記事一覧

欧米はシリアやイラクを破壊して何がしたかったのか?現状を見ると欧米こそが諸悪の根源にみえるけど。

自国内に売国奴が跋扈しているなかで、遠くの国にまで思いを馳せることはなかなかできませんが、自分たちを守るために参考になることは多々あります。

■□■□■□■□■□

こんな報道がありました。(こちらには残酷なシーンはありません)
NEWSMan, woman stoned to death for adultery in Syria: monitor  
(シリア国内、男性1人、女性1人が姦通罪で石打の処刑)
Reuters By Rasha Elass  October 21, 2014 10:39 AM Yahoo

イスラム武装集団が支配するシリア国内の別々の地域で、男女1人ずつが姦通罪で石打処刑されたと人権監視団体が報告しました。

シリア、イドリブ県内のアルカイダ系列アル・ヌスラ戦線を含むイスラム集団が支配する地域で、男性1人が処刑されたことを人権活動家のシリア人が伝えてきました。この団体はシリア内戦でのすべての側の戦時暴力を追跡しています。

姦通罪に問われた男性が石打処刑されるという報告は、シリアが内戦に突入した2011年から初めてのケースです。この地域の支配権を強硬派イスラム集団がシリア政府から奪い取ったためと見られています。

女性の方はハマ県のアルカイダから派生したイスラム国の支配地域で処刑されました。

オンライン上に女性の処刑が投稿されました。あごひげを生やした戦闘員が他の戦闘員と彼女の父親(判決を承諾するために同席します)を前に判決文を読み上げます。

それから彼女は手足をロープで縛られて穴に跪かされます。頭からつま先まで布で包まれています。大きな石が彼女を打ち付け始めると彼女は大声で祈り始めました。
ビデオにはイスラム国のロゴが表示されます。

監視団体によると、女性の石打処刑はシリアのイスラム国内では3例目です。

イスラム国は支配地域内では日常的に男性へのむち打ち刑を行っています。姦通、国家転覆罪から神への冒涜罪、お祈り時の不在など、多岐に渡って犯罪と規定しています。

7月に今回と同じようなケースで2人の女性がイスラム国内で石打処刑されています。
うち1人は26歳の未亡人だったということです。

シリア社会は石打やむち打ちには慣れていません。
何十年もの間、シリアはイスラムと世俗の法がミックスされた法律によって統治されていました。姦通罪などはめったに訴追されませんでした。

彼女の処刑を監督する戦闘員は彼女の犯罪は彼女の夫に責任があると述べました。長く留守にして彼女を一人にしたということのようです。
処刑前には「すべての男たちは女たちをよく扱う様に。」と述べました。
注意「よく扱う」とは女性を大事にするということなのか監視するということなのかわかりませんでした。両方かもしれません。)

「女たちを1人にしてはいけない。イスラム法で定められた時間以上に女たちの前から姿を消してはいけない。兄弟たちよ、神の元へ戻ってきなさい。そして女たちを大切にしなさい。」と続けて述べました。

その監督者は彼女に「尊敬する姉妹」と呼びかけ、最後に何か言うことはないか尋ねました。
「私はすべての女性に自分の命よりも名誉を守るようにアドバイスします。そして男性全員にお願いがあります。自分の娘を嫁がせるときには娘がどういう環境で結婚生活を送ることになるのか詳細に調べてください。それだけです。」と女性は消え入りそうな声で最期の言葉を伝えました。

このビデオがいつ取られたものなのか、またこの女性がどうやって姦通罪の有罪判決を得たのか(イスラム法では少なくとも4人の証人を必要としています。)ははっきりわかっていません。

END


■□■□■□■□■□

この件はこちらにもあります。こちら 
NEWSSyria: Isis Stone Woman to Death for Adultery with Father's Help in Hama 
INTERNATIONAL BUSINESS TIMES By Gianluca Mezzofiore October 21, 2014 11:55 BST

(状況は同じだと思われますが、1つ目の記事にはない以下の内容が書かれていました。)

戦闘員が彼女に対して「判決は神の法であるシャリアによるのものなので、石打処刑について満足し喜ぶべきである。」と言いました。
そして彼女の父親の肩に手を置き、「彼女は婚外関係を持ったが、これは神の法に背くものである。」と言いました。

彼が彼女に刑を喜んでいるかと訪ねると、「はい」と答えていました。
石打刑が始まる前に彼女の父にはその刑に反対する機会が与えられていましたが、父親は拒否しました。

----------ここで誰かのツイートが紹介されています。そこに書かれているのは、
「この石打刑ビデオでゾッとするのは、彼女が父親に許しを請うのを父親が拒絶して石を打ち付けたことです。」 ----------

見たところ、イスラム国側が父親を(娘を許すように)説得していましたが、「父と呼ぶな!」と娘をロープでむち打ち、リードをひいて処刑の穴に連れて行きました。
彼女の父親を含む何人かの男たちが、彼女が死ぬまで石で打ち続けました。

 ビデオの出所についてはIBTimes UK.(この記事をアップした報道機関)では確認できていません。

7月にも2人の女性が姦通罪で石打処刑されています。
最初のケースは30代の女性に対してイスラム法廷で判決が言い渡され、 木曜日にAl Tabaqaのマーケット広場において群衆(暴徒や野次馬のようなもの)によって石打処刑が行われました。
2つ目のケースは26歳の女性に対して行われました。

少なくともうち1人のケースは、彼女の新婚の夫が、彼女が処女ではないと発見したことが理由です。

END



以前イラクでの女性の被害を書きました。(記事はこちら
今回はシリアです。

イスラム国の戦闘員が、男性に対して女性を大事にするように言っているのがどういうことかわかりませんし、父親が娘の助命嘆願をはねつけて一緒に処刑に加担したのも、そういう風習なのか、それともイスラム国に脅されてやらされたのかどちらか判断できません。

イスラム国が、女性の姦通罪は女性を放っておいた夫が悪いと言っているのですから、その夫を処罰しないのは変だなとも思いました。
女性に権利がないなら刑罰を与えるのは不公平ですしね。

しかし、姦通罪で石打の処刑をしたことは事実だと思います。
とんでもないことが行われています。これはしかし、バングラデシュから中東(アフリカのイスラムもそうなのか知りませんが)にかけて、東欧にもあったと思いますが、名誉殺人を今も行っているところがあるので、イスラム社会ではそれほど衝撃的ではないのかもしれません。
※名誉殺人とは:女性の婚前・婚外交渉(強姦の被害による処女の喪失も含む)を女性本人のみならず「家族全員の名誉を汚す」ものと見なし、この行為を行った女性の父親や男兄弟が家族の名誉を守るために女性を殺害する風習のことである。イスラーム文化圏では同性愛者も対象となる。ーウィキペディアより)

アサド政権下では世俗の法とイスラム法とを融合させて、むち打ちや石打の刑はなかったと書かれています。
そういう意味では、普通の人は今より幸せだったのです。イラクもそうです。
欧米が支援した「民主化勢力が」国を壊して、その結果こんなにしてしまいました。

確かにフセイン大統領もアサド大統領も独裁者だったのは事実です。
でもこれは韓国が酷い国だからといって、北朝鮮になったようなものです。住んでいる人はより不幸になると思います。

今日本も、中国、韓国に内政干渉をされて、人も資本も送り込まれて、それを国連が支援して、どんどん壊されていこうとしています。
国連が「アイヌ」とか「リュウキュウ・ピープル」だけでなく「コリアン」まで少数民族扱いして、穏やかだった日本社会に騒動の種を植え付けています。
人権屋にとって騒動は飯の種なんです。日本だけが平和で治安が良いのは許さないのです。

人権、差別撤廃、民族の権利、平和、隣国(泥棒ばっかりですが)と仲良く!なんていう言葉を叫ぶ人を警戒しないといけません。
そういう集団が規律のあった国家を滅ぼして地獄絵図に変えてしまったのですから。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

2. Re:無題

>orangeさん
コメントありがとうございます。

まさにおっしゃる通りです。
自分たちの言うことを聞くか聞かないか、これが基準ですよね。こういうところは韓国とも通じるものがあります。

本当に日本人はもっと気付かないといけないでしょうね。
(_ _。)


1. 無題

イラクやシリアについては、欧米の自分勝手で傲慢な姿勢が如実に現れているような気がします。

まず、自分たちの言うことに聞かないことが、両国を攻撃する理由となっているからです。幾ら人権侵害をしようが、独裁政権であろうが、自分たちの言うことを聞き入れるような国をターゲットにすることはありません。

もうひとつは、自分たちの価値観が絶対的な正義だと思い込んでおり、それを他者にも押し付けることです。歴史や環境も異なれば、価値観も違ってきます。しかし、欧米はそれを無視して自分たちの価値観を強要するので、結果として混乱をもたらします。

帝国主義の時代よりもましになりましたが、現在でも欧米人は、自分たちが最も優れているという意識を持っています。それがある限り、同じようなことが繰り返されると思います。

日本に対して不当に干渉したり勘違いをするのも、お米人が自分たちの価値観でしか日本を見ないからだと思います。こういうことをもっと多くの日本人は気付くべきです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク