記事一覧

『人種差別撤廃委員会』は「慰安婦」と「ヘイトスピーチ」以外にどんな内政干渉をしてきたか? 4/4

前回に続いて人種差別撤廃委員会第85会期(2014年8月)の日本に対する最終見解慰安婦とヘイトスピーチ以外を見ていきます。
(C 関心事項及び勧告の21~23までが前回です。)

24
少数民族とアイヌ、琉球を含む先住民の言語による子供達への教育の機会を提供し、この条約で保護された日本人グループ(委員会の言う先住民や部落民を指すと思われる)の歴史や文化、彼らの貢献が反映されていない既存の教科書を改訂することを勧告する。

日本政府からこの件で真摯な対応をもらえなかったと言って残念がっていました。
当たり前です。委員会の理解力のなさに疲れたのだと思います。教科書検定の話も以前きちんと日本政府から回答しています。読んでないのではないでしょうか?

だいたい、いつから日本に少数民族やら琉球人ができたのでしょうか?
彼らの言語で教育?アイヌ語や琉球の言語で教育?それを誰が望んでいるのでしょうか?
私は多民族国家の国にいたことがありますが、自国の公用語が下手で少数民族言語しかできない人は職業を選べません。英語ができる人は職業を選べました。
日本語はまず公用語で必要です。英語も必要でしょう。その上にアイヌ語や琉球の言語ですか?子供たちは大変です。子供たちは将来自分の力で生きていかなくてはいけません。そのための言語教育をしないと困るのは子供たちです。子供たちにも自分と同じ差別利権で生きて行けということでしょうか?子供の身になっていない身勝手な考えだと思います。
他人事だと思って委員会の人間はこういう理想論を振りかざしているのでしょう。

たぶん少数民族に在日朝鮮人がいるために、これを言わせているのだと思います。
だから保護されるべきコリアンのために公共施設にハングルを!っていうことになったのでしょう。
どれだけ日本をかき回して迷惑掛ければ気が済むのでしょうか?
悔し涙が出そうです。はなみず


26
寛容性と相互理解の促進について以下を勧告する。

公教育と自覚を促すキャンペーンを強化する。
学校の教育カリキュラムで継続的に人権教育を取り入れること。
民族の調和と寛容性をマスコミ、電車内、ジャーナリストが促進する役割を果たすこと。
日本国内に住む様々な人種の相互理解と寛容を促進する取り組みを強化する。

素朴な疑問ですが、どうしてそんなに民族をごちゃ混ぜにして落ち着かない生活をしないといけないのでしょうか?
民族や風習が似ている人達で集団を作って住んでいたのに、どうして交わってみんなで我慢しながら生きないといけないのでしょうか?
弱くておとなしい民族が我慢することになるのです。日本人がそれに当たります。
治安が良くて協調性のある平和な日本をどうしてカオスの世界にしないといけないのか、日本政府はその説明をしたことがありません。
世界から日本が利用、搾取されているのに、どうして日本人が我慢して暮らすのか、政府が私達に押し付けている多文化共生は国連から押し付けられている価値観でもありますが、本来なら政府が国連から日本人を守るべきだと思います。


29 (ここからは「D その他の勧告」になります)
市民団体と対話をするよう勧告する。

日本政府はしているという報告書を出していますが、それでは回数が少ないということのようです。
政府は忙しいのです。こういう市民団体と名乗る工作員たちは公安が相手をすればいいのではないでしょうか?


30
人種差別撤廃条約第8条6項の改正を批准するよう勧告する。

これは人種差別撤廃委員会の費用を批准国だけで負担するとしている8条6項を改正して、国連通常予算で賄うというものです。
すでに1992年の国連総会で承認されているのですが、(ここからは想像です)条約加盟国の〇分の□の批准が必要とか条件があるのかなと思います。
こんな一方的な意見しか聞かないいい加減な組織は通常予算どころか廃止が正しい選択だと思います。
2001年、2010年にも言われています。

日本政府の回答はずっと以下の通りです。
かっこ㊤我が国は、条約上の義務は締約国のみを拘束するのが原則であり、従って条約の費用は締約国が負担すべきであり、未締約国を含む国々からの分担金を主たる財源とする国連通常予算で賄うべきではないと考えており、現時点で右改正を受諾する予定はない。かっこ㊦
(資料:2001年 人種差別撤廃委員会の日本政府報告審査に関する最終見解に対する日本政府の意見の提出


31
人種差別撤廃条約14条に規定する宣言を行うよう勧告する。

これも2001年、2010年両方で同じことを言われています。
日本で差別があったということを日本の司法機関ではなくて、この独断と偏見に満ちたろくでもない人種差別撤廃委員会に直接通報することを認める宣言をするようにということです。

日本政府は、日本は三審制であり、裁判確定後も再審制度が設けられ、通常の裁判手続きにおける不服申立制度のほか、非常救済手続きも完備しているのに、それを無視して委員会へ通報というのでは、日本の司法権との関係でも問題があり、国内の手続きを混乱させるとして、宣言をしないと回答しています。


32
17、18、22について1年以内にフォローアップの報告書を提出するように要請する。

22は『人種差別撤廃委員会』は「慰安婦」と「ヘイトスピーチ」以外にどんな内政干渉をしてきたか? 3/4  で書いています。17と18がどういうものかは書いていなかったのでここで簡単に紹介します。

17
移民、少数民族、先住民の女性に対するすべての暴力を訴追し処罰し、また被害女性が保護と補償を受けられるよう取り組むことを勧告する。
日本人や永住資格者と結婚した外国籍の女性が、離婚によって滞在資格を失わない様に法改正の検討を求める。(そうでないと女性が暴力を我慢する状態を作ってしまうから。)


なるほどと思いました。とにかく貧しい国の女性が日本人男性と結婚して日本に入国さえすれば日本に居座り続けることができるようにしたいのでしょう。
男性は最近虐げられていますから、外国人女性がDVだと適当に嘘をつき痣でも作れば簡単に言い分を認めてもらえます。

18 
従軍慰安婦について以下の点、早急な対策を要請する。

慰安婦に対する日本軍の人権侵害の調査を完了し、責任者に法の裁きを受けさせること。
誠実な謝罪と生き残っている慰安婦、またはその家族に対する十分な賠償を含むこの問題の包括的かつ公平、永続的な解決策を続けること。
慰安婦に対する中傷、慰安婦問題の否定は非難すること。

慰安婦は書かない予定でしたが、行きがかり上書くことになりました。
読んでいて怒りでふるえそうです。はこ怒る
嘘つきたちにねつ造された濡れ衣を未来永劫着せされて謝罪と賠償を永久にしろということらしいですね。
強制力はありませんが、言われるだけで頭に来ます!怒る

慰安婦問題に疑義を挟むなとは、すごい言論弾圧ですよね。ええ!!
17世紀、ガリレオが地動説を唱えて異端審問所で裁判にかけられました。地動説を唱えないことを宣誓させられましたが、「それでも地球は回っている」とつぶやいたそうです。
あれから何世紀も経ち、1992年ローマ教皇庁が正式に地動説を承認し、ガリレオ裁判の誤りを認めました。
これに似ていませんか?私達はガリレオでしょうか?国連は天動説擁護の教会ですか?
日本人こそ国連と朝鮮人に差別されて人権蹂躙されていませんか?

この問題は朝日や河野談話ではなくて、日本政府の弱腰が一番大きな原因です。
日本政府が日本人の尊厳や日本の国体を守るという気概がないために、益々日本いじめが酷くなっていると思います。

そもそも、条約加盟前の事案であり、戦時中のことを遡って審査すること自体が適切ではありません。
サンフランシスコ平和条約、二国間の平和条約等を関係国と締結、それらに従って賠償の支払い等を誠実に行い、先の大戦に関する請求権等の問題については、これら条約等の当事国との間においては、法的に解決されているのです。
アジア女性基金(AWF)は、1995年に設立され、政府による約48億円の支援を受けながら元慰安婦に医療・福祉支援事業や、日本国民の募金を原資とした計約6億円の「償い金」を直接届ける等の支援も行っているのです。
そういう日本政府の説明も一切受け付けないのが国連の人種差別撤廃委員会や社会権規約委員会です。(人権理事会ではこの件はトロイカからは出ません。韓国と中国は言ってきています。)

注意要請の方が勧告より強い表現です。



マスコミが大騒ぎする国連、その人種差別撤廃委員会が今回(2014年8月)どういうことを言ってきたか、4回に分けて書いてみましたが、どう感じられたでしょうか?

国際人権規約の、社会権規約委員会と自由権規約委員会も似たような感じです。

マスコミや反日家の言うことを聞くと、あたかも世界中で日本だけが人権で責められ、それもヘイトスピーチと慰安婦だけを問題視されたように感じますが、そうではないことが分かったと思います。

どの国もいろいろと言われていますが、あまり相手にしていないと思います。
そして日本に対しては、慰安婦とヘイトスピーチ以外にもたくさん言ってきています。

反日家や朝鮮人たちが国連を利用していることは許せませんが、政府も日本国民ではなくて世界から褒められること、グローバリストに喜ばれることに重きを置いていると私は思いました。

日本人は好かれたい、よく思われたいという気持ちが強く、それはそれで平和なときにはいいのですが、これだけ回りが私利私欲、エゴだけで動いている中で、好かれる、喜ばれるということは、利用されやすい、相手から見て脅威にならないほど弱いという意味になります。

嫌われてもいいので、政府は日本人、日本のための政策をまじめにやってほしいと思いました。
個人も国家も、好かれるより、他人からみて侮れない人(国)だと思われる方が、生き残る上では重要だと思います。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

2. Re:無題

>orangeさん
コメントありがとうございます。

本当に凄まじい限りです。
それも反日NGOの言いなりです。波長が合うのだと思います。

EUの議会選挙で反EUが今回大躍進したのがわかる気がします。EUも国連みたいなもので、国家を縛る機関です。

気になるのは、国連と反日NGOだけが圧力をかけているのか、政府内(政治家や官僚)に工作員が入り込んで、それを知っていて放置し、外圧を利用して日本を弱体化させる立法や法改正をしているのかがわかりません。

将来が暗くなりました。

1. 無題

物凄い内政干渉ですね。日本にこういうことをしている余裕があるなら、中国や北朝鮮の国民を解放することをやって欲しいですね。

また、報道の自由にも文句を言うとは、人種差別撤廃委員会は人権を軽視している組織だというのがよく分かります。

こういうことを行っているのであれば、国連に対する蛇口(資金援助)を閉めることを本気で考えないといけないですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはバックアップ用でコメントは受け付けていません。
アメブロ版(お気に入りから行けます)へお願いします。
操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク