記事一覧

フランス警察、移民同士の争いに出動  移民を入れると自国民に無関係な仕事が増える。

私はヨーロッパの仕組みが日本にも導入されたらどうしようと、いつも恐怖を感じながら報道を見ています。ガクブル
こんな日本には絶対になってほしくありません。


NEWSFrench police break up migrant fight
Last updated: 03 Jan 2015 13:35 アルジャジーラ

Riot police called after migrants clash in Calais as frustrations mount over lack of lorries crossing the Channel.
French riot police were called in to end fighting among about 200 migrants in Calais that left seven people injured.

The clashes took place on Saturday in the sand dunes near the port where hundreds of migrants hoping to get to Britain wait out their chance in makeshift camps and shelters, AFP news agency reported.

"It was a big fight involving 200 migrants. We have had ones of this size before," Nicolas Honore, police official, said.

Tensions between African and Afghan migrants boiled over amid frustration about the lack of lorries crossing the Channel because of the holidays, according to Christian Salome who works with a group that provides meals to the migrants.

"Some of them had been drinking, especially the Africans, which can cause tensions with the Afghans who do not drink," he said.

Calais is the main staging post for migrants trying to reach Britain from continental Europe without official documents, usually by smuggling themselves aboard one of the thousands of trucks that leave daily via the port and cross the Channel by ferry.

About 2,300 migrants, mostly from Sudan, Eritrea and Syria, live in the makeshift tent village in Calais known locally as "the jungle".

The town hall is expected to open a day facility for migrants in April.

Source: AF
波線転載END
~~~~~~

フランスの機動隊がドーバー海峡を渡るトラックの減少にフラストレーションを募らせた移民同士の諍いに投入される。

フランスの機動隊が、カレーで起きた200人の移民同士の抗争を収めるために投入されました。人の移民が負傷しました。

AFPによると、土曜日、何百人もの移民がイギリスへ行くチャンスを夢見て仮住まいのテントで生活するカレー港の近くの砂丘で衝突が起きました。

「それは200人の移民が関与した大きな戦いでした。以前にもこの程度の衝突はありました。」と警察官僚の Nicolas Honor氏は言いました。

休暇でトラックの通行が減少していたことでフラストレーションが溜まっていた最中に、アフリカ移民とアフガン移民との間で緊張が高まってしまいました。移民に食事を提供するグループで働くChristian Salome氏の発言です。

彼らのうち何人かは飲んでいました、特にアフリカ人、そしてそれが酒を飲まないアフガン人との間で緊張を高めてしまいました。

カレーは正式なドキュメント(パスポートやそれに類似する書類)を持たない移民にとって、ヨーロッパ大陸からイギリスへ渡る主要な足場となっています。普通は毎日多くのトラックがカレー港を経由してフェリーで海峡を渡るときにトラックに潜んで密航することによって成し遂げます。

2300人の移民、多くはスーダン、エリトリア、シリアからで、地元では「ジャングル」と呼ばれる間に合わせのテント村で暮らしています。

市は4月から移民のために生活支援の施設を開設する予定です。
※難民なのか移民なのか資格が曖昧なので移民と訳しています)
波線END

以前にもカレーでのテント村の様子を伝えた記事を書きました。
グローバリゼーションの実験場 EU こういう風になりたいのか、現実を国民に知らせるべき。後編

自国に、自国と何の関係もない外国人がテント村を作り、時々衝突を起こし警察が投入され、今度は税金で生活支援施設を開設。
欧州ではこれが当たり前なのでしょうか??*

ちょうどこんな報道もあります。
船員のいない難民船が増加、密航斡旋の新手法か CNN 2015.01.03 Sat posted at 14:18 JST
1人当たり3千ドルで不法入国を請け負うブローカーが、イタリアの領海辺りで人道支援団体やヨーロッパの当局に救助要請を行い、船員は難民に紛れ込んだり、船を捨てて逃げるということをして船員のいない船を漂流させるという新たな輸送手段を編み出したというニュースです。
今や不法入国の斡旋業は数百万ドル規模のビジネスになっているということです。

こういった経路で来た難民たちの一部がカレーに来ているのでしょうね。
こういうニュースは映像も一緒にぜひ日本のテレビで頻繁に流してもらいたいものです。punpun#*


関連記事
スポンサーサイト

コメント

2. Re:無題

>orangeさん

水際での取り締まり、それが一番大切なのに、短期観光をビザなしにしたり、日本の入管窓口では特別永住者を日本人と同じブースに誘導して英語表記はjapaneseだけ。
こんなことだから朝鮮人が日本人と同等の権利を寄越せと狂ったような要求をするようになるんでしょうね。中国でも在日朝鮮人が日本人だと言い張って中国入管から「お前は韓国人だ!」と正論を言われた事件がありましたね。

区別は日本人と外国人にすべきところを日本人+朝鮮人と朝鮮人以外の外国人という分け方なので、本当に気持ち悪くて異常なことだと思います。

日本は朝鮮人という不法入国者を入れて大事にしたぱっかりに国を乗っ取られそうになっています。
いい加減目を覚まさないといけないですね。


1. 無題

日本も既に在日朝鮮人への生活保護など、余計なお金が使われていますね。外国人移民が増えれば、もっと増えていくことが考えられます。

在日朝鮮人のほとんどは元は不法移民ですので、やはり水際で取り締まり、そういう人間を入れないことが最も重要だと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター