記事一覧

「朝鮮総連はいらない」 日本政府には日本国民を守る気持ちが無く、努力もしない?

「総連はいらない」「妥協は許されない」 国民大集会で上がった家族らの怒りの声 2014.9.23  産経
拉致問題の早期解決を訴える国民大集会が13日、東京都千代田区の日比谷公会堂で開かれた。被害者家族や拉致問題に取り組む関係者からは、北朝鮮の不誠実な対応を批判し、厳しい対応を求める声が相次いだ。
~後略~(全文はリンク先でご覧ください。)

日本政府は今回まだ何も北からの見返りもないうちに、制裁の一部を解除しました。
朝鮮総連中央本部の土地建物の競売で、最高裁第3小法廷(木内道祥裁判長)は今年6月19日、落札した不動産業者への売却許可の効力をいったん停止する異例の決定をしました。政府は関与していないと言いますが、していると思います。SAYUコラ!

そもそも、拉致被害者の調査って何ですか?
北朝鮮の独裁者が拉致の主犯で、被害者を管理しているのですから、調査なんてありません。
即答できることをいつまで延ばし、その茶番にいつまで日本政府は付き合っているのでしょうか?
日本人を愚弄するにも程があります。

自由意志で行った人や遺骨は後回しです。
政府は北が誘拐して帰れなくなっている日本人だけをまずは対象にして、取り戻さないといけないのです。武力が使えないなら、総連をつぶしたりパチンコを禁止したり、犯罪の温床となる北朝鮮思想にかぶれた人間の国外退去処分とかやることはいっぱいあったはずです。でも何もしません。それどころか、子供を通じてお金をあげ、進展もないのに制裁解除ayaこんなバカな政府が世界のどこにあるのか教えてもらいたいものです。はこ怒る

----------------------------------------------------------------

以前こういうブログを書きました。
まわりが敵だらけの日本と立場が似ているイスラエルの厳しい難民、移民政策  

今回もそのイスラエルからのニュースを紹介します。

Israel kills Palestinians suspected of teenagers' murders
(イスラエル少年殺害容疑のパレスチナ人をイスラエルが射殺)
23 September 2014 Last updated at 09:46 BBC

-----「イスラエル少年殺害」とはどういう事件だったか、過去の記事を貼り付けます。

イスラエル少年殺害

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140701/mds14070108590002-n1.htm

-----思い出していただけましたか?ここから今回の2カ月近い紛争が始まりました。
BBCの記事に戻ります。

 イスラエル軍は火曜日、Marwan Qawasmeh と Amer Abu Aisha がウエストバンクのヘブロンにある2階建ての建物に潜んでいたのを見つけ出し包囲、銃撃戦ののち、2人を射殺しました。

APによると、(イスラエルの)Lerner 大佐が次のように話したそうです。「対テロ特殊警察組織である"Yamum"が1週間前にヘブロンの隠れ家にいる2人にたどり着いた。」

火曜日早朝、2階建ての建物の1階に突入し、銃撃戦のうえ2人を射殺したということです。
しかし当初は1人だけ確認できていて、2人目は遺体を運び出してから確認が取れました。

参謀長であるBenny Gantz 中将はこう言いました。
「我々は、殺害された3人の少年の家族に殺害犯を見つけ出すと約束し、今朝約束を果たしました。」
そしてさらに続けました。「ご遺族にとってこれは慰めにならないでしょう。」と何度も繰り返し、「それでも、我々が殺害犯にたどり着いたことを知って、少しでも気持ちを楽にしてれることを望んでいます。」

Qawasmehの親類の一人はすでに少年の誘拐計画の罪で告発されています。
ハマスは当初関与を否定していましたが、のちに政治部門リーダーのKhaled Meshaalが、ハマスのメンバーが実行したことを認めました。

ハマスのスポークスマンであるSami Abu Zuhri はこう言っています。
「Qawasmeh と Abu Aisha の2人は、イスラエルの入植者を追い詰めたとして賞賛し、今回の2人の暗殺が我々(ハマス)の抵抗を弱めることはない。」

イスラエル当局は6月12日3人の少年がヒッチハイクで帰宅する途中行方不明になったあと、今回射殺した2人を特定していました。しかし、捜索の手から上手に逃れていて今日までかかってしまいました。
2人が逃げているその間に、いつもの悲劇のパターンが繰り返されてしまったとBBCの記者が述べています。

イスラエルの少年3人が誘拐された後、イスラエルはハマスメンバーを数百人拘束して取り締まりを始めました。
7月2日、最初の事件の報復として、16歳のパレスチナ人の少年が誘拐され生きたまま焼かれるというむごい事件が起きました。大人1人と未成年者2人のイスラエル人犯人は捕まっています。

これらの事件が発端で、今回の50日間の紛争が続き、2千人以上の犠牲者が出ました。
END
------------------------------------------------------------------

前にも言いましたが、イスラエルとパレスチナのどちらかに加担するつもりはありません。
しかし、イスラエルは今回3人が拉致され殺害されたことを本気で怒りけじめをつけたと私は思います。

自国領内で起きた事件に責任があるからです。

翻って日本はどうでしょうか?
北による拉致は、日本国内で起きました。日本政府には責任があります。

国家はそこに暮らす国民の安全を守り、治安を維持することが最重要課題です。
私はそのために税金を払うものだと思っています。
よく選挙の時にばら撒きで話が出ますが、福祉はそれよりもずっと優先順位は低いのです。
男女共同参画に7.7兆円予算をつけましたが、そんなものは税金が余ってどうしようもない時に国民にお伺いを立ててからにしてください。
外国人への支援や福祉はもっと後です、というかそんなものは予算としてあり得ません。好きな人が私費でやればいいと思います。

最後にこのガザ地区の紛争後、日本政府の動きが出ている報道を一つ紹介します。

-----------------------------------------------------------------
ガザ復興へ21億円支援=岸田外相 2014 年 9 月 23 日 11:06 JST 更新 WSJ

ニューヨーク時事】岸田文雄外相は22日、米ニューヨークで開かれたパレスチナ支援調整委員会の閣僚級会合に出席し、イスラエルとイスラム原理主義組織ハマスの戦闘で荒廃したパレスチナ自治区ガザの復興のため、約2000万ドル(約21億7400万円)規模の支援を行う方針を明らかにした。

 外相は「治安、人道支援、統治(確立)を柱とする支援メカニズムの構築が必要だ」と述べ、支援額をこの3分野に重点配分する考えも表明。イスラエルとパレスチナ国家が共存する「2国家解決」に向け「日本は積極的に貢献していく」と強調した。 

[時事通信社

-----------------------------------------------------------------

金銭感覚がマヒしているので21億7千万円なんてはした金なんでしょう。怒る
でもそうやって世界中でわけのわからないお金をばら撒いているのが日本政府です。
こんなこと日本はしなくていいのです。

それに、『イスラエルとパレスチナ国家が共存する「2国家解決」に向け「日本は積極的に貢献していく」と強調』 って何ですか?そんな力が日本にありますか?自国民が拉致されて帰ってこられないのですよ。それを何十年も取り返すこともせず、よそ様の揉め事に首を突っ込んでいる場合ですか?

中国韓国からの侵略にも対抗できず、韓国からどれだけバカにされても気にならないような腑抜けの日本政府がイスラエルとパレスチナの紛争解決に向け貢献?寝言でしょうか??*

むかむかして寝つきが悪くなりそうです。はこ怒る




関連記事
スポンサーサイト

コメント

4. Re:Re:Re:無題

>orangeさん
どうしてみんな気付かないのでしょうね?
忙しすぎるのか、悪いようにはしないだろうと政府を絶対的に信用しているのか、不思議です。

欧米植民地支配の後遺症は自分たちでけりをつけてほしいです。
いつも後始末ばかり(金銭的に負担)している日本が、どうしようもなく不甲斐なく、そのうえ感謝されずに更なる内政干渉をされていることに、不満が抑えきれません。
\(*`∧´)/


3. Re:Re:無題

>ナスタチウムさん

内部に対立構造を作り混乱させて、自分たちに矛先が向かないようにする分断統治(デバイド・アンド・ルール)は、欧米の植民地統治のやり方ですよね。

GHQが日本に仕掛けた分断統治が、今も残ってしまっています。日本政府をはじめ、日本人の多くはこのことに気づいていないようですね。

2. Re:無題

>orangeさん
コメントありがとうございます。

イスラエルとパレスチナに関わらず、欧米(特にイギリス)がかかわった国は、少数派や少数民族を優遇して、多数派を統治する方法を取るような植民地支配をしていました。アジア諸国での民族対立もそういったことから軋轢が生まれて、イギリスが放棄した後も続いているような気がします。

今、国連を利用して日本にも同様のやり方で介入していると思うのです。
日本はそれに乗っかってしまっているので、宗教的なことを抜きにしても、イスラエルとパレスチナの仲介はできないと思います。第一、能力がありません。

差別利権の本質を見抜いて対抗しない日本政府は、連綿と続いてきた欧米の他国侵略の方法を今自国で実践されているのに手も打たないので、もやは日本人の味方ではなくて、グローバリストたちの走狗になっていると思っています。

1. 無題

拉致問題解決を妨害する政治家はもってのほかですが、何もしていなかった政治家や外務省の罪も大きいですよね。

日本国民が後押しすることによって、政府を動かすことができたのですが、マスコミの多くも拉致問題解決を妨害していたため、それをすることができませんでした。

北朝鮮の最初の調査報告は、当初期待したレベルにないという話が伝わってきています。その場合は、国民から北朝鮮に厳しい態度を求める声をあげることが必要だと思います。日本政府が新たな制裁をするときにも、言い訳に使うこともできます。

また、パレスチナ問題の仲介役は、欧米の国は難しいと思います。キリスト教であることと、そもそもアラブ諸国からは欧米に反発があり信頼していないからです。そうなると、日本ができることは結構あると思います(資金的な支援がよいとは限りませんが・・・)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはバックアップ用でコメントは受け付けていません。
アメブロ版(お気に入りから行けます)へお願いします。
操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク