記事一覧

刑務所に職場や仕事を奪われるっていうこと? なんだかおかしいシステム!

そんなことになっているのかと驚いた記事です。リンク先でご覧ください。

ブログ米多国籍企業をたっぷり潤す現代の奴隷制度
 堀田佳男 2014/11/17  JB PRESSより
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42211

240万人の受刑者をもっと増やせ、そして低賃金でこき使わせろ!

100社以上の多国籍企業が刑務所と契約を結んでいて、製品を作らせているということです。
25セント~2ドルまでの時給だということで、これなら労働力の安い海外へ行く必要もないということです。

企業側から見てのメリットは
・低賃金
・労働者が職を辞さない
・賃上げ要求、ストライキがない
・有給休暇、遅刻、早退がない
・失業保険や福利厚生手当の必要がない
・仕事ぶりは四六時中チェックされている

こういうのを「獄産複合体」というそうです。

刑務所とは社会に迷惑をかけた人間が収監されているところです。
日本は更生を目指しているそうですが、アメリカはそういうことではないそうです。
私は懲罰的な刑務所暮らしをさせた方がいいと思っているので、これが受刑者にとって強制労働にあたると非難する気にはなれません。

しかし、彼らを強制労働させて、その搾り取った利益を企業がもらうというのはおかしいと思います。
様々なコストが不要というのは、囚人と税金がそれを負担しているからです。
利益が国や州に入るならいいのですが、何かおかしいですよね。

そのうえ、これでは雇用も奪われてしまいます。
住むところもままならず、食べることもできず、職を探して歩き回るくらいなら、犯罪者となって刑務所で強制労働したほうがましだという人も出てくるでしょうね。
衣食住と職があるんですから。rabbit*ハァ*






関連記事
スポンサーサイト

コメント

2. Re:無題

>orangeさん
コメントありがとうございます。

なるほど。
普通の従業員も刑務所の受刑者も同じようにみなしているんでしょうね。

獄産複合体って、企業にとって理想の姿だったりして。(゚Ω゚;)

1. 無題

これがグローバル企業(多国籍企業)と言われているところの正体だと思います。

ひたすら自らの利益だけを追い求め、労働者を会社の一員とはみなさず、奴隷のごとく働かせて搾取します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター