記事一覧

朝日新聞のねらいは「慰安婦」ではなく「国家賠償」だった by池田信夫氏のブログ 朝日の闇は底なし

池田信夫氏のブログを読みました。
読んでいて、これもタイミングが合っているなと思ったことがあります。

朝日新聞のねらいは「慰安婦」ではなく「国家賠償」だった 2014年09月08日19:56 
一部抜粋します。(全文はリンク先でご覧ください。)

朝日新聞の誤報事件を解明する上で重要なのは、なぜ彼らがこんなマイナーな数十人の(真偽も疑わしい)紛争に30年以上もこだわってきたのかという疑問だ。この口火を切ったのが、清田治史記者の書いた1982年9月の記事だ。

~(中略)~
国際法的には、賠償の問題は日韓基本条約で解決ずみだが、韓国政府は強制連行に「超法規的」な国家賠償を要求していた。その中では数十人の慰安婦はマイナーな問題だが、セックスがからむので男性の炭鉱労働より興味を引く。朝日はそれを利用して、韓国の「強制連行に個人補償しろ」という主張を応援したのだろう。

~(中略)~
強制連行がないことがわかっても、朝日だけは「強制性」を根拠に国家賠償を求め続けた。彼らの目的は、政府から個人補償を取ろうとする梁順任などのたかり行為を応援することにあったからだ。もともと法的根拠はないのだから、強制連行だろうと強制だろうと、政府に責任があればいい。

~(中略)~
ところが、たかりの方便だった慰安婦問題だけがクローズアップされて韓国で「炎上」し、本丸だった(男性の)強制連行が吹っ飛んでしまった。数十人の慰安婦だけ金を取ってもしょうがないので、韓国側はアジア女性基金を拒否し、あくまでも国家賠償を求めた。この点で、日本政府が国家賠償を拒否したのは正解だった。朝日も清田氏が退職してからからは、国家賠償の主張を取り下げた。←引用


清田治史という大罪人は現在帝塚山学院大学の教授なんですね。
※追記 9月13日付で自主退職したそうです。2014/09/15確認済み)

この国家賠償ですが、人種差別撤廃委員会の報告書を調べていて目にしています。
最近の4連載の記事では書いていませんが、この委員会、日本に対しては2001年、2010年と今年2014年の3回最終見解という報告書を出していて、初回にだけありました。

その2001年最終見解ですが、項目20「委員会は、国家賠償法が本条約第6条に反し、相互主義に基づいてのみ救済を提供することに懸念を有する。」と述べているのです。

これに対して、2001年最終見解に対する日本政府の回答は、項目17にあり以下の通りです。
(1) 我が国の国家賠償法が相互主義を採用している(第6条)のは、国際社会における国家間の主権平等の原則を基礎とするものであり、この法理は、国際的にも認められた法理である。
 また被害者である外国人の本国において、日本人に対して国家賠償が全く認められない場合に、我が国においてその外国人のために国家賠償が認められることとなると、日本国民が不当な差別を受ける結果にもなることから、現行の相互主義は、むしろ内外国人の実質的平等を図っているということもできると考えられる。

(2) したがって、国籍に基づく差別は本条約の対象とはならないことから、国家賠償法第6条の相互主義の下で、我が国の国民に国家賠償を認めない国を本国とする外国人が国家賠償法の適用を受けない場合があり得るとしても、人種差別撤廃条約との関係で問題は生じないものと解している。


上記のやり取りが2001年です。そしてその次は2010年ですが、2010年にはこのことに全く触れていません。
日本政府の回答に反論できない委員会が、国家賠償は相互主義だという当たり前の法理を受け入れて、朝日新聞が徒党を組む反日朝鮮人やNGOの主張が退けられたということです。

そして大罪人、清田治史氏は2010年に朝日新聞を退職しています。

国家賠償を求めることが完全に不可能だとわかり、人道女性の権利という別の普遍的権利を持ち出して慰安婦の大プロパガンダを打ち出したのかなと思いました。
慰安婦像や碑もこの前後からアメリカに建てられだしたのではなかったでしょうか。

なんでもすぐに水に流して忘れる日本人にとっては、恐るべき執念深さで吐き気がしますね。ガクブル
しかし、忘れて水に流したほうが朝鮮・中国相手では負けます。
私達も忘れずに彼らに立ち向かわないといけないと思います。朝日も含めて情けは無用です!SAYUコラ!




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはバックアップ用でコメントは受け付けていません。
アメブロ版(お気に入りから行けます)へお願いします。
操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク