記事一覧

イスラム国だけではない、世界には話が通じない者だらけ。国営放送で意思を鮮明に表明すべき。

イスラム国の身代金要求で、日本の人道支援が対イスラム国作戦に使われていると誤解されたという意見があります。私はそうは思いませんが、そのことを考えてみます。

日本政府が人道支援目的で拠出するのは間違いないです。
しかし、周辺国は対イスラム国有志連合に加わっていますし、お金に色がない以上、イスラム国に敵対するものだという理屈も正しいのです。

シリアでの戦闘に参加している中東の有志連合はバーレーン、ヨルダン、カタール、サウジアラビア、ア首連(UAE)ですが、その中でお金持ちではないヨルダンに日本政府は支援をしたわけです。

ヨルダンはイスラエル、シリア、イラク、サウジアラビアに囲まれていて、地理上今回のことから逃げられない国です。ヨルダンが有志連合から外れたら?ヨルダンがイスラム国に侵略されたら?それはイスラム国の拡大を許すことで阻止したいと有志連合(日本も参加しています)は思ったのです。
だからヨルダンを支えることはたとえ人道援助でも立派な反イスラム国行為となるのです。

ただ、こういう理屈はイスラム国も承知のうえで脅しているはずで、「人道支援だったのか?なら間違っていたから解放します。」という話にはならないと思います。
それでも日本政府が、人道支援だと世界に向かって言い続ける意味は大いにあります。

今政府が水面下で何をしているのかわかりませんが、首相の声明を見ると出来ることはしていると思います。


イスラム国も、アフリカで非道の限りを尽くしているボコハラムも全く話が通じない相手です。
爬虫類好きには悪いのですが、そのくらい意思の疎通ができません。言語が通じているだけです。

私達の近くにそんな国家がありませんか?
中国と南北朝鮮です。彼らの働きのせいで今やアメリカや時に欧州、国連までも日本の主張を頭ごなしにはねつけます。

世界にはどんなに理屈を述べても、証拠を出しても、全く聞く耳を持ってもらえない理不尽なことがよくあります。聞かないという結論が先にあるからです。
だから、そういうところに両者間の対話の場を設け、誠心誠意説明をするというのは効果がないのです。

ならばどうするのか?
とにかく大声で日本の主張をしつこいくらい繰り返すことです。韓国みたいにです。
そうすることで風向きが変わりだします。「日本を攻撃するのは間違いではないか・・・」と感じる人が増えてくれれば大成功です。
他人に主張を理解してもらうには、こちら側も努力しないといけません。「お天道様が見ていてくれる」という意味不明の、何もしないための言い訳は状況を悪化させるだけです。

こんな記事もありました。
NEWS「米教科書に事実誤認」 出版社に訂正求める 1月19日 23時42分 NHK
菅官房長官は19日午後の記者会見で、いわゆる従軍慰安婦の問題などを巡ってアメリカの出版社が発行する公立高校などの世界史の教科書に重大な事実誤認が確認されたとして、先月、この出版社に対し訂正を求めたことを明らかにしました。

この中で菅官房長官は、アメリカの出版社「マグロウヒル」社が発行する公立高校などの世界史の教科書について、「慰安婦問題や『日本海』の呼称問題などに関して重大な事実誤認やわが国の立場と相いれない記述が確認されたので先月中旬に在外公館を通じて記述内容の訂正を申し入れた」と述べました。
そのうえで菅官房長官は、記者団が「出版社側が訂正を拒否したのか」と質問したのに対し、「現時点で日本政府に対し『修正しない』という方針が伝達されたという事実はない。『事実誤認である』という日本政府の立場を説明するとともに訂正を申し入れているので、相手の出方を見たい」と述べました。
波線転載END

こういう動きは喜ばしいことです。しかし足りません。日本政府が後追いだからです。
こんなふざけた教科書を出させないような環境作りこそが役に立ちます。だから宣伝です。


誹謗中傷したらその相手に殴られた  これならまだ納得できます。
しかし、
誹謗中傷したと誤解されて間違って殴られた  こんなことは困るのです。

イスラム国の脅迫は実質的には誤解ではないのでⒶです。こういうことは想定できました。
それでも、日本を敵にすると「損をする」と思わせるために、日本の立場を宣伝するのは重要なのです。

中国韓国に対してはⒷです。嘘と戦うべきです。
相手よりも大声で主張すること、そしてもはや今となっては政府が前面に出る時期だと思います。
Ⓐなら信じる行動に責任を取り、Ⓑなら汚名をそそぐ、どちらも国営放送局から内外で日本政府の意見を発信することが大事だと思います。

マスコミは反日本人です。
イスラム国の脅迫が誤解(Ⓑ)によるのであれば、尚更正しい情報発信が必要だと思うでしょうし、
Ⓐの場合も、政府の立場を正しく伝えるために、やはり正しい情報発信が必要です。
今のマスコミはNHKも含めて、Ⓑを作り出し、それでも飽き足らず、それをⒶだと言うのです。
だから国営放送局が必要なのです。

NHKの海外放送だけを国営にしようという最近の動きはNHKの延命策です。
内外で国営放送が必要です。

そして最後に、テロには屈しないというのは「言うは易く行うは難し」です。
なぜなら、今の世界秩序は暴力で勝者が作ったものだからです。お手本がいるのです。
今の秩序を変えたいなら、暴力しかないと彼らは信じているのだと思います。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター