記事一覧

国連に真面目に向き合う必要はないと思う。日本はもっと謀略や工作活動をしたら?

「慰安婦」日本に矛盾 ヘイトスピーチ禁止要求 国連委
産経新聞 7月25日(金)7時55分配信

国連欧州本部(スイス・ジュネーブ)の自由権規約委員会は24日、ジュネーブで今月15、16日に日本政府に対して行った、日本の人権状況に関する審査の最終見解を公表した。見解は慰安婦問題について、日本政府が「慰安婦の強制連行はなかった」と主張しながら、平成5年の河野洋平官房長官談話が、慰安婦募集には「甘言、強圧によるなど、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くある」としているのは、「立場に矛盾がある」と指摘した。

 強制連行を示す資料が発見されていないにもかかわらず、河野談話が慰安婦募集の強制性を認めたことが突かれた形だ。

 最終見解は「被害者の意思に反したそのような行為は、政府の直接的な法的責任を伴う人権侵害であると考えるに十分だ」とした。前回2008年の審査での最終見解に明記されていなかった「性奴隷」の表現も登場した。

 また、慰安婦問題での人権侵害を調査し、責任者の処罰などを可能にする法的、行政的措置を早急に取ることを勧告した。このほか、ヘイトスピーチ(憎悪表現)に関し、差別や敵意などをあおる宣伝行為やデモの禁止を求めた。

 条約機関である同委員会の勧告は法的拘束力を持たない。←引用


18名の委員で構成されています。

構成委員

日本人の岩沢氏は2007年1月から自由権規約委員会委員を務めていて、2009~2011年は委員長、2011~2013年が副委員長で、今年6月に次期委員(任期は2015~2018年)の選挙でも再選されました。

今年6月の選挙において選出された9名の委員の国籍は以下のとおりです。
チュニジア(149票),米国(120票),日本(119票),モンテネグロ(119票),ウガンダ(113票),
ギリシャ(107票),スリナム(104票),伊(102票),仏(97票)

自由権規約委員会委員選挙投票結果(外務省)より

外務省も岩沢氏の再選を目指して動いていたようです。引き続き委員の地位に残れたようで外務省は喜んでいましたが、それでもこのようなうっとうしい要求を出されてしまいました。力及ばずなのか、それとも・・・・・。

委員の国籍見て「お前たちには言われたくないよ!」と思ったのは私だけではないと思います。はこ怒る


「国連における人権関係の議論」
作成:都築正泰(東京大学大学院法学政治学研究科) というのもがあります。

外務省の局長や課長も出席しています。その議事録でこのような部分がありました。

東京大空襲も取り上げるように求めるNGOがあったが、これは却下されたようだ。」

「例えば死刑制度や代用監獄の問題は、法律自体は難しいが運用において改善する余地はある。しかし問題の取り上げ方が恣意的であると、委員会の権威や信頼性を失墜することになるし、また自発的な変革の意欲を妨げ逆効果。」

「また法体系の面からみても、自由権規約が原理原則的に用いられていて、他の条約との整合性はあまり考慮されていない。」

「自由権規約の政府審査は、被審査国政府と委員会の間の書面と公開の場所でのやりとりが主であるが、それとは別途にNGOと委員会が非公式なブリーフィング・セッションを行っている。そのため比較的NGOの主張が最終報告に反映されやすい。委員会が政府とも非公式な接触することが必要で、そのなかで被審査国に対する理解をより深めるべきであろう。」

「日本の刑事制度は犯罪者の更生を非常に重視している。たとえば、法務省に矯正局が設置されている。これは他国の司法省ではあまりみられない。死刑制度を考える上でこのような日本の特殊事情についても委員会の理解が求められる。」

「政府とNGOの間のコミュニケーションがさらに必要。たとえ反政府であっても構わないが、NGOも国際社会に出ている以上は日本の一翼を担っているわけである。彼らが最低限国際水準を満たす議論を展開できるようにさまざまな形で政府が支援するべき。それは資金面に限られたことではなく、NGOのアドボカシー能力を向上させる面でも重要。」


最近テキサス親父も学級会以下とこき下ろしていましたが、それを上記は洗練された表現で述べているようです。
他の問題(各国での難民対策など)を扱った記事でも言ってきましたが、国連の言うことなんかまじめに聞かなくていいのが殆どだと思います。
安全保障理事会くらいでしょうか、聞いた方がいいのは。それでも無視している強者がいますけど。

何かちょっと言われたくらいでおどおどする必要なんかありません。よその国もみんなまともに取り合っていないでしょ?利用できるときには利用して、自国に不利なことを言うときには無視です。
日本もそういうやり方でいいのです。

国連至上主義なんて言うのはおバカさんです。ayaどんな組織か今日まで見てきてわかると思います。
現事務総長を見れば一目瞭然です。国連を一言でいうと全くの役立たずで無駄飯食らいごはんコック

日本は2014年国連の分担金はアメリカに次いで2位で、10%の2億7650万ドル(約276億5千万円)です。
ちなみに、いつも大威張りの中国6位5%131億4千万円韓国13位2%50億円負担しています。
上位20か国で全体の85%を分担、残りの173か国全体で15%を分担しているのが現状です。
これ以外にもPKOとか個別のプロジェクトとか様々な分野で拠出しています。

国連は予算の7割が人件費です。
途上国なんかでも現地国採用の職員が先進国並みの高給をもらいます。福利厚生もばっちりで、年金も多くて安定しているのです。
それで何しているのかというと、  しなくても誰も困らないことをしています。

朝日のお友達で胡散臭いメディアですが、以下に紹介する記事は本当のことが書かれていると思いました。

「グローバルな神の職場」国連、初のリストラに着手
JUNE 11, 2013 03:57  東亜日報

国連が1945年創設以後初めて構造調整に着手した。潘基文(バン・キムン)国連事務総長は、事務局の部署別に削減目標人員まで示した。経済低迷の中で、加盟国が国連の予算削減を要求したため、否応無しにリストラに乗り出したのだ。
国連の関係者は9日、本紙との通話で「国連会員国が予算削減を要求して人件費を減らすために初めてリストラに着手した」と話した。人件費は国連予算の約70%で最も多い比重を占める。同関係者は、「国連本部の事務局の職員約6600人の中で約4%の260人程度が削減目標だが、予算削減の規模が大きくなると、構造調整の幅はさらに拡大しかねない」と付け加えた。

国連によると、11年6月末現在、国連の職員は国連本部事務局の職員や世界中に派遣されている職員ら合わせて4万3747人05年6月末(2万5543人)に比べて6年ぶりに70%増えた国連の職員は世界中の公職者年俸の中で最も高い水準の給与である上、殆ど定年までに働けるだけでなく、福利厚生も良い。このため、一部では国連を「国境のない神の職場」と呼んでいる。

しかし、国民の税金で莫大な国連分担金を支払っている米国、ドイツ、英国、日本、フランスなどの先進国はずさんで不透明な国連に対して絶えず改革を要求してきた。昨年1月、国連駐在米国代表部は、12~13年、国連予算が通過した直後、「国連予算は10年間で倍近くまで増加した。官僚主義の改革と適切な規模の組織縮小が切実に求められる」と話した。特に、国連傘下の34の機関とプログラムの予算、使用先まで不透明に運営されてきており、会員国の強力な要求で10年になってようやく国連総会で関連報告を行い始めた。

会員国のこのような雰囲気を意識して潘総長は1期目の時から国連組織のスリム化と費用削減を推進してきたが、職員の協力がなくこれといった成果を挙げられなかった。潘総長は2期目(12~16年)を控えて、11年12月、ニューヨーク特派員との懇談会で、「国連組織が大きすぎて動かし難い。(2期目は)外より家庭にさらに気を使う」と言って、国連改革を強調した。しかし、改革の進め方が内部から始まらず、外部の会員国の予算削減の圧迫から始まったため、潘総長のリーダーシップも少なくない打撃を受けるようになった。大規模なリストラが予告されている中で、潘総長の国連内の人気も急激に下がっている。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

4. Re:無題

>乙種弐品『大宰権帥』(^9^)さん
コメントありがとうございます。

その通りですね。
やってもないことを認めるなんて、過去に「前例がない」許しがたき愚行です。

ですから、自民党も「前例がない」証人喚問を行い、河野洋平を自民党自らが成敗する覚悟で真実を明らかにして、新しく日本政府の見解を出すべきだと思います。

日本政府の公式見解が一番権威があるとみなされるので、今のままではこれが私達の足を引っ張り、冤罪を晴らすことを妨害しています。

悔しいですね。ヾ(。`Д´。)ノ

3. 無題

やってもいない事を
ことなかれ主義で認めてしまったツケが大きくのしかかってきましたね。
河野洋平本人を国会招致し証人喚問するしか方法はないし世界的に取り返しのつかない愚行を
河野洋平に責任をとらせねばならない。

2. Re:無題

>orangeさん
コメントありがとうございます。

そうですね。
日本が人権のことで言われるなら、ほとんどの国がもっと言われていいはずです。

そうならないのは、もはや国連がまともな組織ではなく、朝鮮人たちが宣伝活動に利用できるような腐敗した組織だということだと思います。

分担金を払わないとか脅せばいいと思います。

不思議なもので、人徳がある人よりも、何やるかわからない危険な人の方が一目置かれるように、国レベルでもそういうものだと思います。

1. 無題

潘総長は、国連の中に韓国人を優先的に入れるようなことをしていたので、国連組織のスリム化や費用削減など、本当にやる気があったのかどうか怪しいですね。

以前、大前研一氏が提唱していたのですが、人権侵害や独裁国家などが入れない新しい国際組織を作って、活動した方がいいという主張をしていました。

現在の国連を見ていると、その方が世界のためになるような気がします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはバックアップ用でコメントは受け付けていません。
アメブロ版(お気に入りから行けます)へお願いします。
操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク