記事一覧

知られざるアイヌの真実Night in サムライバー ③ 質疑応答

前回の続き、③ 質疑応答です。

動画はこちらから映画http://www.youtube.com/watch?v=todeTj0sN5w

知られざるアイヌの真実3


<司会進行役のTsubaki Minezaki(チーム沖縄)>

出身は北関東だが、沖縄に行って何か言うと、「ウチナンチューのことはウチナンチューで、ヤマトンチューは黙っていろ!」とよく言われた。

しかし、沖縄から戻ってきた時に、那覇にいる中村としこさん(90歳)という人が「ありがとう。沖縄のことは日本のことなの。日本の問題なの。」と言ってくれた。

沖縄のために行ったのではなくて日本のことが知りたくて沖縄に行ったんだということに改めて気付いた。

ヤマトンチューもウチナンチューもない、日本のことなんだと思っていたら、このアイヌ問題の人達に出会ってしまった。

--------------------------------------
Q
<来場者①(壇上にいる一人から)>

民族について、自民党の先生の中にも大和民族は元々単一民族という人もいる。砂澤さんのビデオを見ていると、アイヌというグループがいたが、鎌倉時代くらいからどんどん同化していって、今ではほとんど日本人と一体化したということ。

そのへんの流れを知りたい。極端な話をすると、DNAは元々一つだったがそれが色々な人種に分かれていき、それがまた一つの場所に規定化していったという話もある。

金子議員がアイヌ民族はもういないと言ったときに思ったことは、大和民族の話をする時にもともとアイヌ民族はいなかったという考えの人もいるので、アイヌ民族がもともといなかったのか、いたけれど今はもういないのか、どう考えているのか知りたい。


A
<砂澤陣氏>


金子さんとはそのことについて意見が違うと思うが、自分は「端からいなかった」派。どうしてアイヌを民族というのかわからない。

そもそも、その他多くの少数部族の一つに過ぎない。一つにまとまっていたわけでもない、言語が統一されていたわけでもないものを民族ということ自体おかしいと言い続けている。

金子市議の「もういない」というニュアンスはわかるが、自分は最初からいないという考えだ。

アイヌ側が自分たちへの政策を要求するうえで民族という言葉を使っているだけ。彼らにはアイヌの定義もないので、民族の定義も出しようがない。


---------------------------------------
Q
<来場者②(宮部さん)>

金子先生に質問。金子議員に会いに来た「自分は不正をしない」というアイヌの人はノンポリの人なのでしょうか?

砂澤さんに質問。アイヌ協会にも入らず政治にも興味のないアイヌの人のメンタリティーがどういうものか知りたい。自分は北海道に行ってアイヌの人に何人か会ったが、みんな強烈な人ばかりで、どう考えてもこの人平均的なアイヌではないと思い、ノンポリのアイヌの人がどういうものだか知りたいと思った。


A
<金子やすゆき札幌市議>

ほとんど電話。10人以上のアイヌと話した。思想上の偏りは覗えなかった。逆に自分はこんなにもらっているという人は来なかった。

だから不正をしている人は少ないと思った。あの人たちと一緒にされるのは悔しいと多くの人が言っていた。
不正=アイヌというイメージが出来なければいいと思う。

アイヌの優遇政策があるからアイヌになろうという人が出てくる。
定義もないし、結婚でもなれる。養子でもなれるし、それならまだしも家族もアイヌになれるという定義になっている。家族の定義もなく、一緒に住んでいても別居でも何でもありとなっている。

こういう話が伝わるとアイヌの人が辛い思いをすると思う。この仕組みを変えていかなくてはいけない。


<砂澤陣氏>

ノンポリのメンタリティーはすごく難しい。なんて答えたらいいんだろう。(会場 笑)

アイヌ政策に関わっている人、アイヌの着物を着ている人を自分は「アイヌコンプレックス」と言っている。

暴走族の戦闘服と一緒。脅し賺しの時だけアイヌの服を着る。行政行くときとか何か要求するときだけ着ていく。終わったら着替える。
あの人たちが差別撤廃と言っても絶対に無くならないと思う。

彼らは差別と向き合わなかったのでいつまでも行政に頼る人間になってしまった。

そういう人たちに関わるのも自分は嫌だ。
差別の再生産を産む政策がこういう軋轢を生んでいる。

アイヌに関わっていないアイヌは本当に迷惑がっている。
昔はアイヌの土産物屋100店舗あったら70店舗はアイヌ系だった。
今は全く逆で100店舗のうちアイヌ系は20店舗位。

アイヌコタンにアイヌ系店舗が残っている。しかしそこはツルガ(?)観光という鈴木宗男の息がかかっているところが絡んできてしまい、そこからカジノ構想やろくでもないことばかり起きている。

アイヌは神様たちを形にする人たちではなかった。
熊を彫っているのもアイヌではなかった。白老に入植した人達がスイスを真似て木彫りを始めたのがきっかけ。それをアイヌが真似した。あれをアイヌのものだと思ってはけない。

アイヌの儀式というのも観光ブームに乗っかって見世物として出来上がったのもが殆ど。

アイヌ協会や政策に関わっていないアイヌは自立している。日本人と同じ生活をしている。
旧土人保護法の時代にもその政策を受けなかった人はたくさんいる。

自分の祖父母は明治時代後半から昭和初期のころに身銭を切って上京し、アイヌ政策の陳情を行った。特高に追っかけられたりしたのを金田一京助が援護してくれたという歴史がある。

そのころから政策はいらない派(
※政策は必要との言い間違えか?)と早く日本国民として溶け込もうという派があった。後者が圧倒的に多かった。

GHQ占領下時にGHQが旭川でアイヌの長老たちと面会、その時に「独立するか?」と聞いている。
スミソニアン博物館に資料があるので、生きているうちにコピーを取って日本に持って帰ってきたいと思っている。

「もし独立するなら土地と資源を分け与えるがどうするか?」というGHQに対して長老たちは
「自分たちは日本国民としてここに留まる」とはっきり独立を断っている。彼らの子孫は今のアイヌ政策には一切かかわっていない。

ノンポリアイヌについては自分はわからない。なぜならみんな普通に生活していて接点がない。
アイヌ利権に絡んでいる人は表に出てくるので自分たちにかいつまんで調べられてしまう。アイヌの人はみんなわかっている。自分たちがアイヌではあっても民族ではないことを。

(アイヌは)地方地方によって特色があり、全く違う文化の系譜、社会の系譜を持っている。
だからアイヌ同士であいつは偽物だと平気で罵る。それは、やっていることが違うから。
これ(←諍いのこと)が酷くなったのは、一踊り3万とか4万円、祭祀をやったら30分座って8万円もらえるようになってから。そして、それがでたらめ。どうしてかというと個人個人で解釈が違うから。

アイヌ語が一つにされないのもそこ(←地方によって違うこと)が原因。

だから、ノンポリの結論まで話もっていけない。難しい。ごめんなさい。(会場笑)


--------------------------------------
Q
<来場者③(葛飾から来た田中さん)>

生まれが福岡で、そこでずっと教育を受けてきたので同和問題というのがあった。中学高校でも毎月1回必ず同和の授業があった。ある時これおかしいと思って毎回授業最後に書かされる感想文に「こういう教育をいつまでも続けているから差別がいつまでも続くんじゃないか」と書いたことがある。

担任の先生から「そんなこと言うもんじゃない」と怒られた。こういうことは言ってはいけないと言われた。

今政治の世界に身を置いているが、
差別がないと困る人たちがいる。

その人たちが差別を煽って、
「ここに差別があるじゃないか、だから助けなきゃいけない、だから金を流せ、そのうちの一部を私がもらいます。」という動きをしている。

自分達
保守の活動家としては、本当に差別をなくすために、差別を利用する人たちと戦っているんだという姿勢を打ち出していく必要がある。

聞きたいのは、前九年の役で滅ぼされた安倍一族はアイヌ協会の中でアイヌとして扱われているのかどうか?もし扱われているならその安倍氏の子孫が内閣総理大臣で、アイヌの子孫が総理大臣でどこに差別があるのか。


A
<砂澤陣氏>

(安倍一族のことは)全くアイヌとしては捉えていない。

来年度アイヌに対する意識調査が全国で行われる。
意識調査は差別を刷り込むこと以外の何物でもない。
意識していないところに意識を植え込む。
これを全国の小中学校でやるとはとんでもないこと。
そういうことを読ませる、書かせるからそういう風に捉えてしまう。

特に子供のうちには当たり前のようにそれを受け入れると思う。
この(アイヌ)政策を全国展開される切り札として使われる。
金子さんの子供が札幌の小学校で習ったように、「私達のお父さんお母さんはアイヌを殺して北海道を奪った」(と全国規模で教わるようになる。)


~同質問者からの途中質問。 内閣府の概算予算にアイヌの意識調査700万円とあるが、金子市議のせいで調査するのかと思ったが、意識調査は初めてなのか?(
※アイヌ民族への差別の実態や理由を分析するため、2015年度に全国を対象とした国民意識調査を実施する。記事はこちら)~


アイヌに関する意識調査を全国規模で行うのは来年度が初めて。

アイヌ生活実態調査というものが行われている。これがばかばかしいもので、
「あなたの家にテレビはありますか?」「冷蔵庫はありますか?」「パソコン使ったことありますか?」この調査に何百万と使われていて、この結果を北大がもっていって「ほら、こんなにアイヌは可哀そうだろう。」そして北海道新聞が、"朝日より酷いと思っているが"、「アイヌはこんなに差別されている」と記事に書く。これは日常的に北海道で行われている光景。


北海道の人はみんなうすうす知っている。
年間何億も予算があるならもう全国的に文化が普及しているはずなのにそれが無いのは、お金がまともに使われていないということ。
お金をもらうために自分たちの文化だと言ってでっち上げの文化を創り出しているから、底辺で広がらない。

部落問題もそうだが、差別問題って何だろうということを保守側の人が言っていけば、左側の人にとってこれほど嫌なことはないと自分は思っている。
保守側の人が「差別撤廃」や「人権」ということを謳うようになったら左側のお株を奪うことができる。
ブログやSNSでそういう言葉をちりばめてほしい。

~会場から別の人が質問。アイヌに関する意識調査についてどうやってその情報を見ることができるのか?~


A
<砂澤陣氏+金子やすゆき札幌市議>

たぶん対象は中学校と高校ではないか。
調査内容はまだ公表されていない。
たぶん内閣府が調査をすると思う。

-------------------------------------
Q
<来場者④>

自分は飲食店を経営している。そこの従業員にアイヌについて聞いてみた。すると中学生の時にアイヌの勉強をしたという人がいた。2人同年代がいるが、1人は北海道に行ってアイヌのいる町でいろいろ教わった。もう1人はアイヌ衣装を着た人がやってきて、編み物を教わった。

2人とも金子市議の子供と同じで「アイヌは日本人に酷いことをされた」という話を聞かされた。従業員の1人は「アイヌって日本人なの?」というくらいなので、こういう意識調査が怖いし、やめることは出来ないのか?

A
<砂澤陣氏>

もう決まっていてやめることは出来ないようだ。


<金子やすゆき札幌市議>

政治行政のやり方はどこも同じで、根拠が必要になる。
客観的な統計ではなくて、アンケート形式の調査だと簡単に差別があるという結論を導きやすい、そのための意識調査だと考えている。

今まで北海道でやってうまくいっていたのでこれを全国に広げていこうということだと思う。
これはぜひ止めなくてはいけない。

慰安婦の問題と同じだと思うが、私達の祖先を貶めてまで差別を作り出そうとするこの動きは何なのかと、皆さんも怒っていますし、これはぜひ止めさせなくてはいけないと思っている。


--------------------------------------
Q
<来場者⑤>

一主婦で二十歳になる息子がいる。
砂澤さんの話に驚いた。金子市議についてはブログ等を読ませてもらっている。
これは全く売春婦(自分は慰安婦とは言いません、追軍売春婦です)と同じだと思う。
在日利権、生活保護の不正受給などとも被ってくると思う。

一部のアイヌが利権化して税金を詐取し、差別の再生産を行っている。

今後、選挙にもいかない、誰がやっても同じという、ぼけてしまった日本人にどうやってこういう事実を伝えて行ったらいいのかお知恵をお借りしたい。

アイヌのこと、追軍売春婦、生活保護の不正受給のことを人に話すと、あんた頭おかしいと言われ、友達もかなり失くした。

保守とか左翼ではなくて、自分は「反日日本人」「反日外国人」「普通の日本人」「現代日本人」とカテゴリーを付けている。
何もわかっていない「現代日本人」にどうやってこの問題を提起し、広めていけばよいか?
税金詐取は絶対に許せない。


A
<金子やすゆき札幌市議>

重いお話だったと思う。気づいている人は決して多数ではない。
こういう話は新聞TVに報じられない。
今はパソコンや携帯で多くの人が気づいてきているが、知らない人がまだほとんど。
日本人は優しい人が多いが、気づいた時にはこれは正さないといけないとなるだろう。

クチコミは大きい。友達なくなさない範囲でやってもらえたらいいと思う。

それと政治家の役割は大きい。
自分も政治家を目指すまでは政治に疎かった。民主のマニュフェストに騙されて投票したこともあるくらい。しかし、身近な問題で自分が思うことを誰もしないので市議に立候補した。そういう目線が大切だと思う。団体や宗教のしがらみのない人がもっと出てくるといいと思う。


<砂澤陣氏>

この問題をやり始めたころには、キチガイか売名行為だとものすごく叩かれた。

アイヌ政策のかさぶたを剥がすのは自民党の過去の政策のかさぶたを剥がす行為で、どこの議員、どこの弁護士を訪ねても取り合ってもらえなかった。

仕方なく、それまでパソコンを触ったこともなかったが友達にブログを作ってもらい知っていることを書くようになった。そうしながら、議員や弁護士にも何度も会いに行った。
その中で道議会議員の小野寺さんに巡り合い、その人に助けられた。

彼も道議会で頑張っているが不正を根絶できない。不正は返還命令で終わり、普通なら逮捕状が出る事案も全部潰されていった。

チャンネル桜に取り上げられ少しはこの問題が周知されてはきたけれど、以前は全く取り合ってもらえなかった。

仕事も失くしたこともある。

反感買うかもしれないが、保守側の動きは同感するところもあるがダメだと思うところもある。予定調和でワット盛り上がり飲み会やって、それでいいの?ということもあった。

在特会のやり方で問題提起になるのか?逆に論点が変わるのでは?
リベラルの賢い人たちの運動をまねる必要があると思う。
財源の使い方、国連の使い方、行政機関の使い方など。

今後保守の人がそういったものをきちんと活用して、行政の中に入っていって、そこに関わる人たちを取り込むような形で政治家も取り込んで、問題提起していく方がずっと有効的だと思う。
その方が日本の国益を守ることにつながる。

そんな左のやるようなことは出来ないという保守の人もいるが、現実問題お金がかかる、その一番の相手が行政の側にいる以上は、保守側も行政の中に入っていって、きちんと待機する必要がある。
きちんと向き合う必要がある。

一番の敵は左翼でもあるが、行政の人達もそう言える。そこで働く人は生活が保障された人達、そういう生活の保身をしている人達もある意味敵。
そういう人たちと向き合わないといけないなら、外側にいて自己満足に陥っているだけではだめで、内側に入って目立たないようであっても、時間がかかるようであっても、保守側の人にどんどん行政にはいってほしい。

それによって、図書館の本の質が変わったり、広報の内容が変わったりすることもあると思う。それが功をなすと思う。


-------------------------------------
Q
<来場者⑥>

以前民主党本部前で座り込みをしていて砂澤さんが来てくれた。

小野寺道議の話、何度が勉強会に行った。
アイヌが白老を自治区にすると言っていたが、どうなっているのか?


A
<砂澤陣氏>

官房長官が民族共生の空間を作ると明言している。

自治区ではないが、博物館のようなものを作り、アイヌが運営するということになると思う。

最初は独立と言っておいて、博物館で譲歩するように見せて、また少しずつ要求を重ねてくるだろう。(
※平成26年6月に『アイヌ文化の復興等を促進するための「民族共生の象徴となる空間」の整備及び管理運営に関する基本方針について』が閣議決定されました。詳細はこちら


~同質問者から途中質問。 この件で自分たちにできることはあるか?~


この件でというよりも、今後も住宅資金購入の不正等を金子市議とやっていく、そういう時の住民監査請求や国に意見を提出するときに皆さんの署名や意見を頂けると助かる。


---------------------------------------
Q
<来場者⑦(小田島さん)>

妻が台湾人で台湾に関わりがある。

台湾の中でもエスニシティ、ナショナリティの混乱はかなりひどいものがある。
台湾を支配する国民党には非常に都合がいい。

台湾の原住民とされる、マレー・ポリネシア系の人達が、アイヌと交流を持っているという話を以前から聞いていた。
アイヌは差別された先住民であると外国から見られている。

砂澤さんはこれに抗議しているので、出来れば国際的な場で意見を表明してほしい。


A
<砂澤陣氏>

東京来るのも大変なんですけどね。(会場 笑)

国連に対して抗議文は出そうと思っている。
それを英文にしてもらったり、すでに出している動画も英語字幕を付けてもらったりしたい。
しかし、外に言うより先に、まず国内、この中央でこの問題に注意をもって見てもらいたい。

日本国内で理解者を増やしてからそっち(国際的な場)に移りたいと思っている。


※)は私が補足説明として入れました。
波線次回④に続きます。波線



関連記事
スポンサーサイト

コメント

2. Re:無題

>orangeさん
コメントありがとうございます。

慰安婦、部落、労組と同じなのですが、政府とマスコミの情報操作でその本質が隠されたままどんどん政策が進められています。

日本や日本人が蓄えた資産、遺産を食いつぶして利益を上げている人達、この代表が政治家の主流となっている現状は、本当に嘆かわしいことだと思います。
(x_x;)

1. 無題

アイヌの話は、慰安婦、部落、労働組合などと同じような構造だと思いました。

本来は全く無関係の人間が入り込み、差別や酷いことをされているというように捏造し、それによって金を騙し取るというやり方です。

結果として、元々いた人達の意志を無視して、無関係の人間が金を搾取していくということになっていますね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター