記事一覧

バ韓国はテロリスと思考回路が同じ。自由と民主主義という価値を共有できる重要な隣国???

産経新聞が慰安婦問題で真実を書き続け、ついに朝日新聞が嘘の一部を取り消しました。

そして、仲間である韓国の朝鮮日報が、朝日に同情してこんなことを言っていました。
【コラム】朝日新聞の孤立  2014/08/09 11:58 朝鮮日報
「~前略~
旧日本軍の従軍慰安婦をめぐる朝日新聞の闘いは20年以上になる。加害者の国の新聞が常に被害者側に立って闘ってきたのだから、孤立し疲れが見えてきた。これを知恵を持って助ける方法が韓国政府にはあるはずだ。
鮮于鉦(ソンウ・ジョン)国際部長」

その浅はかな知恵がこれでしょう。
産経支局長を出国禁止 12日に出頭要請=韓国検察 2014/08/10 00:05 聯合ニュース
「朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を傷つけた疑いがあるとして、ソウル中央地検は産経新聞のソウル支局長を出国禁止にし、12日に出頭するよう求めた。検察が9日、明らかにした。
~後略~」

こういうことは非民主国家途上国ではよくあることです。
もちろん昔ながらの土人社会なら当然ですね。

安倍総理によると「日本と韓国は、自由や民主主義・人権といった基本的価値を共有し、また戦略的利益を共有する隣国同士であり、日本にとって韓国は大切な隣国であります。」
(引用元:官邸HP 日韓次世代指導者交流事業参加者による表敬 H26/5/15安倍総理のスピーチから)
ということですが、そういう発言が私達の警戒心を弱めて、つい韓国を民主国家と間違えてしまって、酷い目に遭うのです。
総理には、いい加減なことを言って国民を危険な目に遭わせないように気を付けてもらいたいです。

韓国国内での報道を引用した他国の新聞社に刑事責任を問うかどうかといって出頭させるなど、民主主義国家では常軌を逸しています。これくらいの記事が問題になるなら他にもたくさんあるはずで、この件は日本人側にたって行動していたメディアを叩き潰すことが狙いであることは明らかです。

注目しなくてはいけないのは、今後の日本政府の対応です。
このようなヤクザの言いがかりには政府が抗議をしてそれなりの対応をするべきです。
もし、これで何もしないなら、基本的価値を共有するとは言論封殺のことかと思ってしまいます。

産経新聞は、朝日新聞の嘘も暴いていましたが、諸悪の根源である「河野談話の見直し」を求めていました。
これが日本政府の逆鱗に触れたのだと私は思っています。
ひょっとすると、日本政府と韓国政府が仕組んだのではないでしょうか?
河野談話を見直したくない日韓政府の共通の敵が産経新聞です。

今回は単なる脅しで済ませるかもしれませんが、メディアが心理的に怯えることになります。
これがテロリストの手口と同じなのです。
恐怖で人を支配する。これも両国政府が共有する価値観でしょうか?

ところで、日本の外務大臣は何をしているかというと、aya

日韓外相会談

韓日外相会談 韓国長官「歴史に対し真剣な姿勢を」 2014/08/09 22:10 聯合ニュース
東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議などに出席するためミャンマーを訪問中の韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官は9日、同国の首都ネピドーで日本の岸田文雄外相と会談した。尹長官は会談の冒頭で、日本が歴史問題に真剣に向き合うよう促した。

 韓日外相の会談は昨年9月に国連で行われて以来で、今年初めて。尹長官は現在の両国関係の困難さに言及した上で、「(日本が)歴史問題に対し真剣な姿勢を見せれば、国民も心を開き、問題は少しずつ解消していくだろう」と述べた。

 また日本の政治指導者の靖国神社参拝歴史認識についての発言のほか、河野談話の検証強行や検証結果を公表したことなどについて懸念を示した。さらに日本国内での嫌韓デモやヘイトスピーチ(憎悪表現)が両国関係を悪化させていると指摘した。

 来年、両国が国交樹立から50年を迎えることにも触れ、「韓日関係が暗いトンネルを抜けられるよう、日本の政治指導者は知恵と政治力を発揮してほしい」と呼びかけた。

 岸田外相は、良好な関係が両国の相互利益になるとの認識を示した上で、両国関係進展のために率直な意見交換をしたいと述べた。←引用


また言われ放題かと思ったら、何か岸田外相は言っているようです。
産経の報道によれば、「両国の間には困難な問題が存在しているが、良好な日韓関係は相互の利益だ」のほかに、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の河野洋平官房長官談話の作成経緯をめぐる検証結果を説明するとともに、談話を見直さない政府方針を伝えた。


日本が好きで、日本を守りたい日本人は今の日本政府と韓国政府から見て「好ましからざる人物」ということになるのでしょうね。SAYUコラ!




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター