記事一覧

人間には「未来」と「恥」という概念がある。不安定な環境に置けば尊厳を保てず分別を失う。情報漏洩で

動物には未来と恥という概念がないと思います。その時その時を一生懸命生きます。
時に群れや親子間で種を守る本能により協力することはありますが、基本的には自分のためだけに頑張ります。
せっかく育った巣立ちの雛を襲うのも、年老いて弱った他者を襲うのも、全く悪気はありません。
生きています!善悪もありません。恥もありません。

さて、人間ですが、未来という概念があり普通は将来に不安を抱えています。
恥という概念があり、情けないことになることを嫌います。
そして、未来を想像できるので、これから自分がやろうとする行動に伴う結果についても予測できることになります。
恥さらしのような状況にならないように気を配ります。

しかし、不安定な状況に置かれ、未来が真っ暗だったらどうでしょうか?
この先どうやっても悲惨になる一方だと予測出来たらどうするでしょうか?

様々な選択肢があります。
①運命を受け入れて、他力本願的に救いを求めながら生きていく。
②自ら命を絶つ。
未来を考えずに一か八か、精一杯刹那的に今を生きる

③の場合が、ちょうど動物のようになってしまいます。
善も悪もその行動のほんの少し先の未来で結果としてわかることです。
しかし、未来が絶望的なので、将来を真剣に考えることは自然と避けるようになります。
今生きていくためと、惨めにならないよう尊厳を保つために頑張ります。

努力は必要でしょう。結果は自己責任というのもあります。
でも、今のように生まれついての格差があれば、(宝くじ的な確率で成り上がって成功する人がいるということは機会平等の証明にはなりません。)一生を底辺でのたうち回る人も出てくるのです。

なぜなら、成功した親の元に生まれた2世3世にはすでに席がリザーブされていて、そこはもう一杯、時々没落する富裕層がいて席が空くことはありますが、ほとんど固定化されています。

本当は地方でのんびり静かに暮らしてもいいのですが、そういうところを軒並み潰してしまい生活ができないように追い込んできました。途上国も同じように都市に集中させています。
田舎で何かが得意だった人が、都市に来て単なる労働者となり人間としての尊厳を奪われていきます。

③の状況の人は、いつ稼げなくなるかいつも不安で、できるときになるべく稼ごう、ちょっと危険でもこの先ロクなことがないからヤバイ仕事に賭けてみよう、そんな気持ちになりやすいと思います。
まじめに働いていても、会社の業績次第で解雇されることもあり、気持ちを前向きに強く持ち続けることは困難だと私は思います。

こういう状況にある人を減らすどころか、さらに増やそうとしているのが今の政策です。
人間にはある程度「安定」が必要です。

「死ぬまで競争!」  動物のように未来という概念がないならできるでしょう。

今回の事件は確かに犯人であるこの派遣社員が悪いのですが、こういうことは今後もなくならないと思います。

派遣社員の男、逮捕状請求へ=営業秘密複製、漏えい疑い―ベネッセ情報流出問題
時事通信 7月15日(火)5時22分配信



関連記事
スポンサーサイト

コメント

2. Re:無題

>orangeさん
コメントありがとうございます。

そうですね。
重要なことをさせるならば、それなりの金銭的な負担を企業はしないといけないですね。

モラルに頼るのではなく、事件が起きないような仕組みを企業が作らないといけないと思います。

1. 無題

正社員と派遣社員では、こういう事件がばれたときに失うものの大きさが違うということもあると思います。

情報を売ったときに得られる経済的価値と、それがばれたときに失う経済的価値を天秤にかけた場合、正社員の方がリスクが大きいですよね。

それを考えると、派遣社員にアクセスできる権限をもっと少なくすることが、企業側がするべきことだったような気がします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはバックアップ用でコメントは受け付けていません。
アメブロ版(お気に入りから行けます)へお願いします。
操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク