記事一覧

警察を怠慢という人は、警察予算の倍増や警官の大幅増員を政治家に陳情しましょう。

一日も早く咲良さんが無事に保護されることを願っております。

岡山・倉敷で小5女児が行方不明

7月15日 21時44分 NHK

岡山県倉敷市で小学5年生の女子児童が14日の午後、小学校を出たあと行方が分からなくなり、警察は、事件や事故に巻き込まれた可能性もあるとみて調べています。

岡山県警察本部によりますと、行方が分からなくなっているのは、倉敷市徳芳に住む小学5年生の森山咲良さん(11)です。
警察によりますと、咲良さんは14日の午後4時ごろ、小学校を1人で出るところを同級生が見ていましたが、その後、自宅には戻っておらず、行方が分からなくなっているということです。咲良さんは、学校から帰るときに母親に電話で「これから帰る、迎えに来て」と連絡してきたということですが、母親は14日は病院に行ったため迎えに行けなかったということです。
自宅は、小学校から北東の方向に2キロ余りのところで、心配した母親が午後5時半ごろ、GPS機能で咲良さんの携帯電話の場所を調べたところ、自宅からさらにおよそ2キロ北東の倉敷市内の地区を示し、母親が付近を捜しましたが見つからず、午後6時半ごろ、警察に届け出たということです。咲良さんの携帯電話は15日午前0時半すぎからは電波が通じなくなっているということです。
警察によりますと、咲良さんは身長が1メートル50センチ、服装は上が白い半袖のポロシャツ、下は紺色のスカートという制服で、白い靴下と白いスニーカーを履き、ピンク色のランドセルを背負っていたということです。
警察は、事件や事故に巻き込まれた可能性もあるとみて、調べるとともに、写真を公開して情報提供を呼びかけています。連絡先は岡山県の倉敷警察署、電話番号は086-426-0110です。

母親「早く帰ってきてほしい」
森山咲良さんの母親の勝美さん(39)によりますと、14日午後4時すぎに咲良さんの携帯電話から母親の携帯電話に「学校に迎えに来てほしい」という電話があったということです。そのとき母親は病院に行く用事があったため、迎えに行くことができなかったということです。このあとも帰宅しないことから、勝美さんから電話し、コール音は鳴るものの電話に出なかったため、午後6時半に警察に連絡したということです。
森山さんの家は4人暮らしで、行方不明になっている咲良さんは長女だということです。勝美さんは「早く帰ってきてほしい」と話していました。

祖父「情報あったら提供してほしい」
森山咲良さんの自宅の隣に住む、咲良さんの祖父(65)は、「母親か祖母がよく学校に迎えに行っていて、この日も母親に携帯から連絡があったが、下の子が病院に行くので行けなかった。真面目でおとなしい子で、知らない人のあとをついていく子ではないので、行方が分からなくなって驚いている。情報があったら提供してほしい」と話しています。

自宅や小学校はベッドタウン
森山咲良さんの自宅や小学校は、岡山市中心部と倉敷市中心部の中間にあり、住宅や団地のほか、多くの学校が立ち並ぶベッドタウンです。山陽自動車道の倉敷インターチェンジや本州四国連絡高速道路の早島インターチェンジにも近く、多くの工場や物流施設もあります。自宅と小学校はおよそ2キロ離れていて、大人でも徒歩で30分余りかかる距離です。


不審な車付きまとい 2か月前警察に相談
7月17日 4時22分 NHK

岡山県倉敷市で行方が分からなくなっている小学5年生の女子児童の母親が、2か月前に「自宅近くで不審な車に付きまとわれた」と警察に相談していたことが捜査関係者への取材で分かりました。
この車とよく似た車は女子児童が行方不明になった当日にも自宅近くに止まっていたということで、警察が関連を調べています。

岡山県倉敷市に住む小学5年生の森山咲良さん(11)は3日前の今月14日、下校途中に行方が分からなくなり、警察は事件に巻き込まれた可能性もあるとみて写真を公開して情報提供を呼びかけています。
捜査関係者によりますと、ことし5月上旬、咲良さんの母親が「自宅近くで不審なシルバーの乗用車に付きまとわれた」と警察に相談していたことが分かりました。
よく似た車は先月にも母親が車を運転中に自宅周辺で目撃し、いずれの時も咲良さんが母親の車に乗っていたということです。
このシルバーの乗用車と特徴のよく似た車は、咲良さんが行方不明になった当日も自宅近くに止まっていて、車のそばで30代から40代ぐらいの男性が咲良さんと見られる女の子に話しかけている様子が目撃されているということです。
母親がシルバーの乗用車を最初に目撃したあと、防犯対策のため咲良さんにGPS機能がついた携帯電話を持たせるようになったということで、警察は関連を調べるとともに、17日にも小学校の通学路などを中心に咲良さんの行方を捜すことにしています。←引用


確かに警察がおとり捜査でもして早くにこの男を逮捕していればこの事件は起きなかったかもしれません。

しかし、不審者だけでなく犯罪者はたくさんいます。特に外国人が増えてきて、手間暇のかかる事件が増えています。
そして警察は以前からマスコミに手足を縛られ、丸腰で捕縛することを求められるような虐げられた扱いを受けていて、予算も人員も足りません。

なんでも警察に頼るならば、それ相応の税金の負担をして警察にお金をかけないとできないことです。

では、犯罪者が多い外国はどうしているのでしょうか?
私が見たのは、保護者が送り迎えをしているというものです。無理なら人を雇います。スクールバスを出しているところでも集合場所から家までは保護者が付き添います。
都市部の渋滞は、この子供の学校の送り迎えでますますひどくなっているという国もあるくらいです。
そのくらい、子供は犯罪者の標的になりやすく保護者が守るということが当た前になっています。

親だけではできないから地域社会で子供を守ろうということを言うお花畑脳がいますが、地域社会って誰ですか?
共働きを奨励し、住宅街の昼間はそれほど人の目はありません。他人の子供のために歩き回る奇特な住民がいるとも思えません。

’絆’に相反するものが’多文化共生’です。絆には排他的な要素があります。
地域社会は絆で結ばれていた時専業主婦が家にいた時治安がよかったのです。
昔ながらの治安のよい地域社会を壊しているのはどこの誰かと問いたいです。
そして、そうやって変わってきた今の地域社会は信頼できるものですか?

保護者の方に言いたいです。
治安が悪くなった今、地域社会が子供を守るのではなくて、
地域社会からあなたが子供を守るのです。


他人に自分達の安全をゆだねてはいけません。


犯罪白書から13歳以下の子供が被害にある犯罪数の表を貼り付けておきます。(第6節 子供の犯罪被害から)

子供の犯罪被害



関連記事
スポンサーサイト

コメント

2. Re:無題

>ぶーさん
コメントありがとうございます。

確かに、9条でノーベル賞なんて騒いでいるのは工作員かお花畑脳の人だけだと思います。

一見誉めているようで、実際は日本に対して「手枷足枷」しているだけですから。
それも権威ある賞という第三者を利用して。
(`ε´)

1. 無題

同意。
すなわち、現在ノーベル賞を受賞するかで騒いでる憲法第9条なんてのも所詮は綺麗事。

自分の身は自分で守る。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはバックアップ用でコメントは受け付けていません。
アメブロ版(お気に入りから行けます)へお願いします。
操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク