' 23 Jan 2015 アルジャジーラ

動画ですべて見ることができますが、記事だけからにさせてもらいます。
前半はAkonの業績などが書かれているので、私が気に入った後半を要約します。

Akonはアメリカのミズーリ州で生まれました。昨年窃盗をした黒人少年を白人警察官が射殺したとして暴動が起きた州です。(※過去記事で取り上げました)

Akonは、どうしてアフリカ系アメリカ人に対して、もっとよくアフリカについて知るべきだと考えているのか率直に語りました。

彼は言います。
「ニューヨークの公営住宅を例に取り上げます。アフリカに比べたら、公営住宅でも5つ星クラスの豪華ホテルです。彼らはアメリカ政府からお金をもらえます。生活困窮者に対する援助プランがありますので、フードスタンプももらえます。アフリカに比べたら恵まれています。

国の予算を貧困者に配分する仕組みが大きく違っています。
もし、アメリカで不満ばかり表明しているアフリカ系アメリカ人が、今自分たちがいるアメリカでの社会的地位と同等のアフリカの地位へ連れていかれたとしたら、
アメリカへ戻りたくて泣くでしょう。

波線要点紹介END

このインタビュー記事はTimes LIVEにも紹介されていて(Come back to Africa, Akon tells Americans)、こういうことも書いてあります。

「アフリカ系アメリカ人は視野を広げる必要がある。」

アメリカ社会の制度というものは、決してアフリカ人のために作られたものではない。

「いつも思うのだが、アフリカはアフリカ人のためにあるように感じる。だから不幸なアフリカ系アメリカ人はアフリカへ帰ったら?

「実際何人のアフリカ系アメリカ人がアフリカを旅行先と考えているでしょうか?
たとえそれが単に見聞のために、彼らがどこから来たのか知るために、それが何であるのかを理解するためであっても。
アフリカ系アメリカ人に植え付けられている恐怖が大きすぎるため、彼らはアフリカに行こうともしない。
アフリカの話をしてごらん、彼らは震え始めるよ。

波線一部紹介END


イスラム過激派を見ても朝鮮人を思い出しますが、アメリカの不満顔の黒人を見ても在日朝鮮人にダブります。嫌がっている顔

奴隷として連れてこられた黒人、勝手にやってきた黒人いろいろいますが、同じ黒人の中から(私から見れば)真っ当な意見が出ています。

日本で生きて行くつもりなら、在日朝鮮人もこういうことを大声で言えるようにならないといけないですね。
まして、在日は国籍も立派な外国人ですから、堂々と祖国へ帰ることができます。
アフリカ系アメリカ人よりも帰りやすいですね。

反日在日朝鮮人さん、Akonの言葉が身に沁みませんか?
不満があるなら、朝鮮半島へ帰りましょう!べあ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはバックアップ用でコメントは受け付けていません。
アメブロ版(お気に入りから行けます)へお願いします。
操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク