記事一覧

米国はもう手を引きたいのかな?ついに米国までが靖国参拝で中韓側に立つ

安倍首相が靖国参拝をしたことが、これほどニュースになるなんて本当に変ですね。

中韓のイチャモンは「内政干渉するな。むかっ」この一言で片付けていいと思います。

行っても行かなくてもイチャモン。

助けても助けなくてもイチャモン。

真面目に理由なんか説明する必要ないです。聞く気ないですから。


それよりもむしろアメリカ大使館のコメント にはえっでした。


2013年12月26日


日本は大切な同盟国であり、友好国である。しかしながら、日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動をとったことに、米国政府は失望している。


米国は、日本と近隣諸国が過去からの微妙な問題に対応する建設的な方策を見いだし、関係を改善させ、地域の平和と安定という共通の目標を発展させるための協力を推進することを希望する。


米国は、首相の過去への反省と日本の平和への決意を再確認する表現に注目する。


中国韓国の無法ぶりには失望せず、いつも我慢をさせていた日本が先祖の霊にお詣りすると失望するんですね。

でもこういう理由はあってないようなものですから、理由はどうでもいいです。

見るべき所は、アメリカがどういう方向に行きたいか?そのために今回のことを利用して声明を出したのだと思います。


アメリカが正義の国だと思っている人はいないでしょう。

最近の例を挙げると、ウクライナでEU寄りの市民がロシア寄りの政府に対してデモを起こしました。

何日も続き衝突もあり、政府が治安部隊を使ったところ、アメリカはウクライナ政府を「市民に対して治安部隊を出動させるなど間違っている。経済制裁も視野に入れる」と息巻いていました。しかし同日のニュースでは、アメリカと思われる無人機がイエメンで一般市民の結婚式の行列を爆撃して多くを殺していました。イエメンでの作戦は認めていますが、個別には答えません。だから謝りません。でもほぼアメリカの攻撃といわれています。


まず初めにEU寄りがアメリカの国益に適うのです。だからそのために後から理由がつけられます。

靖国の件は既にアメリカは金融面でも中国に握られているので、もう気持ちは中国とやっていきたいことを教えてくれました。

簡単に政策を変えられないので、徐々にですがサインを出していると見た方がいいと思います。


戦後アメリカの国益のために利用してきた日本はそろそろ用済みみたいです。

アメリカを責めているのではありません。アメリカは自分の国益に沿って動きますし、世界情勢や米国内の人種構成も変われば、政治家がそれによって今までと違う動きをすることもあるでしょう。

仕方のないことです。


中国があの人口ですから、市場として魅力的ですし、自国内で中国系や韓国系が日系より多ければ、そちらの顔色を伺うことにもなります。


時代は変わり、アメリカもだんだん衰退することになるでしょう。そうするとアジアではやはり中国が仕切ることになりそうです。

その時に、共産党ではなくて、台湾へ渡った中国人達のような、もう少し私達にとって理解しやすい人達に支配してもらえば、日本人にとって厳しさが和らぐと思います。


日本政府は予算を10倍にしてでも情報戦を仕掛けるべきです。

中国語や朝鮮語で正しい歴史をネット、書籍、新聞、電波を駆使してシャワーのように発信すべきです。


中国韓国が一番怖いのは、自国民達が本当の歴史を知り、政府に洗脳されていたことに気付くこと。日本は黙ってばかりいないであらゆる方法で真実を発信して行く必要があります。そして河野談話を見直したり、嘘を言ってこのような事態を招いた朝日新聞などを証人喚問して、白黒をはっきり付けること。

こういうことは誰に憚ることなく出来ることなので、政府には本気で取り組んで欲しいです。

他国に期待するのは危険です。自分でやれることはしっかりやらないといけません。


玉虫色の決着というのは日本国内でのみ有効です。ことに中国韓国を相手にしたときは、つけ込まれるだけというのは学習済のはずです。


南スーダンの銃弾のことからもわかるように、彼らは嘘ばかりつきます。政府も韓国大使館から要請があったなら文書があるはずですから、証拠として提示すればよかったと思います。

毎回毎回、証拠を示して嘘つきの口を閉じさせないといけません。


それをしないなら、もしアメリカで日本びいきの人がいたとしても、日本を助けることは出来ません。アメリカで日本を擁護しても当事者の日本政府から梯子を外される事態になるからです。


脅されて譲歩ばかりしていると、アメリカだけでなく誰もが離れていくと思います。  










関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク